P2112128.jpg
Cowboy Jacket, 13.75 Oz, Left-Hand Weave, Raw Denim

WORKERSの綿・糸からオリジナルのデニム生地。もともと右綾を最初に作りましたが、それをスペックはそのままで左綾にしたらどんな色落ちになるのか?という実験の意味もあるデニムジャケット。WORKERSを好きな方には釈迦に説法ですが、ジーンズの元祖サンフランシスコのLS社が使ったデニムは右綾。ジェームスディーンが愛したでおなじみ、カンザス州サリナのH.D.L社は左綾デニムといった不文律があります。

P2112129.jpg

形はカンザス州のL社でおなじみ、カウボーイジャケット型。この新型に合わせてラベル・ボタンも作りました。革ラベルは防縮の入った牛革。ボタンは二本爪のドーナツにこれもそれ風にWORKERSの刻印を入れて。唯一WORKERSらしいのはフラップ裏で抜染生地を使っています。パターン自体、着丈少し長め、袖の肘から先は細くしてすっきりとという、現代的な印象のアレンジ。ただ、襟型だけはあまり小さくせず、オリジナルに近い物を。

P2112130.jpg

今までWORKERSで作ってきたデニムジャケットはあえて襟を小さくしたりバランスを現代的に補正してきました。
今回のCowboy Jacketは着丈や袖は相変わらず、現代的に修正していますが、こと襟に関しては古い物に近い。大き目の型紙をひきました。

P2112131.jpg

やはりCowboyタイプとなると、こんな革ラベルやタグが必要です。バックスキン面は使わず、あえて牛革の表面を。

P2112132.jpg

P2112133.jpg

P2112134.jpg

ボタンももちろん、それらしい物を。二本爪タイプのドーナツボタン。

P2112135.jpg

P2112136.jpg

P2112137.jpg

樽型のポケット。これもファースト・セカンドタイプとは違う特徴。フラップ裏は厚み軽減のため別布に。WORKERSらしい抜染生地を使っています。

P2112138.jpg

P2112142.jpg

今回、Cowboyタイプ用に作った生地は左綾。WORKERS定番の生地と糸・染め・織機は同じで綾方向を変えています。一目でわかるようにミミは白耳に。

P2112139.jpg

P2112140.jpg

P2112143.jpg

P2112144.jpg

P2112145.jpg

P2112146.jpg

背面には縦方向にヒダが取ってあります。若干ですが、アクションプリーツ的な働きがあります。

一般的に、右綾に比べて左綾の方がタテ落ちが長くでる等と言われます。ただ、それらはあくまで印象であり、全く同じ糸・染め・織機で「この1ロットは右綾」「続けてこのロットは左綾」と、綾の方向だけ変えたらより、右綾・左綾の違いがはっきり分かる!といかにもオタクっぽいというか、理科の実験っぽい試みです。

現代的なシルエットに、オリジナルを再現しつつワーカーズらしさをスパイスした新作デニムジャケット。
春先に羽織るジャケットの代名詞ですね。
今期は説明文の通り、LEE社でお馴染のカウボーイデニム。
米綿は以前もご紹介した通り、米綿のメッカ、カンザス州はメンフィスまで摘み取りに渡米。
その米綿を日本に輸入し、世界のデニムの聖地岡山県にて仕上げています。
古のリーバイスもりーも当然と言えば当然の米綿で編まれています(現在は存じ上げませんが)

デニムにチノにベイカーに、ワークにカジュアルにとスタイルを選ばないデニムジャケットは、春先のタウンユースの鉄板ジャケット。
色落ちともども是非ご堪能ください!!

Cowboy Jacket, 13.75 Oz, Left-Hand Weave, Raw Denim



スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/6798-84eee6d0