FC2ブログ
本日も 2020-09-10
2_202009101930408f0.jpg

久々にバイク見た気がします(笑)
猛暑→台風→残暑

っとは言え、風も涼しく気持ちが良いですよね!!!

ご来店ありがとうですぅ~
どうぞよろしく(笑)

あすから週末にかけ天気が崩れますね(涙)

天気が回復するように!!!!!

では明日も張り切って営業ですので、ご来店ご注文お待ちしております!!



スポンサーサイト



Made in Japan 2020-09-10
27_20200910152334464.jpg

以下アディクトHPより抜粋

私達のプロダクトのメインマテリアルである革、私達はこの革にとても深い拘りがあります。

15年前にブリティッシュヴィンテージバイカーウェアの専門店として創業しましたが、それらはデザインはもちろん、革にもアメリカンヴィンテージと比べ大きな違いがあります。バイカージャケット用に厚みがありながらも軽量で柔らかいシープスキン、柔らかく手触りの良いホースハイドなど、同じ革でもアメリカらしい屈強なマテリアルとは違う魅力に私達は夢中になっていました。更に私達はその革が何十年と経過し、ヴィンテージウェアとなった後の姿も数多く見ています。

29_202009101523354ac.jpg

しかし既成革では、私達のニッチなプロダクトに合う革を見つけることができませんでした。そこで私達はいくつかのレザータンナーに連絡し、私達の熱意を説明しました。その時最も熱心に話を聞いてくれたレザータンナーに、いくつものカバンの中にお気に入りのヴィンテージジャケットを詰め込んで向かいました。

その出会いから現在に至るまで、皮が革に変わる為にどう作られているか、好みの革を作るにはどういう理論なのかを学んでいきます。そしてそのタンナーとは深いパートナーシップで今でも取引をしています。

30.jpg

特に茶色の芯を持つ厚みのあるシープスキンは難しく、体が小さく皮が薄い羊から厚い革を作らなければいけません。その為に何度もテストを繰り返し、納得のできる革を作りました。そしてその革を使用して作ったジャケットを繰り返し着て、更に気になる部分を改善していきます。そうして幾度もの改良を加え、現在使用している革が作られました。

31.jpg

ご存じの通り、私達のレザージャケットはヴィンテージカルチャーから強い影響を受けています。その為ジャケット自体に独創的なデザインをすることはありませんが、革自体を作りデザインするようにしています。その革でジャケットがどのような着心地になり、どのように経年変化していくのか。

32_202009101523401cb.jpg

33_20200910152341ce7.jpg

34.jpg

私達のブランド名の最後にはJAPANの文字が刻まれます。日本人の私達が外国のカルチャーから受けた影響を、日本の技術を用いて日本国内はもちろん、私達が影響を受けた外国にも再び広めていく。

プロダクトを通じて私達の熱意を伝えていくことはもちろん、日本の技術の高さを広めていくことにも貢献したいと思っています。

35.jpg

36_20200910152346f06.jpg

37_20200910152347fb5.jpg

38_20200910152349b35.jpg

原皮の原産国のイメージが強いですが(主にイタリアやイギリス、アメリカ)、その原皮から毛や汚れを落とし皆さんが目にするレザーにするため行うのが鞣しです。
革を柔くで鞣。読んで字の如くですね。
その技術者をタンナーと呼び、その技術は世界一と言っても過言ではないです。

皮から革へ。

その世界一の技術で作り上げられたアディクトクローズのレザー。

どうぞその技術に触れてください!!




GM 2020-09-10
5_20200910131130f9d.jpg

本日木曜日は月曜日の振り替えでお店をオープンしてます~
どうぞお近くにお立ち寄りの際は、ご来店ください♪

今日は週末のディスプレイのセッチングを少しばかり~
どうぞご期待ください!!!!

それでは本日もどうぞよろしくお願いしまっす!!