FC2ブログ
2018 081234567891011121314151617181920212223242526272829302018 10
TRMY Early Hoodie 2017-09-25
P9250197.jpg
TRMY Early Hoodie

昔ながらの吊り編み機で、ゆっくりと丁寧に編まれた裏毛スウェットは、ふっくらと柔らかく温かみのある生地感が魅力です。

ヴィンテージライクな前後の汗止めVガゼットや針抜きリブ仕様、クルーネックに後付けされたフードは二枚仕立てでコットンの平紐を通しています。

P9250200.jpg
オートミール

P9250214.jpg
ブラック

“Early Hoodie”
スウェットは20年代にウール素材として普及し始め、
コストや生産効率から徐々にコットン素材へと姿を変えていきます。
第二次世界大戦時には、吸汗性、保湿性を買われ、
軍のトレーニングウェアとして官給されていたそうです。
今季は50sのパーカーをベースに、吊り裏毛で製作で製作した後付けパーカーになります。

P9250201.jpg

P9250215.jpg

後付けフードもフード部分に厚みがでる様に、2枚仕立てにしております。

P9250202.jpg

P9250217.jpg

P9250204.jpg

P9250219.jpg

リブ部分には針抜きのリブを配し、ビンテージライクな雰囲気に仕上げています。
衿部分の汗止め用として付けられた前後のガゼットには、40年代ぐらいまで見られていたはめ込み仕様にしています。

P9250206.jpg

P9250207.jpg

P9250221.jpg

P9250208.jpg

P9250222.jpg

ミリタリーアスレチックアソシエーションのロゴをフロントにプリント。オートミールが染み込みプリント、ブラックは半ラバーで仕上げてあります。

P9250223.jpg

カンガルーポケット

P9250210.jpg

P9250225.jpg

P9250212.jpg

P9250226.jpg

P9250213.jpg

生地には、吊り編み機によって編まれた吊り裏毛を採用しています。
生地をリラックスさせた状態で編む事で、吊り編み独特の柔さと着込むほどに体に馴染んでいきます。

満を持しての登場な後付けパーカー。
パーカーのリリースはありましたが、後付けモデルはお初かな?
細やかなデティールは上記のとおり、トコトン拘っての製作。

フックラとした吊り裏毛は、優しい着心地。
ヴィンテージライクな短めの着丈に、針抜きリブで抜群の雰囲気です。

今時期の即戦力。
お早めにどっぞ!!

TRMY Early Hoodie

スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/7518-ecf8f965