FC2ブログ
2_20190912141825e07.jpg
USN Cotton Sweater

某海外の極厚カットソー。ボーダーが有名です。あの生地のさらに倍の厚みを目指した超極厚天竺。スペックで言うと、某海外製が16番双糸(8番程度)の天竺。これでも、ジーンズに使う13.5オンスデニムが7番クラスの糸で織るので、いかに厚いかわかります。WORKERSでは、さらにその16番双糸を編み針に2本引き揃えることで、4番クラスの糸で編んだ天竺生地になります。

P9126709.jpg
ホワイト

P9126718.jpg
カーキ

P9126710.jpg

P9126719.jpg

2018FWはやわらかめの素材で作ったUSN Cotton Sweater。19FWではまたガチガチの固い生地で戻ってきました。

USNのセーターでおなじみ、最近ではモックネックなどと呼ばれますが私の子供のころは「トックリ」と呼んでました。
子供のころは、どうも首が詰まるような気がして、またウールでチクチクして好きではなかったのですが、このセーター風カットソーはコットン100%。チクチクしません!
さらに、このチクチクしないトックリで首回りを覆ったうえでウールのジャケットを着れば、シャツ以上に首回りがチクチクしない!良いことずくめです。

P9126711.jpg

1-4_201909131503378c0.jpg

オーバーロックでつないだパーツを表から「マタギ」と俗にいう方法で縫っていきます。二本針で縫い目をまたぐように縫うことから「マタギ」と言います。
裏には振り目(ベルトループの裏と同じです)が出ます。

P9126720.jpg

ミリタリータグはお約束。

P9126713.jpg

P9126714.jpg

P9126723.jpg

P9126715.jpg

P9126724.jpg

袖口のフライス。裾は針抜きフライス(リブ)。このあたり、参考にしたビンテージのセーターから。
実は、USNのセーター、ウールが圧倒的に多いのですがコットンもあります。これは、大阪の古着屋さん、サーチライトさんのご厚意で参考品を見せていただきました。なので、コットンのニットソーセーター風、これも数が少ないだけで全くなかったわけではない。
それでも、ウールが圧倒的に多い理由はわかります。ウールは軽い、そして暖かい。繊維自体が絡んでいるので、落ちも少ない。多少、チクチクするのに目をつぶればウールの機能性も捨てがたかったのだと思います。

1-10.jpg

身頃の天竺、腰の針抜きリブを裏から見たところ。縫い合わせものを表からマタギで縫う。結果、裏は振り目がかかる状態です。振り目は伸縮性があり、また二度縫いしているのでたとえ振り目が若干切れてもまだ最初の止めが残る。フラットシーマーも良いですが、このマタギもカットソーには欠かせない縫い方です。

P9126717.jpg

P9126725.jpg

二年前僕も買いそびれたUSNコットンセーター!!
すげーほしくて去年はコノ厚手じゃなかったのでパス。
そして僕にとって満を持しての再登場なんです(笑)

ニット特有のチクチク感は一度気になると痒くて痒くて。
そういったコトもないですし、普通に洗え、そしてスウェット感覚でアウターインターと大車輪の活躍。

今回買いそびれたら僕みたく難民しちゃうので、どうぞお早めに!!

USN Cotton Sweater


スポンサーサイト




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/9572-faaa4f3b