FC2ブログ
2020 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 02
Queen of the road 2012-04-20
fgtdc (26)
古着好きな方ならご存知のBoss of the road。

そのビンテージのBoss of the roadをお手本にできる限りの再現を試みました。
fgtdc (24)
WORKERSでは通常、ビンテージそのままではなく型紙にある程度のアレンジを加えるのですが今回はオリジナルそのまま。
cat1.jpg
というのも、アームホールが細く、袖も細い。現代の視点からもちょうどよいと思える型紙であったためです。若干、肩幅が広いのは、このジャケットの持ち味と思っていただければ幸いです。
fgtdc (19)
生地は、タテ糸、青い部分にインディゴ染めをしたヒッコリー。ワンウォッシュ程度ではどす黒いような色ですが、石を入れて長時間洗ったものを見るときれいにブルーに落ちていきます。
fgtdc (14)
Bossのトレードマークが犬なので、WORKERSではやはり猫。ブランドもBossに対抗してQueenとしました。

こういった遊び心大好きですww

fgtdc (88)
(165㎝ 57㎏ Sサイズ着)
適度なゆとりある身幅に、絶妙な着丈。
ブーツで武骨な着まわしもでイイし、ドレスシューズなどで少し遊んでもカッコイイかと思います!!

ヒッコリーストライプ物のJKTは一着あると何かと重宝するんで、是非ワードローブに付け加えて下さいね!!

ではでは~~

【WORKERS】 Queen of the road

”補足”
BOSS OF THE ROADとは

1800年代後半よりアメリカのワーク・クロージングを約70年間に渡り支えてきたブランドが"BOSS OF THE ROAD"です。愛好家の間で定評のあるブランドで、ネームのモチーフに闘犬(ブルドッグ)を使うなど、頑丈で耐久性に富んでいることを強調しています。60年代になると大手ジーンズメーカーの傘下となり大量生産されるようになりますが、それ以前のモデルに見られた生産工程においての手作業によるディテールは消滅していきました。60年代以前に生産された"BOSS OF THE ROAD"はもちろん生産数が極めて少なく、現在では非常に入手困難になっています。もちろん今現在でもそのネームバリューは衰えず、コレクターの間でもメジャーなブランドの一つです。
スポンサーサイト




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/1915-e7bbb0f9