FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09
PC140009.jpg
Lot 815 BC Work Jeans

久しぶりに、極太シルエット、また上深め、トリプルステッチの「ワークウェア」的ジーンズ。古くからのワーカーズファ ンには 「これこそがWORKERS の出発点」 とご存知かと思います。

生地は、WORKERS オリジナルの米綿100%、綿(ワタ)から指定して作っているデニムの左綾バージョン。キバタデニ ムなので縮み、ねじれあり。製品自体はワンウォッシュ+ 乾燥機もかけて縮ませた状態です。

PC140010.jpg

仕様。内股、後ろのヨーク・尻ぐりはトリプルステッチ。脇は耳使いでありながら割りではなく、地縫い+ 倒してトリプルチェーンステッチ(三本環縫い)で押さえています。工場さんと相談で「ここも巻けないことは無いが」と言われまし た。確かに、巻けなくはないのですが、ポケット周りでかなり厚みが出る部分があり、後々にダメージが出やすい。なので、 あえて地縫い+ 倒しの仕様を選びました。

リベットは打ち抜き+つぶし。ワークウェア「らしさ」の演出的な意味も込めて。後ろポケットもリベットにしようかと思いましたが、壁や家具を傷つけることがあるのでX カンヌキに。実際、私も家 の壁紙を思いっきり傷つけて怒られたのもあり。

PC140011.jpg

1-2_2019121717084518b.jpg

リベットはカンザスのLではなく私の創作で、打ち抜きをさらにつぶす。これも昔はハンマーでつぶしていましたが、今はYKKが「二度打ち」というコマを作ってくれたので、安定してつぶせています。縫い目の上はリベットが立つか心配でしたが、大丈夫そう。でも、かなり厚みのある部分なので、もしはいていて取れたら打ち直しますのでご安心ください。

ステッチの若干の蛇行を見てもかなり厚みのある部分であることがわかります。3本針ミシンでステッチを入れるのですが、ミシンの針、縫ってる最中前後左右にかなりぶれてます。それでも、目が飛ばないように糸のループの出具合、ルーパーがそのループに入っていくタイミングを調整するのが環縫いミシンの腕の見せ所でもあります。我ながら、頼んでる工場さんうまいなというか「よく、すいすい縫うな」と思う部分です。

PC140013.jpg

1-6_20191217170849695.jpg

トップボタンはドーナツ、帯つけはダブル。この辺りも「いわゆるリーバイタイプと違う」を目指したもう一方のL的仕様。カンザスのLは、ワークウェアのラインナップが豊富だっただけあり、ジーンズにも随所にワークウェア的な仕様を取り入れていたように感じます。一口に「ジーンズ」と言っても、シルエットしかり、仕様も方向性が違います。

1-5_20191217170848666.jpg

フロントボタンフライ。帯つけの2本チェーン、でも始末(帯の上側のステッチ)は一本針平ミシン。ここもチェーンで走る方法もあるのですが、そこまでやってしまうと完全に「ワークパンツ」に見える。そこで、付け側はワークウェア的仕様、始末はジーンズ的仕様を混ぜています。

仕様を決めるとき、古着や参考にした見本と同じ・・・というのはある意味一番しっくりきます。現物が目の前にあるわけですから。WORKERSも初期はそういう仕様しか出来ない、また自分でそれをあえて変えると何か落ち着きが悪く感じました。ただ、何回も企画をするうちに、生地を変えたり、ステッチ糸の色だったりの微妙な調整。そもそも、その製品が「どこを目指したものか」を明確にしたり。そうするうちに、古着から多少変えたとしても、自分なりに「ぴったり」収まる仕様・企画が見えてきました。

今回のジーンズでいえば、「ワークウェア的な、でも13.75オンスのジーンズ」。生地を左綾にすることで、ワークウェアが得意だったあのメーカーの雰囲気を出す。そこにワークウェア的仕様と、ジーンズ的仕様を混ぜることで「ワーク・ジーンズ」として落ち着きが良くなるよう、調整しているというわけです。

ステッチも全体にホワイト系にしてしまうとワークパンツっぽさが強くなりすぎてしまう、かといって金茶・オレンジ・黄色ばかりだとサンフランシスコのLになってしまう。なので、帯つけの下糸だけは白を使おうか・・・とか、自分なりに過去の製品から受けるイメージを元にバランスを取って仕様を考えています。

PC140015.jpg

コインポケット、いわゆるリーバイタイプとは違い、一辺がポケット口の中に入って見えない。このあたりが「ワークウェア」的なジーンズ。

PC140016.jpg

股上は深くユッタリと。

PC140017.jpg

1-7_2019121717085171a.jpg

小股抑え、ここも先ほどの持ち出し抑えと同じ糸で、でも縫う回数を増やして強度を出す。

PC140019.jpg

裾巾もユッタリと。

1-9.jpg

大股(内また)、脇、両方ともトリプルチェーンステッチ。3本環縫いですが、仕様が違います。内または通常の巻縫い、生地を互いに折り込みながら縫う。脇はミミ使い、かつポケットあたりで厚みが出るので、地縫い+倒しのステッチを3本環縫いにしています。よく見ると、倒しステッチの端に耳がちらっと見えます。

PC140022.jpg

バックシンチ仕様。
細かい部分ですが、ヨークが太いのもLot801/802のような、典型的ジーンズとの違い。

PC140023.jpg

2-2_20191217170854cdb.jpg

ヨーク、尻ぐりはトリプルチェーンステッチ。このたりも「ワークジーンズ」らしく。

PC140024.jpg

見えづらいですが、横にダブルステッチで当て布を入れています。補強、かつ穿き込んだ後にアタリの出てくる部分。ワークウェアとして「強度を上げたい」という機能が、結果「アタリの出方が変わる」といったデザインになる部分。

2-7_201912171708556dc.jpg

Xカンヌキ。打ち抜きリベットと悩みましたが、まわりのものを傷つけないように、Xカンヌキで。

PC140025.jpg

ラベルはカンザスのL的な焼き印タイプ。ループの下にベルトが通ります。

PC140026.jpg

2-10.jpg

そして、BC、バックシンチ。友人のjimさんにカナダで買ってもらったもの。本気の先がとがった針。受け側の斜めのデザインが流麗。正直、サイズ調節機能は「ぼちぼち」ですが、デザインとしてはいかにも「このジーンズはワークウェアの流れを汲んでいる」と感じる部分。でも、車のシートは傷つきます。椅子も、後ろにいる人も。着るときは、周りを気づ付けないよう。また、洗濯は裏返して、手洗い。できれば、脱水もしないでドリップドライ(水したたったまま干す)がおすすめです。

PC140021.jpg

PC140027.jpg

ヴィンゲージフィットというネーミングで、チノやベイカーで展開してますが、デニムでは本当に久しぶりです。
バックシンチなんて10年近く前とのことです(笑)
需要がなくなったわけではなく、世間がナローシルエットに傾き、ソレに伴い自然と消えていったという感じですかね。
それでもここ数年は、ゆったりシルエットが復権し、ワークスタイルいわゆるアメカジスタイルが、徐々に盛り上がってきてます。
90年代のアメカジブームも、やはりデニムからでしたしね。
501の爆発的な人気で、腰パンという表現が生まれたり、ハマダ―とか色々ありましたよね(笑)

まだまだブームとも言いませんが、コレから徐々にアメカジが若い子に浸透してくれればうれしいですよね。
タイトフィット、ストレッチデニムしか履いたことのない若い方にも是非お勧めしたい、米綿100%のゴリゴリワークウェア。

サイズ欠けの場合はお取り寄せも可。
お気軽にご用命ください。

Lot 815 BC Work Jeans


スポンサーサイト




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/9867-c591297c