2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
P2142450.jpg
Work Shirt, Madras

今年のワークシャツはLeeタイプのドングリ型ポケット。フラップ+ペン刺し付。これをあえて1ポケットに。さらに、チンストラップも無しで「ワークシャツだけど、どこかドレスシャツ的でもある」雰囲気を目指しました。

P2112198.jpg
レッド

P2112208.jpg
グリーン

縫製は目の細かいチェーンステッチ主体でビンテージらしさを表現。ボタンは高瀬貝ボタン。細かい事を言うと14ミリ強。インチで言うと9/16。日本でボタンを探すとミリ単位がほとんどで13ミリ/15ミリがほとんどのラインナップ。そこをあえて14ミリ強、9/16インチとインチ単位にこだわって使ったネコ目の貝ボタンです。

P2112199.jpg

P2112209.jpg

台襟の無い首回り。羽襟もビンテージよりは短く、少しだけ現代的に。

P2112200.jpg

肩・袖ぐりのチェーンステッチ巻き縫い。今回は、ステッチ運針は細かく、ビンテージらしい細い糸で縫っています。

P2112211.jpg

P2112202.jpg

P2112212.jpg

胸ポケットはワークシャツらしからぬ、左に1ポケット。通常、ワークシャツはよほど古い物で無い限りは左右2ポケットが定番のデザイン。そこをあえて、左一つにして、少しだけワークウェアらしさからドレスウェアのシャツよりに。でも、フラップ+ペン刺し。カン止め補強とワークウェアらしさも残す。

P2112203.jpg

フロントは高瀬貝のネコ目ボタン。ほんの少し大きくて、厚手の物を使っています。

P2112214.jpg

脇のマチ始末。

P2112205.jpg

P2112216.jpg

袖口開きは通称「イッテコイ」。切り込みを入れてそこをパイピング状に共生地で巻く。それをさらに倒してステッチを入れています。少し長めの開き、これが袖のまくりやすさのポイントです。春夏向けに作ったシャツなので袖をまくることも多いので。

P2112207.jpg

P2112217.jpg

P2112218.jpg

バックヨークはカーブさせて。このあたりは、LeeタイプではなくBIGYANKでおなじみRelianceタイプ。機能だけ考えるとまっすぐでも良いのですが、私の作る服は全体的に丸みを帯びているのでそうなると、ヨークもこちらの方が好きなのです。
BIGYANKの特許では、腕を前に出して力がかかった時にヨークのカーブがその力を受け止める!みたいなちょっと無理やりじゃない?という内容もありました。でも、実際に着ているとこのカーブのおかげで肩甲骨の丸みはうまく収まっているようにも感じます。ダーツも無いので「感じる」というレベルではあるのですが。

マドラスは今年もインド産。3 オンス程度でこちらはやや薄め。糸染めの染料はある程度堅牢度が良い物を使っています。 が、その色見本を以前、草木染めで作った色から取っています。そのため、全体にぼやっとした色合い。ごく小さなピンホール、 糸のムラ、急激に糸が太くなる等々、現代の感覚では問題に感じる部分も多々あります。もちろん、裁断の時に発見でき る傷は出来る限り取り除きますが、それでも洗ってみて初めて分かる傷や小さなピンホールがあります。WOREKRS では 縫製後シャツは一度洗います。マドラスのピンホールに関しては、水に溶けない糸専用の固着剤で補修するので、洗濯で どんどん広がってしまう・・・という事は無いのでご安心ください。

今年も登場インド製マドラスチェック柄。
3オンス程度の薄手の生地ですので、夏場の暑い時期まで活躍出来ます~
毎年欠かさずこの時期の定番ですが、春前には売り切れる人気のロングスリーブシャツです。

今期は、明るめなレッドマドラスと、グリーンマドラス。
春の色使いに是非どーっぞ!!

Work Shirt, Madras



スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/6804-b119d31d