FC2ブログ
PB020003.jpg
Weather Comfort Parka, Heavy Ventile Twill, Black

PB020028.jpg
Weather Comfort Parka, Light Ventile Twill, Russet

バブ・・ではなく Weather Comfort Parka です。数年前作ったバ・・ではない、Weather Comfort Jacket を発展させた一枚。

Weather Comfort Jacket 完成当時、アメリカの綿花畑取材があり着て行きました。軽い雨はしのげるベンタイル。特徴的なわきの下・袖のパターンのおかげで腕が動かしやすい。ナイロンの袖裏が強度・滑りともに良い。襟のコーデュ ロイが肌に優しい。それらの良いところは残しつつ、今回はジャケットの上に着られるゆとりをパターンにつけています。

PB020006.jpg

PB020029.jpg

ハーフ丈なのでジャケットに合わせやすいですよね。

1 (1)

1-1_2019111113465358b.jpg

PB020007.jpg

PB020030_2019111113301053c.jpg

1-7_20191111133127fc9.jpg

1-6_20191111133126679.jpg

使うか?とわれると微妙ですが、スタンドカラーの先にアイレットで調整穴&逆側には革巻きバックル。それでも、あればいつか使うこともあるでしょうね。いつも話しますが、真冬の新神戸駅ホームで死ぬほど寒かった時に、Maple Leaf Jacketのトップボタン、Mountain Parkaのフード&スピンドルが役に立ちました。普段使わないから取ってしまえ・・・という方法もあるのですが、この部分はめったに使わないけれど置いておこう・・・という部分だと私は思いました。

1-8_201911111331282d9.jpg

PB020011.jpg

スタンドカラーにフード流し込み。襟裏はコーデュロイで首にやさしい。フードがどうしても気にくわない!という方は、お直しやさんに持っていってください。襟の一部ステッチをはずし、フードを抜き去り、もう一度襟のステッチをすればOKです。

PB020013.jpg

PB020037.jpg

PB020015.jpg

PB020039.jpg

2-9_2019111113313084c.jpg

これが大変手間のかかるマチ付きポケット。製品の雰囲気も変わるし、確かに厚みの厚物は収納しやすいので今回はやってます。でも、これ手間です。


「手間を惜しまず」とか「工場泣かせの」とかよく言いますが、これらはちょっと誤解されやすい表現です。
まず、仕様に手間がかかるからと言って、それを惜しんで仕様を削るということは、私も無いし、私が頼んでいる工場はしないです。かかるものはかかるんだから、惜しむも何もない。また、工場が泣くのは、その手間なり工程に正当な工賃が出ない時だけ。逆に、工賃がしっかり出れば「久しぶりに、こういう難しいの来て腕が鳴る!」と、生地を織っている工場の人にも、このアウターを縫っている工場の人からも言われたことがあります。

それでも、私自身、昔はサンプル縫ってたこともあるので「この仕様は時間がかかる(手間がかかる)よな、デザイン自体をもう少し簡素な仕様にしようか」と悩むことはあります。これは、手間を惜しんでるのではなく、簡素な仕様なら早く作れる。工賃が下がる。全体の製品価格が下げられる。そうすれば、少しでも買っていただきやすい価格にできる。いや、それでもこの仕様をどうしても盛り込まなくてはいけない理由があるか?ないか?費用対効果はどうなんだ???

と、そういう悩みです。WORKERSの作る製品はたいてい、モチーフというか参考見本というか(パクリと言われると悲しいですが)はあります。ある意味それを表面上「レプリカ」するのは、簡単な方法です。(でも、本気で全く同じものを作るのは絶対に不可能だし、一番難しいのも私はわかります)
そうではなく、それを「参考に」しながら、自分なりの工夫。それは、仕様を増やす事もあれば、減らすこともある。大きさを変える事かもしれない、シルエットかも、生地かも。そうして、自分なりに工夫しながら、また新たに製品を作るようにしています。

3 (1)

3-2_201911111331333e6.jpg

脇からは手が入り、上からは別室に物が入る、二重ポケット。2013年ごろに部分縫いしながら考えた仕様。それ以来、定番化しました。我ながら、シンプルだけど機能性のある仕様だと思います。

3-5_20191111133134e38.jpg

ベンタイルなので撥水性はご覧の通り。

PB020043.jpg

3-4_20191111140154e30.jpg

袖口、元ネタはBIGYANK。これをアウターの袖口に転用したら、調節は効く、肘から袖口へのゆったりとした運動量も確保できる。そう思って考え出した仕様。我ながら、作るのはシンプル、機能はばっちりでお勧め仕様。

PB020056.jpg

PB020048.jpg

PB020049.jpg

PB020022.jpg

フロントジッパーはYKK のダブルで滑りが良いものなのでストレスフリー。

PB020023.jpg

PB020051.jpg

PB020052.jpg

オリジナルのチェック柄。古いバーバリーではなく、ブルックスを参考にしたとのこと。
雰囲気の良いチェック柄ですね~

PB020025.jpg

PB020053.jpg

素材、Black は厚手のベンタイルツイル(綾織り生地)。かなり密度が高く、がっしりした生地。ただ弱点はその 超高密度から「ボタンホールがきれいに開かない」。生地を縫う時に織りの密度が高すぎるので生地糸をある程度切りながらでないと縫えない。そこで今回は、ホールを使わないスナップ仕様に。ラセットだけは色重視で選び、薄手のベンタイル ツイルに。こちらはしなやかで着やすいのが特徴。

私はジャケットを着る機会は少ないですが、ジャケットの上から着るのであれば、是非選びたい一着。
フードは意見が分かれるところだと思いますが、実際にフードってあると便利ですよね。
特に防寒の意味ではマフラー代わりになりますし、急な雨、雪程度であればベンタイル生地なのでフードとしても実際に使えます。

マチ付きポケットは、ものすごく便利というよりも、意外と便利じゃん!ですかね(笑)
ワーカーズお得意の二重ポケットは、自然に収まるハンドウォーマーポケットと大判フラップ。
ダブルジップでスベリの良いYKKにオリジナルチェック地のライナーと、シンプルながら物凄くこだわりぬいた一着でもあります!!

実際にコノの前期モデルを未だに着用してますが、マウンパとも違い、ミリタリーパーカとも違う。
トレンチコートとも違うし、ジャケットの上からカジュアルなジャケットとして、幅広く着用できます。

何方のカラーもお勧めです。
この冬のジャケットとしてどうぞお選びください!!

スポンサーサイト




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/9765-5110c51c