FC2ブログ
2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12
Band Collar Shirt 2016-01-22
P1202779.jpg

久しぶりに作るバンドカラーシャツ。

クラシックなシャツをビンテージで探すと変え襟のついたバンドカラーが良く出てきます。今回はそんなシャツを参考に作りました。

フロントはラウンド始末。前立ては二枚もので、裏に別布のスレキを当てています。ポケットは、この手のシャツでは無い物を良く見かけます。おそらく、ドレスウェア的にはポケットは無い方がよりそれらしいのだと思います。が、そこは実用性を考えて左胸に一つ。
ボタンは貝ボタン。バックにはタックでは無くギャザーを、このあたりもクラシックな仕様を心がけて。丈は少し長めで、タックインすればそれこそクラシックな着こなしそのまま。裾を出すときは袖をまくってショートパンツ。また、太いシルエットのパンツにも良く似合います。

P1212929.jpg
Band Collar Shirt, Broad Cloth, Sand

素材はホワイト・サンド・ライトグレーが50番単糸、コーミングをした糸で織ったブロードクロス。コーミング、綿を櫛ですく作業。短繊維を除き、織物になるとつるつるした手触り。光沢がある風合い。糸にムラをほとんど感じません。

P1212930.jpg
Band Collar Shirt, India Indigo Cloth

チェックはインド製。インディゴ染めした糸の平織生地。こちらはタテ40番/ヨコ30番で先ほどのブロードよりは糸が太い。ただ、ざっくりと密度が粗く織られているので重くはありません。糸のデコボコした風合い、不均一なインディゴの染まり具合。一部、生地の織ムラ・傷もありますが、物の風合いであることをご了承ください。

P1202774.jpg

P1202795.jpg

クラシックなシャツを探していれば必ず出会うのがバンドカラーシャツ。
久しぶりに作ってみました。ごらんのとおり、羽襟がなく、襟先に向かうにつれ細くなる台襟。ボタンはクラシックなシャツの雰囲気に合わせて高瀬貝ボタンにしています。

P1202776.jpg

袖ぐりはあえて巻き縫い。このあたりも、アメリカ物のクラシックなシャツから着想を得ています。

P1202798.jpg

P1202800.jpg

クラシックなシャツ、特にドレスウェア系のシャツでればポケットは無しがメジャー。ただ、そこはあえてつけました。実用性を考えると胸ポケットはどうしてもはずせませんでした。ただ、ポケット口のステッチは見えないタイプでシンプルに。

P1202784.jpg

P1202805.jpg

袖口は開きは、イッテコイ。表生地と共生地でパイピング上に巻いています。

P1202782.jpg

P1202806.jpg

裾は、今回のLot20と同じラウンド始末ですが着丈が違うのでカッティングが違います。
よりクラシックなシャツの雰囲気を重視して、着丈を長めにしています。

P1202786.jpg

P1202807.jpg

P1202787.jpg

背面には、ピンタック。このあたりも、ゆとりをつける切り替えという役割だけでなく「そのシャツの雰囲気にふさわしい仕様」を選ぶようにしています。

ワークシャツ中心の買付ですが、久々にクラシックなドレスシャツをと。
細身なパンツに裾をタックイン。
ベストやジャケットに合わせて春先に、夏場は裾を出しショーツに合わせたりと、カチッとするスタイリングにラフなカジュアルスタイルにと、使い勝手の良いシャツです。

クラシックなベージュに近いサンドカラー、インディゴ染めした糸の平織生地と、2色をご用意しました。
カジュアルに、クラシックスタイルにと合わせてみてください!!


スポンサーサイト




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/5371-9e1b00f6