PA200838.jpg
Antarctic Down Parka

今期の最注目アイテムANTARCTIC DOWN PARKAが登場です。
国内屈指のダウンメーカー"ZANTER"へ別注した最強のダウンジャケットです。パターン、カラー、仕様においてレギュラーラインには無い仕様となっています。

動きやすいパターンのラグランスリーブ、フード一体型のボディー、胸にフラップポケット、ハンドウォーマーを兼ねた2WAYのフラップポケットを下部に配置、内側には2つのマガジンポケットを装備し十分過ぎる容量を確保しています。
全体のデザインは60年代のアルパインウエアのデザインで構成、首元とウエストのドローコードはワックスコードとレザーアジャスターで構成、TUGBOAT ロゴ入りのオリジナルドットボタン、ジッパーの引き手にスウェードのストラップ、袖は内リブ使用となっています。

PA200839.jpg

800FILL POWER の国内精毛ダウンを使用。また、アウターシェル:東レの耐久撥水素材「キューダス」を使用。60/40クロスのようなレトロな表情ながら防水、透湿性に優れた生地です。インナーシェルは赤外線吸収機能を発揮する蓄熱保温素材「IRORI」のほか一部にナノテク技術の消臭、抗菌素材「MOFF」を使用した超高機能な仕様となっています。

PA200840.jpg

顔半分がスッポリと隠れるほどです。
フードを被れば、完全防寒が可能。

PA200841.jpg

ボタンは全てタグボートオリジナルを採用。

PA200842.jpg

PA200843.jpg

フードのインナーまでもシッカリと綿が入ります。

PA200844.jpg

ラグランスリーブ仕様

PA200845.jpg

着丈はハーフ丈。身幅はグッと狭め、タイトシルエットで防寒性を高めています。

PA200846.jpg

全体のデザインは60年代のアルパインウエアのデザインで構成。

PA200847.jpg

PA200848.jpg

PA200849.jpg

ハンドウォーマーポケットも完備。
コレがあるないで、使い勝手が全く変わりますね。

PA200850.jpg

PA200851.jpg

腕は適度に細く設定し防寒性を高めています。

PA200854.jpg

PA200853.jpg

袖は内リブ使用となり、隙間風すら入ってきません。

PA200855.jpg

フラップ&ジップ。

PA200856.jpg

ダブルジップ仕様で、ハーフ丈な着丈でもライディングポジション調整が効きます。

PA200857.jpg

PA200858.jpg

800FILL POWER の国内精毛ダウンを使用。

PA200862.jpg

ザンター羽毛の特徴
市販されているダックダウンのウェアの多くは食肉用に飼育された中ヒナ(生後45日前後)の羽毛が使用されています。なぜなら中ヒナは肉質が柔らかく美味しいので、食用に最適であり、羽毛はその副産物だからです。しかし、その羽毛は発育途中である場合が多いのです。ザンターが主に使用している羽毛は、現地農家が田植え後にヒナ鳥を田んぼに放し、雑草や害虫を食べさせ、成鳥になるまで広大な田んぼの中を自由に動き回らせる自然飼育の環境下で、のびのびと大きく育った生後90日以上のダックから採取しています。つまり、ザンターが使用している主なダウンは、羽枝が密生し、ダウンボールが大きいため、型崩れが少なく、空気をたくさん取り込むことができる、保温性・弾力性・耐久性に優れた羽毛なのです。

PA200859.jpg

首元とウエストのドローコードはワックスコードとレザーアジャスターで構成。

PA200860.jpg

着れば一発で良さがわかる程のぬくもりと軽さを感じます。

PA200861.jpg

PA200863.jpg

ABOUT ZANTER 1951年に日本山岳会マナスル登山隊と共同で羽毛服とシュラフを日本で初めて開発、その後、南極観測隊のウエア、伝説の冒険家である植村直己氏のウエアを担当するなど国内最高峰のブランドです。

今シーズン最も大プッシュなダウンジャケットが遂にお目見えです。
南極感想体のウェアと言えば、その凄さを感じられますよね(笑)
有名アウトドアブランド等が主流のタウンユース。本格的な国内メーカーのダウンをファンション感覚で取り入れている方は少ないと思います。
やはりターゲット層が違うので、持てる力は本物ですが、シルエットやディティール、ブランド名で選ぶ方は少ないと思います。
その本物のメーカーにタグボートが別注。
パターン、カラー、仕様においてレギュラーラインには無い仕様となり、スタイリッシュなダウンパーカに変貌しました。

仕様に関しては上記で十分述べているので、後は着て感じてもらうだけです(笑)
試しにチョット羽織っただけで、相当に暖かく完璧な防寒をお約束できます。
表生地は、東レの耐久撥水素材「キューダス」を使用。60/40クロスのようなレトロな表情ながら防水、透湿性に優れた生地を採用。
隙がないダウンパーカです。

バイクライドは勿論、普段着としてこの冬是非ご活用ください!!

Antarctic Down Parka

スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/7604-010905c9