2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
P2142445.jpg
Work Shirt, Supima Chambray

今年のワークシャツはLeeタイプのドングリ型ポケット。フラップ+ペン刺し付。これをあえて1ポケットに。さらに、チンストラップも無しで「ワークシャツだけど、どこかドレスシャツ的でもある」雰囲気を目指しました。

P2112188.jpg

縫製は目の細かいチェーンステッチ主体でビンテージらしさを表現。ボタンは高瀬貝ボタン。細かい事を言うと14ミリ強。インチで言うと9/16。日本でボタンを探すとミリ単位がほとんどで13ミリ/15ミリがほとんどのラインナップ。そこをあえて14ミリ強、9/16インチとインチ単位にこだわって使ったネコ目の貝ボタンです。

P2112189.jpg

台襟の無い首回り。羽襟もビンテージよりは短く、少しだけ現代的に。

P2112190.jpg

肩・袖ぐりのチェーンステッチ巻き縫い。今回は、ステッチ運針は細かく、ビンテージらしい細い糸で縫っています。

P2112191.jpg

P2112192.jpg

胸ポケットはワークシャツらしからぬ、左に1ポケット。通常、ワークシャツはよほど古い物で無い限りは左右2ポケットが定番のデザイン。そこをあえて、左一つにして、少しだけワークウェアらしさからドレスウェアのシャツよりに。でも、フラップ+ペン刺し。カン止め補強とワークウェアらしさも残す。

P2112193.jpg

フロントは高瀬貝のネコ目ボタン。ほんの少し大きくて、厚手の物を使っています。

P2112194.jpg

脇のマチ始末。

P2112195.jpg

P2112196.jpg

袖口開きは通称「イッテコイ」。切り込みを入れてそこをパイピング状に共生地で巻く。それをさらに倒してステッチを入れています。少し長めの開き、これが袖のまくりやすさのポイントです。春夏向けに作ったシャツなので袖をまくることも多いので。

P2112197.jpg

4.0 オンス、Supim Chambray は超長綿のスーピマコットン糸・30 番。定番シャンブレーより少し糸が細く、生地も薄い。繊維が長いので、コットンでありながら手触りがつるつるとしていて、若干玉虫色がかって見 えるのが特徴。糸の太さ、コットンの銘柄が違うだけで同じシャンブレーでも風合いがまったく違います。

春先のワークシャツ。
機能性が重視なワークシャツですが、ワンポケな変わり種。
ドレスシャツっぽさも取り入れたワンポケに、フラップ+ペン刺し。カン止め補強とワークウェアらしさも残しています。
縫製はワークシャツのソレ。
着丈はインアウトどちらでも対応できる設定です。

春先から夏場にかけて羽織り易いよう、通常のシャンブレーよりも糸が細く生地も薄手をチョイス。
ットンでありながら手触りがつるつるとしていて、若干玉虫色がかって見 えるのが特徴。糸の太さ、コットンの銘柄が違うだけで同じシャンブレーでも風合いがまったく違います。

一般的なシャンブレーワークシャツとは一線を画した、変わり種ワークシャツとなります!!

Work Shirt, Supima Chambray

スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/6802-9985a13a