FC2ブログ
FRONTEND MAG #43 2018-04-05
P4024675.jpg
FRONTEND MAG #43

独特な視点でコアなファンの多いフロントエンドマガジンの最新号が入荷しました。

書店に並んでいる雑誌と一線を画した、独自のアプローチは唯一無二。
今号もヴィンテージハーレー、ホットロッド、ガレージ特集等見どころ十二分の内容となっています。

P4024676.jpg

今号は特に持っておいて損のない濃密な内容となってます。

P4024677.jpg

圧倒的なナックルだらけの光景。

P4024678.jpg

P4024679.jpg

P4024680.jpg

P4024681.jpg

P4024682.jpg

ガレージ特集は特に男心くすぐる内容ですよね♪

ホットロッドカーとヴィンテージハーレーな組み合わせなんて、男なら一度は夢見る光景(笑)
自分の場合はお店がガレージな雰囲気で作ったので、自分の好きな空間で仕事が出来るだけ幸せを感じます~

書店に並ぶ雑誌に掲載されることのないコアなアプローチが魅力なフロントエンドマガジン。
創刊号のフリーペーパー時代から取り扱ってますが、毎号ほんっと楽しい一冊です。

是非ご堪能ください!!

FRONTEND MAG #43

スポンサーサイト
DICE MAG #78 2018-04-05
P4024665.jpg
DICE MAG #78

ダイスマガジン最新号が入荷しました。

今号も内容盛りだくさんな一冊に仕上がっています。
カスタムの参考に是非ご愛読ください!!

P4024666.jpg

P4024667.jpg

P4024668.jpg

P4024669.jpg

P4024670.jpg

P4024671.jpg

P4024672.jpg

P4024673.jpg

今号は特に自分が好きなカスタム車両が多いです~

チョッパー、ボバー、ストック、ダート、見どころ十二分な内容となっています!!!
是非お手に取ってご堪能ください!!

DICE MAG #78

Coming soon !! 2018-04-05
PA100711_20180405132241a62.jpg
AD-S-02 STEERHIDE LACE-UP BOOTS

6年ぶりとなる新作ブーツ、レースアップブーツが今週末の土曜日に発売となります。
以下アディクトクローズブログ参照

数年前から個人的にレースアップブーツ履きたいと思い始めて、2年前からサンプル作成を開始しました。
私が10年以上レースアップを履いていなかったのは、自身のワードロープがエンジニアブーツをはじめとするバイカー系ウェアが中心だったせいもあるのですが、中々自分の中で丁度良いレースアップブーツと言うのが難しく、疎遠になっていた部分がありました。
見た目も機能もオーバースペックな分厚すぎるソールが付いたり、ハードすぎる雰囲気のレースアップブーツは元々好きではなく、逆にドレス感の強いきれい過ぎる物もちょっと物足りないんですね。
エンジニアの木型を修正し始めた時とレースアップ熱が同時期だったこともあり、サンプルを作り始め、
自分にとって理想のエンジニアブーツを作りそれを販売してきたからこそ、新たな定番となるレースアップブーツを作ることが出来ました。

エンジニアブーツで修正した木型を使用し、型紙はレースアップ用に引き直し、エンジニアブーツよりも更にフィット感が増し履き心地も良くなっています。
私自身も約半年間ほぼ毎日150日は連続で履きました。それくらい履き心地とフォルムの良さに虜になりました。

1_201804051327571f0.jpg

エンジニアブーツはウェルトのステッチをダブルで販売していますが、レースアップはよりシャープに見せる為少しウェルト幅を狭くしてシングルステッチにしています。

更にアイレットとフックはどうしても古い雰囲気を再現したかったので、菊割り用の打ち具を一から作り、
着用時には見えないところまで拘ることが出来ました。
打ち具作るだけで3カ月かかりましたが、とても満足しています。

2_20180405132758d1c.jpg

しばらく発売を中止した甲斐があるとても良いブーツが出来上がりましたので、ぜひ実物を試してみて下さい。

PA100712_20180405132306ffc.jpg
AD-S-01 STEERHIDE ENGINEER BOOTS

しばらく休止していたエンジニアブーツは、元のシルエットはほぼそのままに木型を微調整、
更に足入れをしやすくするためフォルムも微調整しました。
旧型エンジニアブーツに比べ少しだけ小ぶりになりますが、基本的に同じサイズを選んでいただいて大丈夫だと思います。
反ったつま先の形に目が行きがちですが、何より履き心地の良さがこのエンジニアブーツの最大の特徴です。
更に作成当初からずっとアメリカの有名タンナーの革を使用していましたが、今回から国産の革に変更しました。
以前の革も非常に良い革だったのですが、硬さ、コシの強さ等こちらの意図に合わせて調整をしたり、タンナー自身が作る色ではなく、こちらが作りたい色味を再現したくて、レザージャケット同様、ADDICT CLOTHESのカスタムメイドレザーで靴の生産をする為です。
木型だけではなく革も変わり完全に新しく生まれ変わっています。そして底付けは以前同様、福禄寿で1足1足丁寧に仕上げています。

3_20180405133022185.jpg

レザージャケット同様、細やかなディティールまで拘り抜いた新型ブーツ。
使い込まれた表情を思い浮かべ、幾度もサンプルを作りたどり着いた極地がコチラとなります。

ブーツという最も過酷な状況下で使われるアイテムだからこそ、本物を選びたいですね。

土曜日に発売となります。
是非お楽しみにお待ちください!!