2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
PC090643.jpg
Anchor Shirt, Ecru

オリジナルで作った碇刻印入りの水牛ボタン。これをデザインに活かしたシャツを考えて、海軍つながりでCPOシャツ的デザインにしました。

作り自体は、フロントが少し巾の広い乗せ前立て。各縫い合わせは巻き縫いを使いワークシャツ的。でもデザインが1ポケットでワークシャツとはやはり違います。
素材は5オンスクラス、ミディアムウェイトのシャンブレー。真夏以外は通年着られる厚み。

PC090646.jpg

Ecruは真っ白ではない、生成り色。綿カスも残った素朴な風合いです。

PC090647.jpg

現代的な小襟ではない。かといって、ビンテージである妙に大きすぎもしない。WORKERSの考える中庸なレギュラーカラー。

PC090648.jpg

羽襟はコバ+1/4インチ程度のダブルステッチ。羽襟がぴっと綺麗に角が出て、そのギリギリを行くステッチワーク。このあたりは、さすがシャツ専門工場という仕上がり。

PC090649.jpg

肩・袖ぐりは巻き縫い。このあたりはワークシャツ的な仕様。

PC090650.jpg

PC090652.jpg

シンプルなフラップポケットですが、そのフラップの微妙な曲がり具合はパターンを作るとき試行錯誤しました。また、そのカーブを消さないよう、裁断・縫製する工場の腕の見せ所でもあります。

PC090653.jpg

PC090654.jpg

Anchor Shirtを作るきっかけになった刻印入り水牛ボタン。ボタン屋さんに気をつけてもらったのが、極あっさりと入れてもらう刻印。深すぎるとまた風合いが変わってしまうので、あっさりと。素材が水牛なので、一つ一つ柄が微妙に違い、そこに刻印が入るとまた不均一な仕上がりになります。

PC090655.jpg

肩・袖ぐりは巻き縫い。このあたりはワークシャツ的な仕様。

PC090656.jpg

PC090657.jpg

袖口は2ピースの袖を使った開き。イメージとしてはGジャンでよく使われる仕様をより細い針幅で仕上げていると想像してください。シャツではあまり使われない仕様ですが、クラシックな2枚袖では使いやすい仕様。ここも2枚袖のはぎ合わせには、より細い巻き縫いを使ったりと、それらしくなるよう仕様を工夫しています。

PC090658.jpg

この時期は、いつも以上にホワイトシャツが活躍しますね。
カジュアルに裾インでジャケットスタイル、ネクタイでカチッと、等々そういったシーンが多くある季節でもあります。
そんな時にホワイトシャツは違和感なく収まりますので、一着あると便利この上なし。
着丈はインできるように、やや長めの設定。
S(14.5)サイズで170㎝位の方だとシャツアウトでも違和感なく収まりますが、165㎝くらいだとチョット長いなと感じる程度。

ホワイトカラーと言いましたが、生成りな色味です。
よりクラシックな合わせ方も可能なので、より使いやすいかと。

ドレスシャツほどカチッとせず、ワークシャツほどカジュアル過ぎず、なバランスの良い一着です!!

Anchor Shirt, Ecru

スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/6618-f751b6cc