FC2ブログ
本日も 2020-10-21
P9270118_202010211912507e2.jpg

本日もご来店ご注文ありがとうございました!!
リペアーでバタバタしててなかなかブログできませんでしたすみません!!!

開けて金曜日はトロフィーさんからN-1等冬物が入荷~
待ちきれないですよね(笑)

それでは休み明けもどうかよろしくお願いいたします!!!

スポンサーサイト



1_202010211509241bb.jpg
165cm 65kg Sサイズ着

Sweater;USN Cotton Sweater
Pants:Officer Trousers, Vintage, Type 1, USMC Khaki
Knit Cap:Watch Cap

前期に比べ着丈がおよそ4㎝程度長いです。
後程比較の画像で検証します。

2_202010211509245f1.jpg

着古し褪せた色味の新色ファレッドブラック。
真っ黒だと重たくなりがちですが、褪せた雰囲気とこのデザインがマッチしてて、凄く良いですね~

3_202010211509258dd.jpg

コチラのトップは去年のモデルです。

5_20201021150928f54.jpg

Sweater:Henley Neck Sweater
Denim:Lot 801 Straight Jeans
Cap:Wool Baspue

コチラは今年のモデルです。

着丈が長いのが見て取れますね。

4_20201021150927485.jpg

6_202010211509305f8.jpg

うーんいまいちわかりづらいかな(笑)

4㎝なので結構違います~

元々の去年までのがタイトなヴィンテージシルエットだったので、今年のモデルのほうが適度な長さなので合わせやすいかなと思います。
どうぞご検討ください!!


PA160005_20201020171027348.jpg
Henley Neck Sweater

毎年好評のUSN Cotton Sweater シリーズ。

新色のFaded Black。色が褪せたブラックを最初から狙って染めています。真っ黒だと、ちょっとカジュアルというよりDCっぽく見えるので、少しだけ色褪せて。Gジャンや、12月末に登場予定のL-2Bと合わせても。

ヘンリーネックはビンテージのおそらくウール下着からネック回りのディテールを取りました。オフセットされた開き、半円形に折り返して縫われた後ろネック、傾斜が無い肩。
おそらく、裁断の都合からこのようなディテールが考えられたのではないかと推測しています。肩からネックにかけて、一筆で裁断できるからです。WORKERSバージョンも肩傾斜は無し。まっすぐ。そのため袖ぐりがゆったりと、落ちる感じ。

PA160022_20201021133321f7e.jpg
ファレッドブラック

PA160010_202010201710297d9.jpg
ホワイト

6_20201021130748eea.jpg

先ずは参考にしたオリジナル。
ウールの肌着?らしき一枚。異様に長い丈、傾斜の無い肩。

8_2020102113075189f.jpg

フロントネックをくりぬくように半円に切り、それが後ろ身頃側に縫い付けられています。WORKERS作成版は、前・後ろは別々の身頃ですが、ネックの形状、肩傾斜は見本を忠実に真似ています。

PA160023.jpg

PA160011_20201021130754dcd.jpg

3-4_20201021130742b54.jpg

7_20201021130750687.jpg

フロントはオリジナルより1ボタン分浅く。別布を使った前開き。

3-1_20201021130741e91.jpg

3-8.jpg

ボタンは豪華に貝ボタン。クラシックなビンテージの肌着系みると、ボタンはたいてい貝なので。

4-1_202010211307452b6.jpg

この襟回り、実際に着るとボートネック気味。中に今回はTシャツを合わせていますが、丸首のサーマルを合わせると、いかにもクラシックな雰囲気になります。
ネックが開いている分、少し大きめのバンダナやシルクストールを中に入れても首元が寂しくないかつ、暖かでおすすめです。

PA160027.jpg

PA160043.jpg

2-1_20201021123015b7d.jpg

裾リブのつなぎ合わせ、突端はカンヌキで補強。

2-2_20201021123016ae3.jpg

2-3_202010211230180a1.jpg

裏から。縫い合わせた身頃・リブは「マタギ」と呼ぶ、扁平縫いで縫い合わせが平らになるようつぶしています。二度縫っているので強度もばっちり。

PA160032.jpg

PA160020.jpg

今期新登場のヘンリーネックVer。
こういうヘンリーネック、古い年代をモデルにした映画を見るとよく見かけますよね~
ここ数シーズンリリースがなかったので、待望の復活万歳って方も多いと思います!!

インナーにシャツを合わせてセーター風にも◎

今時期の即戦力。
お早めにどうぞ!!

Henley Neck Sweater

PA160035_2020102017103267f.jpg
USN Cotton Sweater

毎年好評のUSN Cotton Sweater シリーズ。

新色のFaded Black。色が褪せたブラックを最初から狙って染めています。真っ黒だと、ちょっとカジュアルというよりDCっぽく見えるので、少しだけ色褪せて。Gジャンや、12月末に登場予定のL-2Bと合わせても。

身頃は極厚の天竺。編み組織自体はT シャツと同じ「天竺」ですが、極太糸を何本も編み針に突っ込んで編むことで、スウェットやセーターのような厚みに。がっしり、しっかりした生地ですが、ちょっとしっ かりしすぎなので昨年から仕上げで少しもみ込み柔らかく。これもやりすぎると、柔らかくなりすぎるので加減して。

PA160037.jpg
ファレッドブラック

PA160046.jpg
ホワイト

PA160038.jpg

PA160047.jpg

PA160039.jpg

首リブはいわゆる「針抜き」で段のあるもの。袖口に使った「総針」と呼ばれる段の無いリブよりも若干ゆるい。そも緩さが首が閉まった感じがしない。でもその分、寸法は若干締め気味に作らないとゆるゆるになってしまう。

カットソーのパターンを作るときに一番気を付けるのが

「頭は通るよう伸びる、でも着た後は首に沿う」事。単純に身頃の首回りの寸法だけでなく、首のリブにどの程度のキックバック(戻りがある素材)を使うか?縫い方はバインダーなのか、つけ襟なのか?つけ襟なら、身頃とリブの差寸はどの程度つけるのか?
経験則を活かしながらも、やはりサンプルを何回も作り検討します。私は、新型を作るときは身頃全体を作る前に、まず首回りだけ作って頭が通り、首に沿う、思った形状になっているか確認してから全体のサンプル作りに入るようにしています。

1-7_20201021123013a71.jpg

後ろネックの脇側にタテハギあり。このタテハギは中に入って見えませんが、ゴロゴロしないようになるべく薄く。

1-4_202010211230115cd.jpg

PA160049.jpg

PA160041.jpg

PA160043.jpg

PA160051.jpg

袖口・裾はリブでフィット。目が違い、袖口は「総針」を二重に折って袖につける。一方、裾は一枚の状態で「針抜き」リブを身頃につけています。

腰回りは薄くして、よりセーターらしく。袖口はスウェット風に着脱ぎが楽かつ、ゆるくならないように二重に。

2-1_20201021123015b7d.jpg

裾リブのつなぎ合わせ、突端はカンヌキで補強。

2-2_20201021123016ae3.jpg

2-3_202010211230180a1.jpg

裏から。縫い合わせた身頃・リブは「マタギ」と呼ぶ、扁平縫いで縫い合わせが平らになるようつぶしています。二度縫っているので強度もばっちり。

PA160044.jpg

PA160053.jpg

シャツの上はもちろん、コットンなのでチクチクしないのでTシャツの上に1枚でも着て頂けます。

製品はノンウォッシュです。ギチギチに詰めて編んでいるので洗いによる寸法変化は小さいです。

今期のモデルは前期よりも着丈が4㎝程度長めの設定です。

毎年看板御礼のワーカーズ秋冬の定番コットンセーター。
コットンセーターなので、ウールのチクチク感もないですし、洗濯も楽チン。
ギシギシに詰まってるので、重みもありますし防寒性もバッチリ!!
起毛したスウェットよりも防寒性があるかと思います~(毎年僕はお世話になってるので)

今時期の即戦力♪
お早めにどうぞ!!

USN Cotton Sweater