FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09
3_20190912141827741.jpg
Lot 802, Black Jeans OW

インディゴ・ホワイトと来たWORKERSの作る「綿(ワタ)からデニム」。シリーズ第三段はブラックジーンズです。

数年前、たまたま見たコーディネートでブラックジーンズ+ハイネックニット+ジャケットがありました。それ以来「ブラックジーンズはジャケットに合うのではないか?」とアイデアを温めてきました。

P9126730.jpg

ただ、ブラックデニムは問題が一つ。ホワイトデニムと同じく、①糸を染める ②染めた糸を織り機にかかるよう巻くため別の場所に持っていく。この時も小分けに巻きなおす ③別の場所で織機にかかる状態にする(サイジングという工程)、これらの工程を別々の場所で行うのでインディゴデニム以上にコストがかかる。莫大な量があれば、インディゴデニムと同じ「ロープ染色」という上記三工程を一つの工場で行う方法もあります。生地屋さんが莫大な量を作ってコストを抑えたブラックデニムを使うことも頭をよぎりましたが、それではWORKERSのブラックデニムに成らない。初志貫徹、メーター単価が高くてもWORKERSの糸を使ってブラックデニムを作りました。(価格はもう無理やりです)

P9126731.jpg

WORKERS定番の糸から作ったデニム。その色糸をロープインディゴ染めから硫化ブラック染めに変更しました。
硫化ブラック、糸の芯まで染まっているのでデニムのような激しいヒゲは出ません。皺は出るので立体感は出ますが。

P9126732.jpg

P9126733.jpg

P9126734.jpg

フロントボタンフライ。帯付け・巻き縫い・裾巻きといったチェーンステッチ部分は下糸だけコア糸(化繊の芯に綿糸を巻いたもの)を使って強度を上げています。
チェーンステッチが痛むのは表では無く裏。裏がチェーンで凹凸がありすれやすいので。

P9126735.jpg

コインポケットは耳使い。見えませんが、ちらっとめくってみてください。

P9126736.jpg

P9126737.jpg

P9126738.jpg

P9126739.jpg

P9126742.jpg

P9126743.jpg

P9126744.jpg

P9126741.jpg

P9126745.jpg

Lot802スリムテーパード仕様。

ヒップ部にユトリを設けたスリム過ぎないテーパードデニム。
そして久々に登場なブラックデニムは、今回ロープインディゴ染めから硫化ブラック染めに変更。
激しいアタリは出ませんが、独特なグレーのアタリが特徴です。

黒々していない分、カジュアルな着こなしも容易に。
ホンワカした雰囲気が◎

どうぞお試しください!!

Lot 802, Black Jeans OW

スポンサーサイト




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/9574-c4f61393