FC2ブログ
2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11
983_54b5e957bf01a.jpg
165cm 62kg Sサイズ着

最もオーソドックスなカウボーイデニム。
ワンウォッシュしたSサイズを履いています。
洗い方、干し方によってリジットデニムの縮み幅が微妙に変わってきます。
最初の一発目の洗いで随分と縮みが発生します。
メーカーにもよりますが、ブルコの場合は縦の縮みが多かったですね。
2~3度目は、ソレほど縮まず、履き込んでいくと今度は伸びてきます。

7_201506041314379e3.jpg
165㎝ 62kg Mサイズ着

Denim:STD Slim Denim Pants -Indigo-

お次はスリムスタンダードデニムです。
Sサイズは履けないこともないですが、ムチムチなのでワンサイズアップのMサイズを履いてます。
ウェストはこぶし一つはいるくらい余裕があります。
ワタリも多少の余裕がありますが、縮むと丁度良いサイズになると思います。

未洗いなので、先ほども言いましたが、コレから約3%程度縮みが発生します。

未洗いの時点で、かなり細くタイトなシルエット。
股上も浅く、履くと身が引き締まる思いです(笑)

1672_552df3187250c.jpg
165㎝ 62kg Sサイズ着

Denim:Knickers Denim Pants

フロントショットでは解りずらいですね。
ウェストはやや余裕ありなジャストサイズ。
こちらも未洗いです。
ワタリはかなり余裕があり、膝下からはタイトなシルエット。
横からのアングルのほうが解りやすいですね。

983_54b5e95829be2.jpg

Denim:COWBOY DENIM PANTS -Indigo-

ワタリ、膝巾、裾巾と余裕のあるシルエット。
エンジニアブーツもスポッとはいります。

6_20150604131436bad.jpg

Denim:STD Slim Denim Pants -Indigo-

見た目からしてかなりタイトなシルエット。
これでワンサイズアップです(笑)
チョット肥満気味ですねw
エンジニアブーツは履けるには履けますが、手で押し込むような感じです。
スニーカーがベストな選択ですかね。

1672_552df318d0b0a.jpg

Denim:Knickers Denim Pants

サイドショットが最も解りやすいニッカーズデニム。
ワタリが広く、膝下からがタイトな都会派デニム。
オーバーサイズで、古き良き開拓ヴィンテージデニムのような履き方もおススメです。

983_54b5e958881e1.jpg

最後にバックショット。
カウボーイデニムは、全体的に楽ちんですね。
ポケットのネジレが最大の特徴です!!

5_20150604131418f8b.jpg

ヒップも食い込むサイズ感。というよりも肥満です(笑)
グッと引き締まったヒップラインは、久々に味わったスリムデニムの特徴ですね。
運動してヒップを引き締めないとと写真を撮って良く解りました(笑)

1672_552df3193b99e.jpg

ニッカーズデニムはヒップ、ワタリ共に余裕あり。
独特な形状のニッカーズデニムは、3種のデニムの中でも最もオールマイティにスニーカー、ブーツと合わせられそうです。
癖がありそうに見えますが、意外と履きこなし易いデニムです。

以上履き比べでした。

3種3様と言いましたが、全てパターンが違うので、ブーツに合わせるとき、スニーカーに合わせるとき、バイクを乗るとき、普段着として、等々シチュエーションに合わせてコーディネートしても良いですね。

カウボーイデニム以外は未洗いなので、縮んだ後のシルエットは又違って見えます。
全て洗いをかければよいのですが、洗いを自分でかけ楽しむのも、デニムの特徴でもあります。

デニムの洗い方に関しては、ネット上で検索すると沢山ヒットします。
そちらを参考にして、是非ご自身の手で育ててみてください!!

スポンサーサイト




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/4558-6c191ac4