2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
P8028464.jpg
RAF PARKA Ventile Cotton, Navy

昨年好評だったRAF PARKA。袖口の調節タブを少し上にあげて再登場。

イギリス・カナダ系のミリタリーパーカーから 着想した一重のパーカー。この数年、アメリカものとは一味違うデザインに惹かれRoyal Air Force(イギリス空軍)や カナダ軍系のオーバーパーカを買い集めました。フロントが斜めに、ポケットは四角系が多い等々、そんな仕様を一つにまとめました。

腰ポケットは左右にハンドウォーマーがある二重構造。フードは襟に縫い付けられた仕様で、これは軍ものとは全く別の アウトドアウェア的な仕様。フードが後ろに抜けてしまうと首回りに締まりがありません。
そこで、襟に切り替え線を入れ、フードを差し込んでいます。シルエット自体はWORKERSで言うとマウンテンパーカーに近い。少しゆったり目ですが、中にジャケットまでは着られない。シャツ+セーター程度がベスト。

P7158027.jpg

昨年好評だったRAFパーカの新型が再登場。
今季は定評のあるベンタイルコットンをチョイス。

ネイビー・オリーブは平織のベンタイル。40番双糸、20番クラスの糸を高密度に平織したうえで撥水加工が施されてい ます。国産ベンタイル、綾織・平織、糸も60番双糸/40番双糸と織り、厚みがいろいろあります。このRAF PARKAはパリっとした風合いが欲しかったので平織を。また、厚みもある程度欲しいので厚い方の40番双糸バージョンを使いました。

真夏の紹介で恐縮ですが、秋口から冬場にかけて大活躍な一着です。

P7158028.jpg

P7158032.jpg

羽襟にフードを流し込んだ襟周り。首回りにフードだけではない何かをつけたい。ビンテージで無理やり首リブをつけているのを見て、そのあたりから考えていました。
ただ、古着で見るのは「綺麗とか汚いとかではなく、機能を果たせばよい」といった縫い方。これでは無い、もっときれいで、機能的でを考えていいるうちに現代のアウトドアウェアからこの「羽襟の切り替え線にフードを流し込む」という方法を見つけました。

P7158029.jpg

フードのスピンドル(紐)は太目のワックスコード。先は金属チップで止め、革の調整具。細かな部分ですが、ミリタリー的な雰囲気のあるごつい付属を使っています。

P7158033.jpg

P7158034.jpg

P7158036.jpg

左胸ポケットはペン刺し付き。ペン刺しにマチがついた独特なデザイン。参考にした1950年代のRoyal Air Forceのパーカーから得たデザイン。

P7158038.jpg

P7158039.jpg

腰はWORKERSおなじみ、二重ポケット。脇からはハンドウォーマーに、上部からはまた別の部屋に物が入ります。 上部からの部屋、ゆとりをつけてあるのである程度厚みのあるものでも収納可能。

P7158040.jpg

P7158041.jpg

フロントはファスナー+ボタン。ファスナーもちょっとデザインをアメリカ的な物からヨーロッパ的な物に変えています。刺しもアメリカ式の左ではなく右刺し。

P7158042.jpg

P7158043.jpg

袖口調節タブの位置を袖口から少し上にあげました。着脱ぎをするときに、タブに手が引っかかりそうになることがあったためです。
昨年と同じように見えて、少しづつ使って気に成った部分を変えていく。そして、このRAF PARKAで出来た新たなディテールをまた、他の製品に活かしていきたいです。

P7158044.jpg

P7158045.jpg

冬場はシャツ+セーターで丁度良いサイズ感です。

P7158046.jpg

P7158047.jpg

フードは取り外し不可となります。

夏真っ最中なので、チョットまだ気が早い秋口物の一枚折りな羽織物。
ワーカーズさんと言えばなの、はっ水加工が施されたコットンベンタイル生地を採用。
チョットした雨は弾いてくれます。

軍物は軍物でもRoyal Air Force(イギリス空軍)の古着よりヒントを得てからの再現となり、当然ながら日本人に合わせたシルエットに、タウンユースで使いやすいよう工夫がなされてます。

タイト過ぎないザックリとしたシルエットですので、ジャストサイズでシャツ+セーター(ベスト)で丁度良いサイジング。
冬場でも重ね着すれば、普段着として十分寒さに耐えられる仕様です。

今季も早々に売り切れると思われますので、お早めにどーっぞ!!

RAF PARKA Ventile Cotton, Navy

スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/7361-0f9df76b