FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09
おなじみ、古今様々なチノパンを混ぜて作ったWorkers Officer Trousers。19FWは「Class2」、脇が巻き縫いバージョンをお届けします。

P7155239.jpg
Officer Trousers, Slim-Fit, Type 2, USMC Khaki

定番のSlimFit。膝から裾にかけてすっきりと。18センチ前後の裾幅で、これ以上細くするとテーパードになってしまうギリギリSlimFitと言える寸法。仕様はクラシックに、フロントはボタンフライ。ポケットは手の入れやすさを考えて斜め切り替えポケット。バックポケットはフラップ付の玉縁ポケット。ダーツを斜めに取ることで、分量をたくさん取れます。これにより、Slimでありながら、ヒップ周りは適度な丸みを持った穿きやすく綺麗なシルエットを作り出しています。

P7155279.jpg
Officer Trousers, Standard-Fit, Type2, USMC Khaki

Standard は裾幅21.5 センチ 近辺。以前作ったVintage(裾幅24 センチ近辺)、太くてかわいいのですが、ちょっと着る機会を選ぶカジュアルさがあ る。そこで、Slim よりは太い、Vintage よりは細い、Standard Fitの型紙を作りました。

スリム、スタンダード共に素材は10オンスクラスの高密度チノ。USMCKhakiはWORKERS別注品。

P7155259.jpg
Officer Trousers, Standard-Fit, Type2, Chacoal Grey Chino

素材は10オンスクラスの高密度チノ。Chacoalというか、色の名前に迷ったのですが、少しブラウン味がかったグレーというか。でもいわゆる「茶色」ではない。オリーブ以上に万能で、おそらく、この生地と同じトーンのアウターは中々ありません。そのため、上に何を合わせてもトーンが一緒に成って合わせ方に悩む・・・ということがありません。

スリムフィットとスタンダードフィット。
仕様はヒップポケットの形、シルエットの相違くらいなので、一緒に説明いたします。

P7155240.jpg
スリムフィット

P7155260.jpg
スタンダードフィット

見比べてもわかりづらいですが、履くと全く異なるシルエットと履き心地となります。

P7155241.jpg

ポケットは手の入れやすさを考えて斜め切り替えポケット。

P7155262.jpg

Chacoalのみ、ボタンの形状を変えています。

P7155243.jpg

フロントはボタンフライ。

2-7_201907191703518eb.jpg

トップボタン、ホール側を薄く仕上げているのであまり高くない根巻をしています。他の部分はベタ付けです。

2-6.jpg

小股のダブルステッチ。チノパンというと良くあるのがここはステッチ無し。でもあえてWorkers Officer Trousersでは入れています。まず第一に強度の問題。やはり押さえステッチが入る方が強度は高い。さらに、ビンテージもここにステッチありも存在します。それを見た時に

「単純にチノパンと言えばこの仕様というのにとらわれるのではなく、機能を考え、もっと柔軟に考えるべき」と改めた部分です。

P7155264.jpg

右身頃側には細い両玉縁のコインポケット。機能性はさしてないですが、チノパンならではのディテール。ただ・・・パターンを作るとき、特に小さいサイズになると非常に邪魔です。簡単にポケットも小さくしてしまえば良いではないかと思われるかもしれませんが、そうなるとポケットとして機能しません。機能を残すためにポケットの大きさは変えたくない、でも小さくなる身頃は入れる場所がドンドン狭くなる。今作っている28サイズ=72-3センチウェストがギリギリポケットが入る寸法です。

P7155245.jpg

P7155266_20190719170647f3a.jpg

1-6_20190719170722a09.jpg

後ろ中心は巻きにせず今回も割りにしました。Slimはヒップ周りがある程度フィットします。そうなると、巻き縫いがごろごろするよりは割りのほうが体への当たりが少ない。ただ、割縫いは強度は低いのでこの部分の地縫いは二度縫いをしています。

P7155247.jpg

スリムフィット

P7155267.jpg

スタンダードフィット

P7195329.jpg

分かりやすく比べてみました。

P7195331.jpg

膝部分

P7195330.jpg

裾巾

股上の深さも違うので一概には言えませんが、膝上までは一緒で、膝から下がスッキリとなシルエット。
この微妙な差ではありますが、すごい大きい差に気付くのは履き比べをした時ですね(笑)

P7155248.jpg

スリムフィットは、エンジニアブーツなどとは相性が良くないです。
ローカットなシューズ系、スニーカーなどを合わせるならコチラかな。

P7155268.jpg

スリムフィットに比べてややユッタリなだけで、特段太くはありません。
ヴィンテージフィットと言うモデルが最も太く中間的なシルエットです。

P7155250.jpg

P7155270.jpg

俗に、「USMCのチノパン」と呼ばれるものを参考に。外に向かって斜めに走る一本のダーツ。Army Officer Trousersのように二本分散も良いのですが、一本である程度分量を取ろうとすると距離が欲しい。その距離を稼ぐために横方向に倒しています。

DSC_0985.jpg

ダーツを取ってゆるやかな丸みのあるヒップ。ここがチノパンとジーンズの違うところ。たった一本ですが、ダーツを入れることで丸みを作れる。イメージは、ジーンズで言えば1サイズ大きなヒップ・ウェストのパターン、それのウェストをダーツでつまむという感覚。だから、ヒップが突っ張らない、尻ぐりが食い込みづらい。
人間の体はヒップにしろ、足の側面・前面・内また側、どこもまっすぐではありません。それを、ダーツやパターン線で体に沿いながら、適度なゆとりを入れてシルエットを作るのですが、ジーンズ、特にセルビッジジーンズの場合、脇線がまっすぐ、ダーツは無しという制約があります。それを無理やりはくのがジーンズの良さ。それとは違い、パターンで体に沿ったシルエットを作れるのがチノパンの良さ。

3-5.jpg


後ろポケット、フラップ+片玉縁。ボタン付なので、玉縁の口が開きません。

DSC_0993.jpg

背面がSlimとの違いで細い両玉縁になっています。ほとんど好みの世界ですが、Slimよりは若干ゆったりしている分後ろポケット口が開きづらいのでフラップよりは細両玉で・・・とデザインを決定しました。

P7155249.jpg

P7155254.jpg

P7155269.jpg

P7155274.jpg

P7155291.jpg

P7155296.jpg

チノカーキ、デニムと同様どの家庭のワードローブにも一本は眠っている定番トラウザース。
カジュアルに、綺麗目に、オンオフ問わず年中無休ですよね。

数多くのチノカーキ(ミリタリー物が起源なので多く存在します)を見てきたワーカーズ代表の舘野さんが数年前に導き出したのがコチラのモデルです。

2年前にヴィンテージフィットが登場しコチラが最もゆったりなシルエットとなります。
スタンダードフィットは中間、スリムフィットが一番スッキリなイメージとしてとらえてください。

兎に角履いてみてください!!
普通にカッコいい!!!
この普通がワーカーズさんの真骨頂な気がします(笑)

どうぞお試しあれ!!!

スポンサーサイト




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/9404-e8b958c4