PB061647.jpg
AD-G-01 SHEEPSKIN BOA GLOVES -Black-

PB061658.jpg
AD-G-01 SHEEPSKIN BOA GLOVES -Wine Red-

ヴィンテージレーシンググローブがモチーフのレザーグローブ。

柔らかく軽量なシープスキンを使用、厚み出るボアグローブでも指が曲げやすく快適に使うことができます。
インナーがアクリルボアの為、冬場のライディングには最適です。

ヴィーンテージライクな外縫い仕様&オリジナルボールジップ開き、ゴーグルのレンズを拭くために付けられた、人差し指と中指スウェードの切替が特徴。

PB061648.jpg

PB061667.jpg

PB061649.jpg

PB061660.jpg

中指と人差し指にはスェードの切り返しが。
ゴーグルを拭う意図での切り返しですが、ファッション的にもカッコ良いです。

PB061661.jpg

外縫いシーム。
内縫いだと折り目が指に干渉しリング等がはめにくいですが、外縫いだとそういったストレスも軽減されます。

PB061655.jpg

PB061665.jpg

PB061652.jpg

サイドジップ。

PB061664.jpg

風の侵入も防ぐため、マチが設けられてます。

PB061653.jpg

オリジナルボールジップ。

PB061656.jpg

インナーはガッツリとボアで暖かい仕様です。

シープなので耐久性が弱いと思われる方もいるかもしれませんが、UKヴィンテージグローブでもシープスキンは昔から多く使われており、牛や馬よりも多少耐久性が弱いとしても、それを補って余りある付け心地の良さがあります。

特にこのグローブのように冬場に付けるボアグローブの場合、
通常厚手になるので指を折り曲げる動作が難しくなります。
その点シープは革がしなやかなので指が動かしやすく、冬場のライディングでも快適です。牛や馬のように革自体が冷えにくいのも利点ですね。

昨日今シーズン初で去年のこのモデルを着用しましたが、運転し易く暖かくて非常に調子良かったです。
ガントレットほどロングでないので、合わせるアウターも気にしなくて済みます。
もっと寒くなったら薄手のインナーグローブと重ね着すれば、問題ないです。

今シーズンのグローブもコチラオンリー。
暖かくシャープなスタイルなので、ボテッとした感じになりません。

是非一度お試しください!!



スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/7681-f0d0e2f8