FC2ブログ
2020 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 02
Raglan Sweat 2016-09-23
P9165628.jpg
Raglan Sweat

今シーズン新たに作った裏毛(スウェット生地)のシリーズ。表30 番・中30 番・裏7 番で、裏の糸ループを短く編み、 さらにWOREKRS では初めて起毛をかけた本格的冬用スウェットです。18 ゲージでガチガチに目を詰めて編んでいるの で形崩れがしにくい。オンスも15 オンス程度あり、いわゆる「超ヘビーウェイトスウェット」の部類。

P9165631.jpg
グレイ

P9165644.jpg
カーキ

形はシンプルな丸首。切り替えはラグランでフラットシーマーメインの縫製。ネックもしっかり詰め気味 の型紙なので、中にシャツを着たい場合は先に首を少し手で伸ばしてください。製品はノンウォッシュですが、糸を詰めて編んでいるので水洗い・天日干しでは寸法変化はかなり小さいです。

P9165632.jpg

新作生地、超ヘビーオンスの裏毛(スウェット生地)。15オンス程度あり、裏は起毛をしています。

ネック周りは毎年バランスを考え微調整しています。今年は少し詰め気味。もし中にシャツを着たい時は最初に首回りを引っ張って伸ばしてください。

P9165646.jpg

P9165634.jpg

首回りは「バインダー」と呼ばれる、生地でパイピング状に身頃を巻いたもの。今回は、フライス(リブ)で巻いています。これも、WORKERSはTシャツでは身頃と同じ天竺で巻いたり、物によってそれに似つかわしい仕様に変えています。

Raglan Sweatは縫製にフラットシーマーを多用して、60年代ぐらいまでの雰囲気を目指しています。そこで、首回りはバインダー。もう少し新しい年代だとつけ襟のほうが似つかわしいと私は感じますが、これは半分は感覚の問題。年代により完全に縫製仕様が分かれるわけではないのです。

縫製仕様は、作る製品の雰囲気、生地とのマッチング、物としての品質的に何がふさわしいか、これらから決めています。単純に「何年代はこの縫製」といったような紋切型はナンセンスです。

P9165648.jpg

ラグランスリーブ

P9165636.jpg

P9165640.jpg

P9165653.jpg

長めの袖リブ。折り曲げて袖の長さを調節できます。ウェストのリブもごくベーシックなきつさ。

P9165642.jpg

P9165654.jpg

P9165650.jpg

P9165639.jpg

P9165651.jpg

身頃の裏、起毛した部分とフライス(リブ)の縫い合わせ部分。
それぞれを切りながらフラットシーマーでつないでいますが、特に身頃の裏毛はかなりごついので完全には切り切れていない部分があります。これ、無理に切ろうとすると今度は穴が開いてしまうのでこの程度残っていて正解です。

P9165643.jpg

P9165655.jpg

1 枚で着て暖かく、生地自体がしっかりしているので形崩れもしにくい。できる限りがっちり、しっかり作ったスウェッ トシリーズです。

今期は首周りを締め、カットソー1枚でも着やすく改良。
逆にインナーにシャツを合わせる場合は、首元を引っ張ってから着ると丁度良くなります。

裾も絞りが入り、着丈もやや短め。
かなり好みな一着に仕上がっていまっす!!

目が詰まっている分着崩れも心配ないので、ガンガン着倒してください!!

Raglan Sweat

スポンサーサイト




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/6322-8a1d505e