2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
P2112148.jpg
Baker Pants, Slim Fit, 2-Tone

コーディネートの定番、ベーカーパンツ。正式には「Trousers Cotton Sateen」。シルエットは二種類。

スタンダードはビンテージをバラしてトレース。股上だけ少し浅くしたもの。
スリムはWorkersOfficerTrousersが大元の型紙ですが、バックにダーツがありません。少し大き目のウェストで、ボタンを締めるとヒップは適度なゆとりがある狙ったシルエットになります。

P2112149.jpg

バックサテンはヨコ糸が太く、筋張った表面が特徴。7-8番クラスの太い糸。MIL-C-10296Jというスペックを元に糸の太さ・打ち込み。さらに、生地を染める前にマーセライズド加工(アルカリによる生地表面をつるっとさせる)を施した通称「先マーセ」。通常は染めてからマーセライズドなのですが、そこはスペックを良く読んでその再現を目指しました。

P2112150.jpg

2Toneは左前ポケット、バック右ポケットの色味が違います。

P2112151.jpg

P2112152.jpg

P2112153.jpg

トップボタンは手付で、足をつけています。今回から、ボタンホール側、トップ部分の中にある生地を無くして薄くなっているのでかなりボタンはかけやすい。でも、やはり一番力がかかる部分なので手付・根巻にしています。

P2112154.jpg

P2112155.jpg

1_201702201318160c5.jpg

久しぶりに復活、腰裏環縫い。オリジナルも環縫いあり、普通の平ミシンあり。どちらもありですが、やはり私は環縫い始末が好きです。

P2112156.jpg

P2112157.jpg

腰回りは、Standardとほとんど同じで膝・裾を現代的に絞ったSlim Fit。

P2112159.jpg

P2112160.jpg

ベーカーパンツはヒップにダーツがありません。なので、モデルが着ているのを見てもウェストボタンをしめない状態でジャストにすると若干、尻がきつそう。本来は、少し大き目を、ボタン締めてはいた方がより快適にはけます。ただ、生地は伸びるものなので、このあたりは、微妙な問題でもあります。おそらく、このモデル、いつもジーンズで31-32、ベーカーはSをはきます。このベーカーもしばらくはけば、伸びるのでそうするとちょうど良くなるようにも感じます。

P2112161.jpg

P2112162.jpg

バックは2ポケット+フラップ。ポケットを取り付け部分より少し大き目に作っているので手が入れやすい。ゆとりができて、それがポケットに皺として見えます。

P2112163.jpg

そのウェスト調節ボタン。もし、「伸びたな、まだゆるいな」と感じたら、左側のボタンを取ってさらに内側に移動。ちょっと面倒ですが、ベーカーはベルトしないで楽には着たいのでお勧めです。「それもめんどくさい!」という方には、また来月、バックルを使ったFWP Trousersが待っていますのでご期待ください。

P2112158.jpg

P2112164.jpg

春夏の人気ボトムス、ベイカーパンツが入荷しました。
8.5オンスで適度な厚みなバックサテン。
経年変化もヴィンテージライクに仕上がり、ワーカーズさんならではの細やかな作り込みも好評を博してます。

今期はスリムフィットとスタンダードシルエットな2種類。
スリムフィットは現代的にアレンジが加えられ、スニーカースタイルに適したシルエットです。
くるぶしまでロールしてローファースタイルは夏の定番スタイリングですね。

変わり種2トーンでオリジナリティを出している点も見逃せませんね。

サイズのあるうちにお早めにどーっぞ!!

Baker Pants, Slim Fit, 2-Tone

スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/6817-d041d5ab