FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09
最強の一着 2011-11-24
eeed (5)
昨日サラッと紹介したB-11
タイトル通り、最強な一着。
バイク乗りにとって寒さは最大の悩みですよね。
寒さだけをしのぐには、さまざまなJKTが存在しますが、バイクに乗った際の事を考えて作られるJKTは少ないと思います。
勿論寒さだけではなく、動きやすさ、シルエットなどなどバイク乗りにしか解らない悩みは多々あります~
昔から軍物アイテムは、バイク乗りにとって必要不可欠な存在。
汚れを気にせずに走れ、防寒性はもちろん、機能性等にも優れている軍物アイテム。
その中でも最強を誇るのが、B-11を中心とした、ヴェリーへヴィーゾーンと言われるJKT達です。

飛行服大図鑑より抜粋

はじめがLIGHT ZONE(ライトゾーン)。ちなみに摂氏50度から30度までの気温域がベリーライトゾーンで、30度から10度までをライトゾーンと呼んでいます。30度から10度ではジャケットは不要な気もしますが、レシプロの飛行機などで舞い上がると危険な状態になったらしいです。ここではA-1からA-2、L-2(A、B)の他CWU-36/Pまで掲載。特にA-2はバックペイントやディテールも詳細に掲載されているので必見です。

次がINTERMIDIATE ZONE(インターミディエートゾーン)。このジャケットは10度からマイナス10度の気温域を対象としている。こちらはB-6、M-422から始まるG-1タイプ、B-10、B-15(A、B、C、D、各モデファイ)、MA-1、WEP、CWU-45/Pまで掲載。トラウザーズの写真もしっかり掲載されています。ところでこの本ではボアの無いAN-J-3Aの写真が掲載されています。ラベルが無いので全く所在の不明なジャケットですが、前立ても無く、バックスタイルも背中の中央より上部で縫合された跡がある謎なジャケットです。

最後に10度から-30度までの気温帯を対象としたHEAVY ZONE(ヘビーゾーン)。これまたちなみに-30度から-50度がベリーヘビーゾーン、またはエクストラヘビーゾーンと呼ばれてます。こちらはB-2からB-3、M445、B-7、9、11、の他AL-1やデッキジャケットも掲載されており、最後の方にN-2(A、B)、N-3(A、B)がトラウザーズと掲載されています。

まぁふつうに考えて、摂氏30℃という過酷な状況は日本では体感できませんが、真冬にバイクに乗り感じる体感気温は、摂氏何度の世界です。

チョット話がそれましたが、商品の紹介をしますねw
lopdds (20)
オリジナルのB-11にも見られるムートンボア。
lopdds (46)
袖口までビッシリと詰められた、アルカパファー。
lopdds (18)
風の侵入を防ぐインナーリブ。
lopdds (45)
扇形TALONジップに、グローブをはめたままでも脱着し易くレザーがあしらわれています。

b-11 jkt
(165㎝ 57㎏ Sサイズ着)
身幅を狭めることにより、バタつきを防ぐと同時に。温かい空気が逃げず防寒性も増します。

お値段は張りますが、一生愛用できる珠玉な一着。

是非年々冷え込む冬の、最強の防寒着としてワードローブに付け加えて下さい。

ではでは~~





スポンサーサイト




コメント非表示
TrackBackURL↓
http://rooster0109.blog114.fc2.com/tb.php/1768-da5b0940