P4135232_20170415142718380.jpg
Short Sleeve Work, India Madras

久々登場の半そでワークシャツ。
デザインは2ポケット+チンストラップ。半袖シャツはどうしても袖口がない分地味になってしまうのであえて仕様は多めに。ステッチも粗めでデザイン的に。
ボタンは淡水に生息する貝、RiverShellPearlで作ったもの。ワークシャツ専用に14ミリ、厚めで。13ミリでは小さい、15ミリでは大きすぎる。でも14ミリはボタンメーカーで作っていない。ということで、WORKERSで別注して作りました。

P4135233.jpg
ブラック

P4135243.jpg
レッド

マドラスは今年もインド産。3 オンス程度でこちらはやや薄め。糸染めの染料はある程度堅牢度が良い物を使っています。 が、その色見本を以前、草木染めで作った色から取っています。そのため、全体にぼやっとした色合い。ごく小さなピンホール、 糸のムラ、急激に糸が太くなる等々、現代の感覚では問題に感じる部分も多々あります。もちろん、裁断の時に発見でき る傷は出来る限り取り除きますが、それでも洗ってみて初めて分かる傷や小さなピンホールがあります。WOREKRS では 縫製後シャツは一度洗います。マドラスのピンホールに関しては、水に溶けない糸専用の固着剤で補修するので、洗濯で どんどん広がってしまう・・・という事は無いのでご安心ください。

P4135234.jpg

P4135244_20170415143030441.jpg

P4135235.jpg

チンストラップ付の台襟+羽襟。羽襟は少し小さ目。ストラップは実用性よりはデザイン的に残しています。

P4135246.jpg

袖口・肩の巻き縫い。
トリプルステッチでここも力強く。
カディは糸の太い部分がコブになっています。これは、糸自体を手で紡ぐことから起きるもので生地の特徴です。

P4135237.jpg

P4135238.jpg

P4135248.jpg

P4135254.jpg

P4135250.jpg

P4135256.jpg

P4135257.jpg

胸ポケは左右あり、左側にはペン刺しをつけています。補強はこれもデザイン的に、少し太めのカンヌキ。

P4135251.jpg

ボタンは淡水に住む貝、リバーシェルパールを厚口で別注したもの。インチで言うと9/16、ミリで言うと14ミリ程。これが日本では何故かあまり規格として存在しません。たいてい、13ミリ、その次は15ミリ。でも、この微妙な14ミリがアメリカものでは良くあるので、別注で作っています。

P4135240.jpg

P4135241_20170415143449c49.jpg

P4135253_2017041514345191f.jpg

3オンス程度の薄手のシャツ。
インドマドラスの風合いが人気の一着。
今年は久々に半袖シャツがリリースとなります。
ワークシャツベースなので、ソレほどタイトなサイジングではないのでジャストサイズでもユッタリと合わせられます。
夏場のショーツとの合わせは鉄板スタイル。

お早めにご準備下さい♪

Short Sleeve Work, India Madras

スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/7020-22741c6e