FC2ブログ
P8105862.jpg
Sleeping Shirt, Long Sleeve

2018年春夏で作ったSleeping Shirtの長袖バージョン。

袖を9部丈から長袖に、背面にサイドタックを入れてより、ゆったりと、腰回りが突っ張らないで着られるパターンに変更しています。

元ネタは最近よく見る「Sleeping Shirt」と呼ばれているデッドストックのミリタリーと思しきシャツ。確かに、一見パジャマとして使ったのかな?という簡素な作りでプルオーバーのゆったりシルエット。オリジナルの袖はかなり短く、袖口に開き無し。素材は分厚く裏に起毛がかかったもの。このあたりを現代の「シャツ」として着やすいものに変更。袖口に細い見返しをつけた開き。これで、ある程度袖がまくれます。やはり、袖口は開きがあってまくれた方がシャツとしての機能が高い。

P8095758.jpg
生成り

P8095749.jpg
カーキ

春夏で好評だったSleeping Shirtの長袖バージョン。仕様はほとんと同じですが、よりシャツらしい、袖口が細く、バックにタックを入れて身頃にゆとりをつけています。
首回りは同じで、パイピング始末。台襟が無い分、首はスカスカするので巻物を合わせるのがベターでしょう。

P8095759.jpg

P8095750.jpg

1-5_20190813180309bc9.jpg

P8095751.jpg

始末は、袖口の剣ボロと同じような開き始末。この製品の雰囲気に合わせて、少し大きめの運針。

P8095761.jpg

2-1_20190813180310280.jpg

肩ヨークはステッチあり。袖ぐりの巻縫いも1/4インチ、シャツとしては広めの幅で運針も粗目。

P8095764.jpg

脇は巻縫い始末。ザクザクと、大きめの運針。裾の始末も同じく、三巻を太目&大きめの運針で。

P8095754.jpg

2-9.jpg

袖口の開き。参考にしたオリジナルはただの三巻でしたが、より「服」らしく、開きつけました。ただ、カフスではこの簡素なシャツには合わない。カバーオールの見返し始末も違う。そこで、WORKERSにしては珍しく、以前から
「こんな仕様、簡素だけど雰囲気あってよいよな」と考えていた仕様から引っ張り出しました。

自分で考えたつもりになってますが、どこかで見た仕様なのだとは思いますが、何を見たのかすらすでに思い出せません。

P8095765.jpg

P8095755.jpg

P8095766.jpg

3-2_201908131803131f0.jpg

バックヨークが長袖版にはあり、生地が二重に。そこに後身頃にタックを入れて挟み込んでいます。

春先好調だったスリーピングシャツのロング版。
前回買いそびれていた方どうぞこの機会♪
春先から今なお僕着続けていますー
プルオーバーのシャツ感覚で羽織れるので、ほんっと重宝♪

秋冬はカーキが新色として登場!!
シックな合わせが秋冬のコーディネートにはまりますね!

今期も売れきれ必死!
お早めにどぞ!!!

Sleeping Shirt, Long Sleeve

スポンサーサイト




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/9474-02de730c