FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09
Thermal, Crew 2020-01-28
P1180070.jpg
Thermal, Crew

WORKERS 初、サーマル。

作ったきっかけは専門学校からの知人がLINEで
「ミリタリーっぽいサーマル欲しいんだけどレディースサイズが無いから作って!白・黒マストで!」と夜の11 時過ぎに連絡がありました。どんなのが欲しいのか、見本を見せてもらうといわゆるタテに目が長い「ハニカム」と言うような生地。ただ、こんな生地がそう簡単に無いよな・・・と思いつつも、カットソー生地屋さんに相談すると、ちょうど来シーズン用に開発したという生地がまさにそのハニカム。「今なら色、好きなの付けるよ!」の一言に乗ってしまいました。

P1180073.jpg
ブラック

P1180081.jpg
グレイ

ワーカーズさんらしい作る動機と、即形にするレスポンスの良さ。
動き出したら止まらない随所にみられる、ワーカーズらしさの拘りは、ふわっとした着心地がすべてを物語ります。

P1180074.jpg

P1180082.jpg

P1180083.jpg

首回り、クルーネックはフライス(リブ)で身頃をバインド(くわえ込んで)、3本針、表裏両面振りで縫い付けています。よく見れば「三本針の一本身頃に落とす」というやつですね。

8_202001281303365ea.jpg

7_20200128130334a62.jpg

肩のフラットシーマー部分。肩、袖ぐり、脇といった縫い合わせ部分は

「縫い代がゴロゴロしないように平らにしたい」
「生地が伸び縮みするのに合わせて縫い目も伸び縮みしてほしい」
という理由からシーマーを使っています。オーバーロック+上下裏振りでもよく似た雰囲気にはなりますが、場所によっては縫いづらい&そもそも二回縫うので非効率。ある意味、二度縫ってるので強度はシーマー以上にあるとも言えますが。

フラットシーマーも、一時期は「これを使ってるからビンテージ的だ」みたいに、変な形で取り上げられてしまったことがありましたが、本来は、機能・生産効率を考えて考え出され、また使われたあくまで「仕様」です。

P1180076.jpg

P1180085.jpg

P1180078.jpg

P1180087.jpg

裾にはサイズ入りのラベル。袖口はフライス(リブ)。そして、あっちもこっちもシーマー。裾はオーバーと、ロック目があっちにもこっちにも。
ロック目は、普通のシングルステッチより伸び縮みしてくれるので、伸縮性の必要なサーマルのような製品には多様されます。そして、それが「サーマルってこんな感じだよな」という「そのものらしさ」にもなっています。

P1180080.jpg

P1180088.jpg

至って普通なものほど、メーカーのらしさが反映されるものだとおもいます。
インナーに着るものだから、派手さよりも耐久性。
耐久性に重きを置くと、どうしてもヘヴィーオンスになり着心地がすぐれなかったり、価格設定が難しかったりと、難しいんですよね。

インナーにも適すライトオンスに伸縮性の高いハニカム生地。
継ぎ目はフラットシーマーで伸縮性+耐久性もアップ。
リブは3本針、表裏両面振りで縫い付けで少々じゃヤレナイ仕様に。

1_20200128131335905.jpg

2_20200128131336c48.jpg

ピチピチタイトな作りではないので、春先のアウター替わりも良いですね~

フワッとしたワーカーズ初のサーマル。
ご賞味ください。

Thermal, Crew


スポンサーサイト




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/9958-9cef8ca1