FC2ブログ
1_20180214153333ac8.jpg
165cm 60kg Sサイズ着

Shirts:Fatigue Shirt, MIL-Reversed Sateen, OD
Denim:1605 STANDARD DIRT DENIM
Casquette:Gents Caspuette

インナーに薄手のシャンブレーシャツで丁度良いサイズ感。
ボックススタイルの着丈はやや短め。
着丈の長いシャツと合わせる場合はシャツインが良いですね。

2_20180214153335199.jpg

3_20180214153335af1.jpg
165cm 60kg Sサイズ着

Shirts:Fatigue Shirt, MIL-Reversed Sateen, OD
Pants:Workers Officer Trousers Vintage Type 2 USMC Khaki
Cap:Dirt Denim Engineer Cap

デニムにチノにと、ラフに合わせられますね。
カバーオール程度のオンスもあるので、今時期はチョット速いですが2月下旬位から日中暖かくなりはじめてからヘヴィロテで着回しが出来ますね。
個性を出すならワッペンカスタムなどで楽しんでもOKですね!!

4_20180214153336b08.jpg

今からの時期の便利シャツ。
是非お試しください。

スポンサーサイト
P2113156.jpg
Fatigue Shirt, MIL-Reversed Sateen, OD

ファティーグシャツ、春はT シャツやボーダーの上にシャツジャケットとして。スウェットパーカーに合わせてもどこかミスマッチで私は大好きです。

そんなファティーグシャツ、ベーシックな形は古着でも買いやすいのでせっかく作るならば・・・と、ちょっとマニアックにUSMC のデザインにしました。露出しないボタン、機能面はひっかりを無くすため。シンプルな印象にも一役買ってくれます。
さらに、左身頃にボタン付きの内ポケット。とても便利で、小さな財布・携帯電話がしっかり入り、アウターとして一枚で着る時、バッグ代わりになります。

P2113157.jpg

素材はシャツというよりは、カバーオールに近い8.5オンスのバックサテン。WORKERSでは定番のベーカーパンツに使い続けている、あの太番手のバックサテン(18FWのAir Force Bakerは違います)。硫化染めで、洗うごとに色落ちして徐々に柔らかくなる素材。

P2113158.jpg

P2113159.jpg

参考にしたオリジナルより少し小さめにした襟。バランスを考えて、でも現代的な小襟にはなりすぎないように。

ネームは前回、内ポケットにたたきつけだったものを襟首に流し込みにしてサイズが一目でわかるように。

P2113160.jpg

P2113161.jpg

P2113162.jpg

USMCのファティーグシャツ、最大の特徴が表面上ボタンが見えない始末。フラップにも、フロントにもヒヨクがあります。
作るのはとても大変です。無くても良いヒヨクという部品をつける為手間もかかり、厚みが出るので始末も気をつかいます。それでも、全体的にごちゃごちゃしていない、すっきりとした雰囲気、またボタンの引っかかりを気にしないので良いという利点も。

P2113167.jpg

P2113163.jpg

大量に打ったカンヌキ止め。さすがミリタリーウェアは、機能が第一。コストもある程度考えているはずなのですが、工程数は多くとも、結局、持ちがよければそのほうが良い!という考え方なのかなと感じる部分です。

P2113164.jpg

フラップのヒヨク。通常のフラップとは別にもう1枚、手前に生地を抱かせてフラップを作ります。

P2113165.jpg

P2113166.jpg

袖口は普通のシャツの始末。イッテコイと呼ばれるパイピングで開きの処理をしてカフスをつけています。

1_20180214152521323.jpg

左胸側にある内ポケット。開き口はボタンで留められます。iphoneやSUICAケースを入れるのに最適。その横にはフロントのヒヨクが見えます。

P2113169.jpg

シャツ一枚だとチョット肌寒い。
カバーオールほどではなくチョット羽織りたい。
そんなシーンにオススメなファティーグシャツジャケは物凄く便利な一着。

カバーオールに近い8.5オンスのバックサテン。
寒さが残る時期はインナーにシャツやスウェット等を忍ばせれば防寒着としても。
春先はカット―の上からシャツ代わりにと、年中通して着用できる点も人気の秘訣。

以前リリースした際も春が訪れる前に完売した人気シリーズです。

着込むことにより経年変化は勿論、自分流にワッペンやステンシルでカスタムしても良いですね。

Fatigue Shirt, MIL-Reversed Sateen, OD

P2113133_20180214133632027.jpg
Watchman Cool Max Cap

吸水速乾性に優れ、通気性も兼ね備えているクールマックスで編んだWatchman KnitCap。

工場背景を変え、帽体の深さ、折り返しの巾、被った時の締めつけ具合など再度見直し被りやすくなっています。

P2113135.jpg
ブラック

P2113136.jpg
ネイビー

P2113137.jpg
ベージュ

毎年恒例なクールマックス仕様のワッチキャップが今期も登場。

クールマックス®ファブリック
<吸水速乾性 + 通気性 = 総合的な快適さ>

通気性
クールマックス®ファブリックの機能は構造自体に備わったものです。
特別に設計されたこのファイバーを使えば、柔らかく通気性があり、毛管作用で水分を吸い上げる高機能ファブリックを設計することができます。
※クールマックス®ファブリックには機能性の違いによって3段階のレベルがあり、通気性などの基準が異なります。

P2113138.jpg

アーミーラベルで雰囲気が更に増しますね。

P2113139.jpg

一年中保たれる快適さ
寒さのなかで、特に激しい有酸素運動をする際に、クールマックス®ファブリックを肌に直接触れる部分に使用することにより、優れた効果を発揮します。
凍りつくような寒さの原因となる汗を肌から吸い上げ、外部に逃がして蒸散させます。
体が乾いていれば、暖かくして過ごすことができます。

P2113141.jpg

P2113142.jpg

被ったときのシルエットは計算されつくした黄金律です。

P2113147.jpg

P2113151.jpg

P2113143.jpg

P2113148.jpg

P2113153.jpg

毎年欠かさず完売する人気アイテム。

再入荷の予定はありませんので、お早めにどーっぞ!!

Watchman Cool Max Cap

GM 2018-02-14
P2143242.jpg

朝から快晴な広島です~~
電装系の調子が悪かったBSA。一部怪しい箇所があったので手直ししたらエンジン無事かかりました。
根本的な原因かどうかは解りませんが、配線はもう一度見直した方がいいかもです。

それでは本日も張り切って営業です。
ご来店ご注文お待ちしております!!