FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09
Railroad Jacket 2015-08-25
P8222307.jpg
Railroad Jacket, 10 Oz Black Back Denim

久しぶりに登場のレイルロードジャケット(日本的に以下カバーオールで)。 「ワークウェアはブームが終わった」とも言われますが、やはり私にとっては永遠の定番。
今回、部材を新しく、また素材を選びなおして再び登場させました。形は適度なウェスト絞りと、裾は前下がりを強くつけています。

P8222332.jpg
Railroad Jacket, Brushed Herringbone

素材は定番で使っているヨコ糸にブラック系の色糸を使ったデニム。色が濃く見える為、ワークウェアで良く使われる素材。
そして、今シーズン新たに作成した起毛ヘリンボン。高密度に織ったヘリンボンを起毛して、コットン100%でもウールのような風合い。でもチクチク感がまったくありません。

P8222308.jpg

P8222334.jpg

P8222309.jpg

P8222310.jpg

P8222335.jpg

台襟はチンストラップあり

P8222338.jpg

起毛ヘリンボン、生地の風合いが良くわかる一枚。トップ(綿)で染めた糸で高密度にヘリンボンを織り、それを起毛することで柔らかさを出しています。
ちくちく感は全くない、とても手触りが良い生地です。

P8222313.jpg

P8222327.jpg

仕様は、ワークパンツと同じく広幅のトリプル巻き縫い、二本針平ミシンを多用した物。本来、機能性・生産性を考え取られた仕様が今では「ワークウェアらしさ」の象徴でもあります。

P8222314.jpg

P8222343.jpg

P8222316.jpg

3 (1)

左胸はおなじみのコンビネーションポケット。
懐中時計+ペン刺し、二つの役割を兼ねます。

P8222319.jpg

P8222345_201508251341341e9.jpg

P8222318.jpg

右フラップポケットの裏地には内ポケが付きます。

P8222320.jpg

P8222326.jpg

腰ポケットは下部にスレキの当て布を入れています。収縮率が表生地と違うため、立体的な皺が出ています。

P8222347.jpg

今回、カバーオールのフロント用に新たに一回り打ち込みボタンを製作。
こういったディティールにも一切手を抜かない物作りこそワーカーズならでは!!!

P8222349.jpg

P8222350.jpg

P8222322.jpg

袖口は、俗に「ガントレットカフス」などとも呼ばれる表見返し仕様。
古いPAYDAY やPowrhouseなどでおなじみの仕様。ただ、古ければ必ずこれというわけでもなく、後にスタンダードになる裏見返し も同程度の年代でもあります。
単純に、私自身があこがれる力強いカバーオールの袖口仕様がこれなのです。袖の生地と、袖口見返しの生地、方向性が違うので立体的な皺が生まれるのも好きな部分です。

P8222351.jpg

コットンヘリンボン、もともとの綿自体に色ムラがあり、さらに起毛によっても色にムラが生まれます。

P8222328_20150825135354cf0.jpg

P8222353.jpg

形は適度なウェスト絞りと、裾は前下がりを強くつけています。
カバーオールらしさ、ゆったりとしてフィット感や袖は無くせない部分。バランスに気を使ったパターンです。

メーカー名を見ても、ワークスタイルがブランドの原点と言うのは容易に解りますね。
実際に僕がワーカーズの虜になったのも、カバーオールが原点。
この作りこみにヤラレマシタね(笑)

レプリカは数多くのメーカーが作ってます。
ワーカーズはレプリカではなく、古き良き時代のヴィンテージウェアをベースに独自のアレンジにシルエット。
ステッチの幅も均一ではなく、オリジナルと見比べステッチ幅を各所替えたりと、通常の大量生産では不可能な物作りです。

大味なアメリカワークウェアなサイジングではなく、日本人向けの合わせ易いワークウェア。
ワークウェア特有の野暮ったさと、絶妙なシルエット。

特に今期注目なヘリンボーンは、カジュアルなワークウェアが素材を変えるだけで劇的に印象が変わります。
綺麗めなスタイリングにも対応可。

恐るべしな一着です(笑)

久々復活の原点。
お早めにどーっぞ!!

Railroad Jacket, 10 Oz Black Back Denim

Railroad Jacket, Brushed Herringbone


スポンサーサイト




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/4834-0d6b14c7