FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07
P9270002.jpg
McHAL SPEEDWAY -Early 60s-

BELL、BUCOと共にアメリカ3大ヘルメットメーカーと呼ばれるマックホール。
妥協なき作りは、他2社と比べても明白。
吊り天井、各部レザー内装、トリムリムとマックホールならではの仕様。

そのマックホールの代表すべきヘルメットがコチラのスピードウェイと呼ばれるトリムリムのモデルです。
当時の最高峰モデル(ハイエンドモデル)に位置するスピードウェイ。

P9270003.jpg

ヘルメットの歴史を紐解けば、戦時中?のヘルメットキャップが最も最初期だといわれてますね。
その後ハーフヘルメット、50年代にジェットヘルメット、60年代にフルフェイスと開発されました。

P9270004.jpg

話を戻して、スピードウェイと言えばなのトリムリム。
ムッチリムチムチが60年代初期の証!!

P9270005.jpg

履け塗りなので、随分と古いリペイントだと推測します。
タッチアップされているのが少々謎ですが(笑)

P9270006.jpg

P9270007.jpg

P9270008.jpg

P9270009.jpg

P9270011.jpg

目頭から目頭の距離が広いのが特徴なアーリー60sスタイル。
入口は極端に絞りはないですが、圧倒的にシェルが小さいので、被る際にココをクリアーできるかどうかですね。

P9270012.jpg

ホワイト×ネイビーは50年~60年代初頭の証。
水張り500TXにもみられる仕様です。

P9270013.jpg

純正のファイバーグラスシールド。
コレも同じように刷毛塗りで塗られてます。

P9270014.jpg

内装はオリジナルのまま。

P9270015.jpg

P9270016.jpg

P9270017.jpg

最初期は生地ではありません!

僕が勝手に、最初期、中期(アーリー60s)、後期(68スネル)と呼んでいるだけで、実際にそのような区分けはございませんので悪しからず。

P9280077.jpg

シェルの形自体が違うので、比べても参考になりません。

P9280078.jpg

2_201909281636172bc.jpg

1_20190928163558892.jpg

マックホールを愛用していたスティーブマックイーン。
コレは有名な写真で、プライベートで参加していた草レースの一コマ。
プライベートで被っていたのが、マックホールスピードウェイでした。

3_20190928163559318.jpg

コレは珍しい写真じゃないかなと。
MXレース用のバイザーとオリジナルのバイザーを使い分けていますね。

どっからどこを見てもカッコいい(笑)

表記Mサイズですが、56㎝くらいの方に丁度良いサイズ感ですね。
58㎝くらいの方だと、サングラスがチョット厳しいかも。

ご来店頂きご確認ください。

スポンサーサイト




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/9626-9ee69678