FC2ブログ
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11
PB021418.jpg
Racing DIV Coach Jacket -Black-

PA050497_2017110215364340e.jpg
Racing DIV Coach Jacket -Mustard-

コットン60%ナイロン40%を交織し撥水加工を施したTROPHY流のコーチジャケットをベースにRacing DIV ロゴを配した一着。

今夏のカットソーに引き続き、トロフィー初のコーチジャケットをベースに製作致しました。
フロントチェッカーラインの長さは特に拘り、縫製前の生地の段階からチェッカーラインをプリントし、その後縫製するという工程をとりました。
よって、ポケット口とプリント面が重ならないよう、自然な見栄えとなります。

PB021419.jpg
ブラック

PA050499_20171102153644917.jpg
マスタード

ブラックが昨日完成したので改めてご紹介させてください。

ブラックは縫製前の段階でプリントを施した、ほぼ完成品。マスタードは完成品の上からプリントしたサンプルとなります。

PB021420.jpg

PA050500_201711021536455f6.jpg

PB021421.jpg

PA050501_20171102153647fd3.jpg

チンストが付いているコーチジャケットは未だ見たことがありません。
あるのとないのとでは、イメージが全く変わります。

PB021423.jpg

着丈はやや長めです。

PA050505_201711021542129f3.jpg

コチラのディティールもコーチジャケットならではですね。
ジップはなく、スナップボタンでの開閉となります。

PB021425.jpg

PA050504_20171102153650361.jpg

店のシンボルマークの看板に描いているネームをプリント。

PB021426.jpg

ブラックは縫製前にチェッカーラインをプリントしているので、チェッカー部と被る糸がブラックのまま

PA050506_20171102153651b5f.jpg

マスタードは完成品にプリントを施しているので、糸もブラックにプリントされています。

ほんのちょっとのことですが、完成度を高めるために拘った箇所でもあります。

PA050507_20171102153653d00.jpg

チェッカーラインは最も拘った箇所の一つ。
コーチジャケットは着丈が長めなので、短すぎると見栄えも良くないので、新たに版を作り直してから長さを伸ばしました。
ココの長さは最重要ポイントでもありました。

PB021432.jpg

PB021427.jpg

PA050510_201711021536566c1.jpg

マジックテープでの調整もコーチジャケットならではの仕様。
マチを大幅に設けています。

PB021429.jpg

起毛したコットン裏地。
いわゆるコーチジャケットのソレとは全く違い、非常にシッカリした作りになっています。

PB021430.jpg

60年代にUSAで生まれたこの60/40クロスは、ナイロンの耐摩耗性に長け、コットンより通気性に優れます。
コットンが水分を吸収すると繊維が膨張しナイロンとの生地密度が上がる事で水の侵入を防ぎます。
裏地は起毛したコットンで、防寒性も増しています。

PA050513_2017110215365725b.jpg

PB021433.jpg

PB021434.jpg

PA050514_201711021536598ec.jpg

PA050515_2017110215370077c.jpg

バックロゴはシンプルに60sスタイルなフォントで。

企画してココまでたどり着くのに1年近く経ちました。
今夏にTシャツをリリースさせて頂き、その後の流れで一旦は違うデザインを考えていたのですが、多くの方からコノデザインとの声を頂き、今回無理を言ってトロフィーさんにお願しました。

自分がやりたかったこと全てを受け入れて頂いた自分にとってのベストオブベストなコーチジャケットです!!!

納期は来年の一月予定。
今週いっぱいまで予約を受け付けしますので、どうぞよろしくお願致します!!!

スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/7653-0a7da482