FC2ブログ
L1053940.jpg
Brat Style Slim Narrow Denim

本日もご来店ご注文誠にありがとうございましたー
今日も一日中雨降り。
今週踏ん張ったら来週はいよいよ梅雨明けな雰囲気~
今年は過去一番梅雨入りが遅く、梅雨期間が短かったので水不足が心配されますね。。

それはそうと明日はトロフィーさんから新商品が届きます♪
毎回どのメーカーさんからも言えますが、新商品って気分が上がりますね(笑)

画像はトロフィーさんから拝借。
ブラッドスタイルさんとのコラボデニムです。
昨年は周年記念でTシャツをコラボしているので、デニムは第二弾となりますー
ヨーロッパなど海外では主流のナローデニムが新登場。
今までにない、股上の浅いスーパースリムな一本となります。
僕自信ないのですが、明日チャレンジします(笑)

今後も展開されていくみたいで、楽しみが増えますね

それでは明日も張り切って営業です。
ご来店ご注文お待ちしております!!

スポンサーサイト



4_201907191750557ff.jpg
165cm 65kg 32インチ着

Shirts:Narrow Round Collar Shirt, Gingham Broadcloth
Pants:Officer Trousers, Slim-Fit, Type 2, USMC Khaki
Baspue:Russel Baspue
Shoes:Tanker Boots

スリムフィットの試着例。

1_20190719175050bd1.jpg
165cm 65kg 32インチ着

Shirts:Narrow Round Collar Shirt, Gingham Broadcloth
Pants:Officer Trousers, Standard-Fit, Type2, USMC Khaki
Baspue:Russel Baspue
Shoes:Tanker Boots

コチラはスタンダードフィット。

膝から下が顕著に表れていますねー

5_20190719175056b34.jpg

2_20190719175052526.jpg

サイドショットは尚更わかりやすいですね~
裾巾がスッキリなスリムフィットに、少したるみのあるスタンダードフィット。

6_20190719175058179.jpg

3_20190719175053505.jpg

ヒップ回りはそれ程変わらず、どちらも余裕あり。

お好きなシルエットをどうぞお試しください!!!

おなじみ、古今様々なチノパンを混ぜて作ったWorkers Officer Trousers。19FWは「Class2」、脇が巻き縫いバージョンをお届けします。

P7155239.jpg
Officer Trousers, Slim-Fit, Type 2, USMC Khaki

定番のSlimFit。膝から裾にかけてすっきりと。18センチ前後の裾幅で、これ以上細くするとテーパードになってしまうギリギリSlimFitと言える寸法。仕様はクラシックに、フロントはボタンフライ。ポケットは手の入れやすさを考えて斜め切り替えポケット。バックポケットはフラップ付の玉縁ポケット。ダーツを斜めに取ることで、分量をたくさん取れます。これにより、Slimでありながら、ヒップ周りは適度な丸みを持った穿きやすく綺麗なシルエットを作り出しています。

P7155279.jpg
Officer Trousers, Standard-Fit, Type2, USMC Khaki

Standard は裾幅21.5 センチ 近辺。以前作ったVintage(裾幅24 センチ近辺)、太くてかわいいのですが、ちょっと着る機会を選ぶカジュアルさがあ る。そこで、Slim よりは太い、Vintage よりは細い、Standard Fitの型紙を作りました。

スリム、スタンダード共に素材は10オンスクラスの高密度チノ。USMCKhakiはWORKERS別注品。

P7155259.jpg
Officer Trousers, Standard-Fit, Type2, Chacoal Grey Chino

素材は10オンスクラスの高密度チノ。Chacoalというか、色の名前に迷ったのですが、少しブラウン味がかったグレーというか。でもいわゆる「茶色」ではない。オリーブ以上に万能で、おそらく、この生地と同じトーンのアウターは中々ありません。そのため、上に何を合わせてもトーンが一緒に成って合わせ方に悩む・・・ということがありません。

スリムフィットとスタンダードフィット。
仕様はヒップポケットの形、シルエットの相違くらいなので、一緒に説明いたします。

P7155240.jpg
スリムフィット

P7155260.jpg
スタンダードフィット

見比べてもわかりづらいですが、履くと全く異なるシルエットと履き心地となります。

P7155241.jpg

ポケットは手の入れやすさを考えて斜め切り替えポケット。

P7155262.jpg

Chacoalのみ、ボタンの形状を変えています。

P7155243.jpg

フロントはボタンフライ。

2-7_201907191703518eb.jpg

トップボタン、ホール側を薄く仕上げているのであまり高くない根巻をしています。他の部分はベタ付けです。

2-6.jpg

小股のダブルステッチ。チノパンというと良くあるのがここはステッチ無し。でもあえてWorkers Officer Trousersでは入れています。まず第一に強度の問題。やはり押さえステッチが入る方が強度は高い。さらに、ビンテージもここにステッチありも存在します。それを見た時に

「単純にチノパンと言えばこの仕様というのにとらわれるのではなく、機能を考え、もっと柔軟に考えるべき」と改めた部分です。

P7155264.jpg

右身頃側には細い両玉縁のコインポケット。機能性はさしてないですが、チノパンならではのディテール。ただ・・・パターンを作るとき、特に小さいサイズになると非常に邪魔です。簡単にポケットも小さくしてしまえば良いではないかと思われるかもしれませんが、そうなるとポケットとして機能しません。機能を残すためにポケットの大きさは変えたくない、でも小さくなる身頃は入れる場所がドンドン狭くなる。今作っている28サイズ=72-3センチウェストがギリギリポケットが入る寸法です。

P7155245.jpg

P7155266_20190719170647f3a.jpg

1-6_20190719170722a09.jpg

後ろ中心は巻きにせず今回も割りにしました。Slimはヒップ周りがある程度フィットします。そうなると、巻き縫いがごろごろするよりは割りのほうが体への当たりが少ない。ただ、割縫いは強度は低いのでこの部分の地縫いは二度縫いをしています。

P7155247.jpg

スリムフィット

P7155267.jpg

スタンダードフィット

P7195329.jpg

分かりやすく比べてみました。

P7195331.jpg

膝部分

P7195330.jpg

裾巾

股上の深さも違うので一概には言えませんが、膝上までは一緒で、膝から下がスッキリとなシルエット。
この微妙な差ではありますが、すごい大きい差に気付くのは履き比べをした時ですね(笑)

P7155248.jpg

スリムフィットは、エンジニアブーツなどとは相性が良くないです。
ローカットなシューズ系、スニーカーなどを合わせるならコチラかな。

P7155268.jpg

スリムフィットに比べてややユッタリなだけで、特段太くはありません。
ヴィンテージフィットと言うモデルが最も太く中間的なシルエットです。

P7155250.jpg

P7155270.jpg

俗に、「USMCのチノパン」と呼ばれるものを参考に。外に向かって斜めに走る一本のダーツ。Army Officer Trousersのように二本分散も良いのですが、一本である程度分量を取ろうとすると距離が欲しい。その距離を稼ぐために横方向に倒しています。

DSC_0985.jpg

ダーツを取ってゆるやかな丸みのあるヒップ。ここがチノパンとジーンズの違うところ。たった一本ですが、ダーツを入れることで丸みを作れる。イメージは、ジーンズで言えば1サイズ大きなヒップ・ウェストのパターン、それのウェストをダーツでつまむという感覚。だから、ヒップが突っ張らない、尻ぐりが食い込みづらい。
人間の体はヒップにしろ、足の側面・前面・内また側、どこもまっすぐではありません。それを、ダーツやパターン線で体に沿いながら、適度なゆとりを入れてシルエットを作るのですが、ジーンズ、特にセルビッジジーンズの場合、脇線がまっすぐ、ダーツは無しという制約があります。それを無理やりはくのがジーンズの良さ。それとは違い、パターンで体に沿ったシルエットを作れるのがチノパンの良さ。

3-5.jpg


後ろポケット、フラップ+片玉縁。ボタン付なので、玉縁の口が開きません。

DSC_0993.jpg

背面がSlimとの違いで細い両玉縁になっています。ほとんど好みの世界ですが、Slimよりは若干ゆったりしている分後ろポケット口が開きづらいのでフラップよりは細両玉で・・・とデザインを決定しました。

P7155249.jpg

P7155254.jpg

P7155269.jpg

P7155274.jpg

P7155291.jpg

P7155296.jpg

チノカーキ、デニムと同様どの家庭のワードローブにも一本は眠っている定番トラウザース。
カジュアルに、綺麗目に、オンオフ問わず年中無休ですよね。

数多くのチノカーキ(ミリタリー物が起源なので多く存在します)を見てきたワーカーズ代表の舘野さんが数年前に導き出したのがコチラのモデルです。

2年前にヴィンテージフィットが登場しコチラが最もゆったりなシルエットとなります。
スタンダードフィットは中間、スリムフィットが一番スッキリなイメージとしてとらえてください。

兎に角履いてみてください!!
普通にカッコいい!!!
この普通がワーカーズさんの真骨頂な気がします(笑)

どうぞお試しあれ!!!

1_20190719153714797.jpg
165cm 65kg Sサイズ着

JKT:RAF PARKA, Ventile, Russet
Pants:Officer Trousers, Standard-Fit, Type2, USMC Khaki
Baspue:Russel Baspue
Shoes:Tanker Boots

ミリタリーの使い勝手のよいディティールですが、ミリタリージャケットほどカジュアルしすぎないのが◎
やはり質の良いベンタイルコットンが影響しているんじゃないかなと。

身幅はある程度の余裕を持たせ、一重なのでインナーにジャケットなども羽織れます。
個人的にラフパーカは、インナーにライダースを合わせた着方をお勧めします!!

防寒性もバッチリですし、尚且つ冬場でもライダースを纏いたいという方にお勧めですね!!

2_20190719153715b21.jpg

着丈はシャツの裾が見えない程度の長さ。

毎回引き合いの多い鉄板ジャケットです。
お早めに是非どうぞ!!!

P7155213.jpg
RAF PARKA, Ventile, Russet

お待たせしました、久しぶりに登場RAF PARKA。
イギリス・カナダ系のミリタリーパーカーから着想した一重のパーカー。 この数年、アメリカものとは一味違うデザインに惹かれRoyal Air Force(イギリス空軍)やカナダ軍系のオーバーパーカを買い集めデザインを勉強しました。

フロントが斜めに、ポケットは四角系が多いといった特徴を一つにまとめ。腰ポケットは左右にハンドウォーマーがある二重構造。フードはミリタリーウェアとは全く別のアウトドアウェアから着想。フードが後ろに抜けてしまうと首回りに締まりがありません。そこで、襟に切り替え線を入れ、フードを差し込んで います。フロントはイギリス風のデザインを取り入れたファスナー+ 大型のボタン。シルエット自体はWORKERS で言うとマウンテンパーカーに近い。少しゆったり目。

P7155215.jpg

素材は平織のベンタイル。40番双糸、20 番クラスの糸を高密度に平織したうえで撥水加工が施されています。国産ベンタイル、綾織・平織、糸も60 番双糸/40 番双糸と織り、厚みがいろいろあります。
このRAF PARKA はパリっとした風合いが欲しかったので平織を。また、厚みもある程度欲しいので厚い方の40 番双糸バージョンを使いました。 中にジャケットは裏地が無いのでお勧めしませんが、他は何を合わせでも着やすく・動きやすいよう、適度なゆとりを つけています。

3_20190719135515b6a.jpg

羽襟にフードを流し込んだ襟周り。首回りにフードだけではない何かをつけたい。ビンテージで無理やり首リブをつけているのを見て、そのあたりから考えていました。
ただ、古着で見るのは「綺麗とか汚いとかではなく、機能を果たせばよい」といった縫い方。これでは無い、もっときれいで、機能的でを考えていいるうちに現代のアウトドアウェアからこの「羽襟の切り替え線にフードを流し込む」という方法を見つけました。

P7155217.jpg

5_201907191356155ec.jpg

裏襟が途中で台形に分かれ、そこにフードを流し込んでいます。

P7155221.jpg

フードのスピンドル(紐)は太目のワックスコード。先は金属チップで止め、革の調整具。細かな部分ですが、ミリタリー的な雰囲気のあるごつい付属を使っています。

P7155222.jpg

背中心にはイギリスミリタリー風のネームが。

P7155223.jpg

ラグランスリーブ。

P7155224_20190719140007d46.jpg

P7155226.jpg

左胸ポケットはペン刺し付き。ペン刺しにマチがついたデザイン。参考にした1950年代のRoyal Air Forceのパーカーから得ました。

P7155227.jpg

P7155228.jpg

P7155229.jpg

P7155230.jpg

腰はWORKERSおなじみ、二重ポケット。脇からはハンドウォーマーに、上部からはまた別の部屋に物が入ります。 上部からの部屋、ゆとりをつけてあるのである程度厚みのあるものでも収納可能。

P7155231.jpg

P7155232.jpg

袖口調節タブの当て布をテープから表共生地に変更。テープだとどうしても縮率が表地と違うのでなじみが悪い。そこで、表と同じ生地に。さらに、テープ状に流すのではなく、袖口に向かって流す。これで、タブをつける部分、補強布をつける部分が重ならなくなるので厚みが軽減されています。

P7155233.jpg

フラップ+ジップ

P7155234.jpg

ファスナーもちょっとデザインをアメリカ的な物からヨーロッパ的な物に変えています。刺しもアメリカ式の左ではなく右刺し。

P7155235_201907191406293eb.jpg

久々の再販となった人気のラフパーカ。
一重で重宝するミリタリージャケット。
バイク乗りの方にも好評で、フラップ+ファスナー+チンストで風をカット。

6_201907191414572db.jpg

冬場のフードは保温にも適し、雨を弾くベンタイルは軽い雨なら弾きます。
ラグランスリーブなので、ライダースのアウターとしても合わせやすく、多機能ポケットは、バッグいらずなくらいの容量も確保。

まーあれです。
抜群なんです!!!!

RAF PARKA, Ventile, Russet


お早めにどぞ(笑)

GM 2019-07-19
P4062491.jpg
AD-S-02 STEERHIDE LACE-UP BOOTS -Black-

今朝まで警報が解除されず、小学校も休校。
出勤中は雨が降ってましたが、現在は小康状態。
峠は越えたかな?

それでは本日も張り切って営業です!!
ご来店ご注文こころよりお待ちしております!!