FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09
Western Shirt 2015-09-24
P9193906.jpg

BDやワークシャツに比べると登場頻度は少ないけれど、たまにどうしても着たくなる。それがウェスタンシャツ。
ただ、過度なデザインがあると着づらいのも特徴。そこでフロントのヨークを無くし派手さを少し抑えています。

P9193885.jpg
Western Shirt, Denim, Washed

仕様はシアーズローバックのビンテージから。細番手の綿糸使いで、デニムにめり込むほどの細かなステッチ。表面が塗りのスナップボタンは、洗うごとに徐々に剥げていきます。デニムの加工物は最初からところどころ、塗装の角がはがれています。

P9193904.jpg

茶系のネル。チェック系のウェスタンも定番ですが、これもまた、色柄が派手すぎると着づらい物。そこで落ち着いた茶系のネルを今季は作ってもらいました。

1_20150924161401aac.jpg

P9193886.jpg

上記参照のオリジナルを忠実になぞって作った襟。台襟の太さは中庸。
特徴は襟先に向かうカーブ。単なるまっすぐではない、デザインされた襟です。

P9193887.jpg

Washedの襟周りは特によく表情が出ています。 一度、洗いをかけ生地表面のデコボコを出したうえで、薬品で着用していれば落ちそうな部分の色を落とします。さらに、襟先など汚れもやはり手で塗られ作られています。 薬品でさわるにせよ、汚れ部分を作るにせよ、やっている段階では最終どのような雰囲気に成るかは目の前ではわかりません。その後、さらに色落としや中和の洗いがあった後、どのような色落ちになるか。それを、想像しながら触るそうです。それも機械ではなく手です。 こればかりは、縫製以上に数値化できない、手の感覚とそれまでの経験からの推測で濃度や強さを調節しているそうです。

P9193905.jpg

P9193906.jpg

今回新たに作ったウェスタンウェアネーム。もともと、馬に乗ったカウボーイがロープを操っていたのですが、WORKERSらしくそのロープにじゃれる猫です(笑)

P9193888.jpg

P9193889.jpg

肩・袖ぐりのダブルステッチ。襟先への沈み込むステッチ。これらのステッチが生んだ皺に現れるアタリがデニムウェアらしさの象徴。

P9193909.jpg

P9193891.jpg

P9193911.jpg

オリジナルの雰囲気を元に、若干機能性を考えて仕様を変更しました。
フラップ脇側の妙な縫い代の折り方はそのままに、カンヌキの位置は本来、力がかかる部分に変更。

P9193894.jpg

スナップは表面塗装。そのため、繰り返し着用したり加工すると塗装が剥げ、汚れも出ます。

P9193917.jpg

前立てはZ型に生地を折りこんでダブルステッチ。裏側はあえて白系の糸で。
極細の綿糸を使っているため、加工でステッチ飛びが出た場合は補修します。

P9193896.jpg

P9193915.jpg

カフスのステッチ、途中でコースアウトしています。これもオリジナル 同様です。どうでもよい部分なのですが、やはりまねるからにはこういうどうでもよい部分の積み重ねで最終的な雰囲気も変わってくると信じています。
ボタンは塗りボタンなので、加工によりエッジがはげています。

P9193913.jpg

脇はマチ使い。デニムは耳を使い、フランネルは生地を二つ折りにしています

P9193899.jpg

P9193918.jpg

P9193900.jpg

バックのV字ヨーク。ここの縫製もオリジナルはチェーンステッチですが、チェーンステッチでこの角度を縫うと高い確率で目飛びがします。オリジナルも目が飛んでいました。 そこで、ステッチをシングルステッチに変更しています。

カレこれ3年以上ぶりに復活を遂げたウェスタンシャツ。
定番の強いウォッシュのかかった物と、初のチェックネル柄。
どちらも良いですね~~
ワーカーズさんの奏でるウォッシュ物は、その道の達人と言うべき職人さんが手作業で行っています。
リアルエイジング。正にその通りなエイジング技術に脱帽。
更に着込むことにより、ほつれやボタンの塗装剥がれなどが現れ、本当の意味での完成となります。

チェックネル柄もウェスタンシャツでは定番ですね。
色柄は落ち着いた茶色ベースで、コレマタ合わせ易い仕様になっています。

シャツインが基本のウェスタンシャツですが、現代のシルエットに合わせ着丈は短めに。
極端に身幅を狭めず、ワークシャツ程ユッタリではない、絶妙なさじ加減なシルエットです。

オリジナルを忠実に再現しつつ、日本人の体形に合わせたシルエットやディティール。
カッコ良すぎな一着です!!!

スポンサーサイト




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/4946-482bb7f6