FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09
P8222354.jpg
Teds Jacket, Moleskin

もともとは、知人が古いアメリカの森林伐採・それを運び出す車両の写真集を見せられ、わずか数センチの人が着ているジャケットを作ってほしいと言われたのが最初。あれがもう今から10年近く前になります。当初はコーデュロイを使い、型紙もカバーオールの物を元に展開してつくりました。

P8222358.jpg

それから数年、WORKERSで本格的に製品を作りだし今回も使っているMoleskinという素材をアメリカのStifel社を調べる中で興味を持ち作りました。当時はWORKERS完全別注で作った素材ですが、その後、とてもポピュラーに成ったのが嬉しい思い出です。

今回、久々に作るにあたりよりクラシックさを出すためにボタンを糸付に。ビンテージのボタンをスキャンして切削加工で作ったもの。
さらにひと手間かけて、微妙な色合いをつけています。

P8222361.jpg

襟周りは、台襟+羽襟。高すぎない台襟、直線的な羽襟で無骨な雰囲気。

P8222363.jpg

チンストラップは使わないときはしまえる仕様。
ボタンは今回、袖口とカフス用に新たに作った物。樹脂ボタンに、切削加工で柄を描きさらに塗装でクラシックな風合いを出しています。

P8222364.jpg

P8222365.jpg

P8222366.jpg

左胸につけたコイン・ウォッチポケット。
クラシックな服では良くある「何の意味があるのだ?」というような小型ポケット。
懐中時計を入れるもよし、今なら切符が入る程度の大きさです。
機能面だけでなく、たぶんに装飾的な意味合いもあるポケット。

P8222368.jpg

フロントは大型の切削ボタン。以前の打ち込みボタンよりもさらにクラシックな雰囲気。

8_2015082512115421a.jpg

元々、ダブルのマッキノーコートについていたボタンをモデルに作ったもの。

9_201508251211573cc.jpg

左が作成したもので、右がオリジナル。そもそもの樹脂が違うので、表面の雰囲気は若干違いますが、切削の柄の出方。塗装の色合い。かなり良い線いっています。
いつか、Teds Jacketにも使いたいと思っていて今回ついにその願いがかないました。

P8222369.jpg

P8222370.jpg

腰ポケットも細玉縁。ここにフラップを流し込んでいます。
フラップは玉縁に収納できます。一説には、雨が降ってきたときに雨蓋の役割をするなどとも言われるディテールです。

P8222371.jpg

P8222372.jpg

元々、このボタンがついていたコートには小ボタンがありませんでした。そこで、今回想像で作ったのがこの袖口と台襟に使っているボタン。
一度、既製品のボタンもつけてみたのですがどうにも雰囲気が合わない。そこで、作ってしまいました。

P8222373.jpg

袖口カフス、裏は綿綾織生地で厚みを減らし、袖裏はキュプラですべり良く仕上げています。

P8222374.jpg

P8222376.jpg

身頃裏はコットン綾織生地。
左右胸には内ポケットがあり、ちょうどiphone6が入る程度の大きさ。
その下にはサイズネームがつけられています。

P8222378.jpg

モールスキンもバックサテンも大きな意味では「朱子織」。タテもしくはヨコ、どちらかが本数多く表に出ている組織です。生地の厚みがあり、柔らか。

ただ弱点は、糸が長く表に走っている分、摩擦や引っかかりには弱いです。実際、モールスキンも着ているといつの間にか「ポロ」っと糸が切れている時があります。
もし気になるようであればほんのわずか、布用や木工ボンドでも良いのですが、その部分につけてあげると織組織がほぐれていかないので長持ちします。

P8222379.jpg

アーチがかった身幅から裾にかけてのライン。
カーブした腕と計算されつくしたシルエットは、ワーカーズならでは。
着た時のシルエットは、抜群なのは言うまでもありません。

ワークウェアの要素を残しつつ綺麗めなスタイルにも合わせられるテッズジャケット。
名前の由来は、テッズさんというペインター業を営んでいる方が、先の写真を持ち込み依頼して作られたことから冠となりました。
僕も一度園写真集を拝見しましたが、古いアメリカの写真集で、その中の小さな小さな写真の一部。ルーペで確認しないとよく見えない、そんな写真から生まれてます。

その小さな写真を見つけ作ってくれと言う方も凄いですが、ソレを又作っちゃうワーカーズさんもコレマタ凄い(笑)

思い入れのある一着です。
毎シーズンリリースすることはないので、ラストチャンスの可能性もあります。

是非この機会にお買い求めください!!

Teds Jacket, Moleskin

スポンサーサイト




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/4832-ad11b1d0