FC2ブログ
2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11
P2130820.jpg
Bal Collar Jumper, Gabardine, Beige

P2130839.jpg
Bal Collar Jumper, Gabardine, Khaki

春のジャンバー、バラクータ、マクレガー。たくさんあります。腰丈で、かわいい裏地があって、撥水性があって。シャ ツの上、ハイゲージセーターの上、もう少し暖かくなったらT シャツの上にも。

せっかく作るなら、そういう他メーカー とは違う何かをモチーフにしたいなと考えていて思いついたのが、秋冬のBal Collar Coat。ステンカラーコート。某Bバリーが昔使っていた撥水ギャバジン。そして、気合で作ったオリジナル裏地。ありがたいことにコート用で裏地は使い切っ たのでリピート生産までできました。これらを腰丈ジャンバーに応用できないか!が企画のスタート。

P2130821.jpg

P2130840.jpg

P2130822.jpg

P2130841.jpg

ステンカラーコートをブルゾンに。襟はステンカラーをそのままに、フィット感だけはコートからブルゾンにコンパクトにしています。

1-4_20190214123147ce2.jpg

襟裏の芯止めステッチ、高密度で寸法が動かない生地なのでパターンで厳密に展開をするあたりもBal Collar Coatとまったく同じです。

1-5_201902141231485b2.jpg

トップボタンだけは小さい露出ボタン。

DSC_1616.jpg

素材は撥水性のあるコットンギャバジン。

P2130824.jpg

ラグランスリーブ

P2130844.jpg

P2130826.jpg

2-8.jpg

腰ポケットは貫通はしてない、通常のハンドウォーマー。最初、貫通ポケットを付けてみたのですがコートと違いブルゾンなので位置が高い。ここで貫通しても、中に着ているパンツ(ズボン)のポケット位置とは関連が無いのでごく普通のポケットに変更しました。

P2130847.jpg

太めの筒袖。調整用のタブはどちらかというとデザイン的要素。一枚袖は袖口裏に中止めをする部分が一か所しかないので、ボタン付けをあえて裏地ぶち抜きでつけて中止めの代わりにしています。

P2130830.jpg

P2130832.jpg

P2130833.jpg

P2130852.jpg

P2130834.jpg

P2130835.jpg

P2130854.jpg

P2130855.jpg

この手のブルゾン、ジャンパーで必要なのがウェストの調節。使うか使わないかは別問題として、仕様として無いと収まりがつきません。
金属バックルをつけるのも重い、リブをつけるわけにもいかない・・・何かデザインに統一感も欲しい。そこで思い出したのが、袖口のタブ。これをウェストにも転用して使っています。

一目見たときコレどっかで見たよね?
マックイーンがサラッと着てそうだよね?
っという印象でしたー

イギリスの某ジャケット風味、全くのオリジナルワーカーズスタイルなスプリングジャケットが完成。
綺麗めな着こなしはもちろん、ラフにデニムとのカジュアルな組み合わせもOK。

この春一押しのスプリングジャケットです!!
どうぞお試しください!!!

スポンサーサイト




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/8911-3d9492d3