2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
Workers 2017 AW 2017-01-13
さぁ1月も半分が間もなく過ぎようとしてます~
一般的には今からが最も極寒を迎えるシーズンではありますが、洋服は既に春ものがリリースの中心となります。
一部スポットアイテムとして冬物がリリースされますが、コレクションアイテムは基本春夏物。

っで、今シーズン一発目のコレクションアイテムが、ワーカーズさんより届きました~

P1131432.jpg
Blazer, Navy Supima Karsey, Knit Twill

仕様が一新された今期のブレザー。
まず生地が布ではなく編地です。スーピマコットン、8.3oz程度とかなりしっかりしたニットツイル。
袖裏は無し、パイピング始末。それに伴い、背裏無し、袖ぐりもパイピング始末。袖裏があるとすべりが良く、着脱ぎがしやすい。でも生地が増えた分暑い。特に、17SSのBlazer, SportCoatに使っている生地が6-8oz程度で春夏ジャケットとしてはそれなりに厚み・重みがあります。これに裏地をつけると、着て暑い。また厚みも出てしまうので裏地を取り去りました。裏地が無いから縫うのが楽かというとそんなことは無くて、隠すものが無い分縫い仕様はこれも手間をかけないといけません。パイピング始末、さらに袖口は本切羽の額縁始末。

春先の行事ごとに非常に重宝します。
新米パパさんに非常に好評です(笑)

P1131430.jpg
Shop Coat

春先にがばっと一枚で羽織るショップコート。

型紙自体はほんのわずかに裾に広がったもの。それをバックにつけたボタンで絞ってシルエットが作れます。バックベルトにボタン・ホールともに複数あるので、何段階にもシルエットを変えることが出来ます。

脇には縫い目を利用した貫通ポケットがあり、コートを羽織ったままトラウザーズのポケットに手を入れられます。

着想はビンテージ、Sweetorrのショップコート。表面にボタンが出ない仕様。おそらく、もともとは作業しているときに着るショップコート。たとえば、車を洗ったり、整備したり。そんなときに金属ボタンで車を傷つけないように、そんな意味合いが合ったのだと思います。今回、ボタン自体はすべて練りボタンですが、ボタンを隠す仕様はフロント・袖口ともに残しています。

コレは春先に着たいジャケットNo1でした(笑)
完全にツボった一着。
特にライトオンスのシャンブレーは、おススメです!!

P1131429.jpg
Shawl Collar Jacket, 8 Oz Chambray, White

古着で見つけたショールカラーのジャケット。俗に「フレンチショールカラー」などとも呼ばれていますが、確かにアメリカ物のショールカラージャケットとはつくりが違う。袖口にカバーオールのような開きがあり、襟のパターンもすごく納まりの悪いショールカラー。アメリカ物だと表襟が見返しとつながって、綺麗に返るようになっているのですが、このジャケットはラウンドカラーをそのまま身頃につけただけ。それを無理やりショールカラー風にしています。ボタンもオリジナルは樹脂なのか骨なのかわからない、なんとも言えないがさがさした粗野な風合い。これらを参考に形にしました。

オリジナルはプルオーバーですが、着易さを考えフロントボタン開きに。内ポケットはオリジナル同様にあり。iphoneやパスケース・小財布入れに最適。袖口のボタン開き、袖がまくれて地味に使い勝手を上げてくれます。素材は8オンスホワイトシャンブレー。本来、シャンブレーは色糸×白糸なのですが、ホワイトシャンブレーは白×白。

コチラもビビッと来た春先から夏場にかけて活躍する薄手のシャツ。
綺麗めスタイルよりも、個人的にはガシガシ使って汚して使いたいですね~
カバーオールな着丈も◎

P1131427.jpg
Lot 802, Slim Tapered, 13.75 Oz White Denim
Workers Officer Trousers, Slim, Type1, USMC Khaki

ワーカーズ定番デニムのLot801/802ベースのホワイトデニムが新登場!!
作る工程にかなり苦労した一本でもあります。
説明は後日に。

おなじみ、古今様々なチノパンを混ぜて作ったWorkers Officer Trousers。USMC Khaki色はWORKERS別注。
USMCのチノに見られる濃いめのカーキ系。もう一色の白系のベージュよりかなり土臭いイメージ。10オンス程度で、通年はける厚みです。

シルエットは定番のSlimFit。仕様はクラシックに、フロントはボタンフライ。ポケットは手の入れやすさを考えて斜め切り替えポケット。バックポケットはフラップ付の玉縁ポケット。ダーツを斜めに取ることで、分量をたくさん取れます。これにより、Slimでありながら、ヒップ周りは適度な丸みを持った穿きやすく綺麗なシルエットを作り出しています。
脇はオーバーロック+割り仕様。よりスラックスに近い仕様です。 製品はOW済みです。

チノは説明不要ですね~
今期は濃いめのカーキで土臭い雰囲気。
スリムフィットのシルエットは抜群過ぎな一着です!!!

P1131425.jpg
Silk Repp Tie/Tie Clip

今まで、布帛を使ったネクタイ、ニットタイと作ってきました。最後の砦、専用のシルク織り地を使ったネクタイです。 織機には基本的に「黒経て」「白経て」、どちらかがかかっており表面上はほぼ緯糸(よこ糸)のみが柄として現れます。今回は落ち着いたトーンが見える「黒経て」に。柄は巾・色を指定して別注で作ります。生地自体は京都で織られています。 レジメンタルタイ、柄の流れはアメリカ式に左上から右下に流れるよう、裁断。縫製はあえてミシンステッチで剣先を三つ巻き。剣先に裏地がつかない分、軽やか。いわゆる「現代のトラッドな服」、品質はとてもよいのですが、どこか重く感じる。一方、ビンテージで見るそれはある意味チープな部分がありつつも、軽やか。そんな軽い仕様を取り入れたWORKERSのReppTie。時間とともに変化を感じることができます。是非BDシャツ、BlazerやSportCoatのお供に!

ネクタイに合わせてシンプルなデザインのタイクリップを作りました。クリップ部分の裏はギザギザにしないでネクタイが傷つきづらいように。ずれ防止には中に板バネが仕込んであります。レップタイにはもちろん、ニットタイにも。

新カラーのシルクタイに初登場のタイピンです。

ブレザーやジャケットのお共に是非ご活用ください!!

明日天気次第ですが、物撮り&ウェブストアに反映予定。
ご予約いただいている方々。
明日発送致しますので、しばしお待ちください。

それではお楽しみに♪

スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/6700-c8935aaa