FC2ブログ
本日も! 2017-02-22
2_201702221230560f2.jpg

本日もご来店ご注文誠にありがとうございました!!
昼過ぎより雨が降り始め、現在も降り続いています。
春先ってなんか雨が多い印象なので、春に向けての前振りかなーなーんて前向きに思ってます(笑)

ストック分も、もうまもなく組み上げます。
が、リペアーのご依頼も数件入ってますんで、コチラを優先しつつ作業なので、ストック分はもうしばらくお待ちください。
お預かりのトイズブコレーサー。
初めての挑戦です!!
レースでも使用できるクオリティなので、ガッチリ内装が組まれてます(笑)
色々と試しながら内装が取れれば一気に行けるんですが。。。。

今しばらくお立ち願います。

それでは明日も張り切って営業です。
ご来店ご注文お待ちしております!!


Tool Bag, MEDIUM 2017-02-22
P2142455.jpg
Tool Bag, MEDIUM

別注6号帆布で作ったツールバッグ。LARGEに合わせて生地を指定の幅で織りました。糸を一度湯通ししてから織ることで生地に硬さを出しています。MEDIUMはバッグの底に生地の継ぎ目があります。

こだわったのは「立つツールバッグ」。生地の固さはもちろん、テープも固い物を使いしっかり立つ構造。前面にはラベル、背面には携帯程度が入る外ポケット。内ポケットはありません。あくまで「ツールバッグ」として最低限の機能性。ショートハンドルは完全に手持ちのみなので車移動や衣類の収納かご代わりといった道具としての使用がメイン。ロングハンドルは肩にかけることができるので日々のバッグとしても使いやすい。

P2112259.jpg
ショートハンドル

P2112247.jpg
ロングハンドル

P2112248.jpg

外側にはWORKERSネーム。

P2112250.jpg

P2112251.jpg

P2112252.jpg

脇も今回からリベットではなく、縫いで。

P2112253.jpg

一番難しいのがこの三角部分。ハイポストという背の高い、独特な形をしたミシンで縫います。

P2112254.jpg

P2112255.jpg

外ポケットはゆとりをつけて物が出し入れしやすくなっています。

P2112256.jpg

ザックリと物が入る作りです。

P2112257.jpg

MEDIUMは底に継あり。

今回からリベットを無くし、脇もミシンで縫っています。近所の工場さんがハイポストという専用ミシンを導入してくれました。リベットは無骨な良さがありますが、引っかかるという弱点もあります。そこを克服しつつ、太い綿糸で縫うワイルドな仕様はそのままです。

ワーカーズのバッグと言えばなの代表作ツールバッグがリベット→縫いで登場です。
基本的な寸法は変わりません。
手提げだとショートハンドル、肩掛けトートならロングハンドルとシーンによって使い分けれます。

1_2017022214512330a.jpg

2_2017022214512566e.jpg

手提げスタイルならショートハンドルがベストです。

3_2017022214512689b.jpg

4_20170222145127e97.jpg

トートスタイルならロングで。

シーンによってお選びください!!

Tool Bag, MEDIUM

March GMR 2017-02-22
P2122369_20170222123149bd1.jpg

来月のグッドモーニングランは、3/12(日)開催です。
で、グッドモーニングラン改めワンディランとし、日曜日まるまる休んでツーリングを開催します。
目的地は津和野の稲荷神社。
自分も含めお客さんの中で厄年な方が数名いらっしゃるんで、厄除けついでにブラッと走ります!
集合時間等は現在思案中ですので、また改めてご報告します。

日曜日休んでからのツーリングは、昨年は0回(笑)
満を持しての開催です。

ご参加のほうお待ちしております。

それでは本日も張り切って営業です。
ご来店ご注文お待ちしております!!

もうちょい 2017-02-20
1_2017022020044542e.jpg
70s Vintage Helmets

まだまだリペアーが出来てませんが、ボチボチと仕上げていっています。
あらかた出来上がった時点でウェブストアにも反映しますので、今しばらくお待ちください!!

明日火曜日は定休日となります。
そして休み明けは雨予報と、春の嵐が吹き荒れてます~

それでは休み明けもどうぞよろしくお願い致します!!

1_201702201757442aa.jpg
165cm 60kg S(2)着

Tee:Narrow Border Long
Pants:Baker Pants, Slim Fit, 2-Tone

ザックリとした着心地が特徴なボーダーロングスリーブ。
夏場はショーツにも最適です。

2_20170220175746dc9.jpg

アームホールもユッタリ気味。
カチッとしたスタイルよりも、ゆるい感じのスタイルにハマります。

3_20170220175747ad9.jpg

着丈も長めな設定。
着ると解りますが、シッカリと目が詰まったハリのある生地感です。

4_2017022017574846f.jpg
165cm 60kg S(2)着

JKT:Cowboy Jacket, 13.75 Oz, Left-Hand Weave, Raw Denim
Tee:Narrow Border Long
Pants:Baker Pants, Slim Fit, 2-Tone

春先はジャケットのインナーに

5_201702201757502dd.jpg
165㎝ 60kg S(2)着

Riders:AD-01 SHEEPSKIN CENTER ZIP JACKET -Black-
Tee:Narrow Border Long
Denim:1606SW 10th W Knee Standard Dirt Denim

シャツインでライダース等のインナーにと、非常に着回しがきく一着です。

ご参考下さい!!!

P2112221.jpg
Narrow Border Long

14番空紡糸のヘビー天竺生地を見ていて思いました。「太ボーダーも良いけど、細ボーダーも欲しい!」それを形にした一枚。

首回り、昨年作った太ピッチボーダーはボーダーの無地部分を使い身頃と同じ生地でバインダー(パイピング)で始末しました。細ピッチはそういうわけにはいかないのでフライス(リブ)を別に作って巻いています。フライスを身頃のネイビー・ブラックにするか、ホワイトにするか悩んだのですがさわやかさ重視でホワイトにしています。その分、ちょっと汚れやすいので気に成るときは固形石鹸+重曹でもみ洗いしてから洗濯機へ。

P2112223.jpg
ブラック×ホワイト

P2112230.jpg
ネイビー×ホワイト

P2112222.jpg

見比べると色合いの違いが良く解ります。

P2112224.jpg

P2112231.jpg

首回りをWORKERSにしては珍しくフライス(リブ)で巻いています。基本、私は身頃共生地で巻くのが好きなのですが、今回の細ピッチだと身頃の白部分というわけにはいかない。という事で、身頃の白部分と同じ糸でフライスを作り巻いています。人が着るとわかります、首が横方向に大きすぎない、中のTシャツが見えすぎない。でも、頭は通る。
もう一つパターンで気にしているのが肩線。肩線を少し後ろに回しています。肩線部分はどうしても、厚みがあるので首をフライスで巻いた時に角になります。ここが、完全に人間の肩直上にあると、いかにもツノが立って見えるのでこれを少し後ろにずらしています。

P2112225.jpg

P2112233.jpg

P2112227.jpg

P2112237.jpg

袖口・裾は扁平縫い。表から見ると2本ステッチが走っていて、裏はロック目になっている。この部分、扁平縫いをする前にも一度、「空ロック」という、ただ生地1枚でロックをかけています。生地がほつれにくくなる、もし扁平縫いが飛んだとしても中のロック目が残るので生地がすぐにほつれてこない。伸び止めの役割もある。
見えない部分ですが、空ロックは最近、かけるようにしています。ビンテージはまず、かかっていないので初期WORKERSカットソーはあえてこれをかけなかったのですが、1万円超えるカットソー、やっぱり長く着たいよな・・・と思い直し、ビンテージ原理主義からここは品質原理主義に頭を切り替えています。

P2112228.jpg

P2112236.jpg

P2112241.jpg

P2112229.jpg

P2112238.jpg

細ピッチボーダー、数多くのメーカーが作る激戦区ですのであえてWOREKRSで作るか悩みました。ただ、細かい事を言うとこの14番空紡糸・超度詰めのヘビー天竺で作っているメーカーは中々無いのです。コストの問題なのか、もっとがさっとした生地(良く、生地業界ではバルキーとか言う風合い)が主流。その手の生地であれば既製品もあるのですが、そこはあえて、この糸を使いたかったので毎度の別注で作りました。

昨年は太ボーダー。
今期はピッチを狭めての細ボーダーが登場です。
昨年同様ザックリとしたシルエットが特徴。
アームホールもやや太目で、着丈も長めです。

昨年僕も太ピッチボーダーを通年着回しましたが、シッカリとした生地感に適度なユッタリシルエットで、着回しの幅が広がりました。
今期の細ピッチもシャツのインナーに、ジャケットのインナーにとヘヴィロテでの活躍が期待できます!!

是非この春夏お試しください!!

Narrow Border Long

1_201702201401205ea.jpg
165cm 60kg Sサイズ着

Shirt:Work Shirt, Madras
Pants:Baker Pants, Standard Fit, OD
Hat:Reversible Hat
Boots:Tanker Boots

全体的にユッタリシルエットなスタンダードシルエット。
ベイカーパンツと言えばなのシルエットですね。

4_201702201401249bb.jpg
165cm 60kg Sサイズ着

Tee:Narrow Border Long
Pants:Baker Pants, Slim Fit, 2-Tone

コチラは現代的にアレンジを加えたスリムフィット。
腰回りは同じですが、ワタリから裾にかけグッと絞りが入ってます。

2_20170220140122769.jpg

5_20170220140126419.jpg

写真では太さ加減が伝わりにくいですね(笑)
スリムフィットだと、エンジニアブーツに合わせるにはグッと押し込む必要があります。

3_2017022014012367e.jpg

6_2017022014013859a.jpg

スタンダードシルエットは股上が深い分、ヒップに余裕があります。

画像よりも着用しないと伝わりにくいですね(笑)

春夏の定番スタイル、ベイカーパンツ。
ワークパンツ感覚で合わせられるので、一本あると便利ですよ。

ご参考下さい!!


P2112168.jpg
Baker Pants, Standard Fit, OD

コーディネートの定番、ベーカーパンツ。正式には「Trousers Cotton Sateen」。シルエットは二種類。

スタンダードはビンテージをバラしてトレース。股上だけ少し浅くしたもの。スリムはWorkersOfficerTrousersが大元の型紙ですが、バックにダーツがありません。少し大き目のウェストで、ボタンを締めるとヒップは適度なゆとりがある狙ったシルエットになります。

P2112170.jpg

バックサテンはヨコ糸が太く、筋張った表面が特徴。7-8番クラスの太い糸。MIL-C-10296Jというスペックを元に糸の太さ・打ち込み。さらに、生地を染める前にマーセライズド加工(アルカリによる生地表面をつるっとさせる)を施した通称「先マーセ」。通常は染めてからマーセライズドなのですが、そこはスペックを良く読んでその再現を目指しました。

P2112171.jpg

コチラはスタンダードな1TONE仕様

P2112173.jpg

P2112174.jpg

P2112175.jpg

P2112176.jpg

股上の深さがすり身フィットよりも深く設定されているので、ユッタリとした腰ヒップ周りになります。

P2112177.jpg

P2112178.jpg

ワタリから裾巾も緩やかなテーパー仕様。
太すぎず細すぎずなシルエットが魅力です。

P2112180.jpg

P2112181.jpg

P2112182.jpg

P2112183.jpg

ヒップ周りにゆとりがある分、ゆったりと履けます。

P2112184.jpg

ウェスト調整タブ。

ビンテージで良くある目が詰まって最初はそっけないまでの雰囲気。穿きこむと色が強烈に落ちる風合いを再現できています。さらに今回は、生地を真っ白に晒(さら)したピュアホワイトもラインナップ。ミリタリーでも海軍系では良く見かけるホワイト。これをあえて、ベーカーパンツに使いました。白は汚れますが、汚れては洗い、洗っては汚れを繰り返すことでドレスウェアの白とは違う、ワークウェア・ミリタリーウェアのホワイトに成った頃には手放せない一着になります。

P2112179.jpg

P2112185.jpg

僕も3年ほど着用しましたが、ヴィンテージのベイカーパンツと引けを取らない見事な経年変化が現れました。
全体的に白っぽくなり、横糸が目立つようになり、手放せない一着に育ちました。
また後日ご紹介いたします!!

夏場の定番ベイカーパンツ。
お早めにどーっぞ!!

Baker Pants, Standard Fit, OD

P2112148.jpg
Baker Pants, Slim Fit, 2-Tone

コーディネートの定番、ベーカーパンツ。正式には「Trousers Cotton Sateen」。シルエットは二種類。

スタンダードはビンテージをバラしてトレース。股上だけ少し浅くしたもの。
スリムはWorkersOfficerTrousersが大元の型紙ですが、バックにダーツがありません。少し大き目のウェストで、ボタンを締めるとヒップは適度なゆとりがある狙ったシルエットになります。

P2112149.jpg

バックサテンはヨコ糸が太く、筋張った表面が特徴。7-8番クラスの太い糸。MIL-C-10296Jというスペックを元に糸の太さ・打ち込み。さらに、生地を染める前にマーセライズド加工(アルカリによる生地表面をつるっとさせる)を施した通称「先マーセ」。通常は染めてからマーセライズドなのですが、そこはスペックを良く読んでその再現を目指しました。

P2112150.jpg

2Toneは左前ポケット、バック右ポケットの色味が違います。

P2112151.jpg

P2112152.jpg

P2112153.jpg

トップボタンは手付で、足をつけています。今回から、ボタンホール側、トップ部分の中にある生地を無くして薄くなっているのでかなりボタンはかけやすい。でも、やはり一番力がかかる部分なので手付・根巻にしています。

P2112154.jpg

P2112155.jpg

1_201702201318160c5.jpg

久しぶりに復活、腰裏環縫い。オリジナルも環縫いあり、普通の平ミシンあり。どちらもありですが、やはり私は環縫い始末が好きです。

P2112156.jpg

P2112157.jpg

腰回りは、Standardとほとんど同じで膝・裾を現代的に絞ったSlim Fit。

P2112159.jpg

P2112160.jpg

ベーカーパンツはヒップにダーツがありません。なので、モデルが着ているのを見てもウェストボタンをしめない状態でジャストにすると若干、尻がきつそう。本来は、少し大き目を、ボタン締めてはいた方がより快適にはけます。ただ、生地は伸びるものなので、このあたりは、微妙な問題でもあります。おそらく、このモデル、いつもジーンズで31-32、ベーカーはSをはきます。このベーカーもしばらくはけば、伸びるのでそうするとちょうど良くなるようにも感じます。

P2112161.jpg

P2112162.jpg

バックは2ポケット+フラップ。ポケットを取り付け部分より少し大き目に作っているので手が入れやすい。ゆとりができて、それがポケットに皺として見えます。

P2112163.jpg

そのウェスト調節ボタン。もし、「伸びたな、まだゆるいな」と感じたら、左側のボタンを取ってさらに内側に移動。ちょっと面倒ですが、ベーカーはベルトしないで楽には着たいのでお勧めです。「それもめんどくさい!」という方には、また来月、バックルを使ったFWP Trousersが待っていますのでご期待ください。

P2112158.jpg

P2112164.jpg

春夏の人気ボトムス、ベイカーパンツが入荷しました。
8.5オンスで適度な厚みなバックサテン。
経年変化もヴィンテージライクに仕上がり、ワーカーズさんならではの細やかな作り込みも好評を博してます。

今期はスリムフィットとスタンダードシルエットな2種類。
スリムフィットは現代的にアレンジが加えられ、スニーカースタイルに適したシルエットです。
くるぶしまでロールしてローファースタイルは夏の定番スタイリングですね。

変わり種2トーンでオリジナリティを出している点も見逃せませんね。

サイズのあるうちにお早めにどーっぞ!!

Baker Pants, Slim Fit, 2-Tone

Rainy 2017-02-20
1_20170220130409b39.jpg
70s McHAL Water Decal

今日は朝から大雨ですね~
気温は下がらず、春に向けて確実に進んでますね!!

今回奇跡的に発掘したマックホールのデカール等のオフィシャルアイテム。
手ごろな値段で提供なので、ついでにご購入って方も多いです。
通販だと10,000円以上が送料無料なので、是非送料分足りないって方はお買い求め下さい!!

それでは本日も張り切って営業です。
ご来店ご注文お待ちしております!!

THE DAY 2017-02-19
1_20170219195047a90.jpg

本日もご来店誠にありがとうございました!!
天気が良すぎて絶好なバイク日和な中、ご来店頂いた皆さん本当にありがとうございました~

P2192637.jpg

S君、来月12日だよ(笑)
シッカリと手帳に予約お願しますw

P2192645.jpg

夕方はツーリング帰りにお立ちよりでした~

P2192646.jpg

P2192647.jpg

20代の若手なお二人。
古いバイクでも関係なく走りまわってまっす!!

いつもご来店ありがとね~

日も長くなりいよいよ春が近づいてますね!!
お早めにご準備下さいな!!

それでは明日もどうぞよろしくお願い致します!!!!!

McHAL 2017-02-19
5_2017021919133279d.jpg

皆さまご存じマックホール社のオフィシャルグッズが今回奇跡的に発掘。
BELL,BUCOと並ぶアメリカヘルメットメーカー3大ブランドと呼ばれたMcHAL。
ヘルメットの個体数が絶対的に少なく幻のメーカーとも言われてますね。
昔は名を知る人は数少なかったですが、ヴィンテージヘルメットブームで一気に火が付き、現在では手に入れることが非常に困難となりました~
そんなマックホールのデカールとメタルを初めて出会えました(笑)
数個だけなら見つかることもありますが、販売できるくらい集めるのは早々簡単ではなかったです~

3_201702191905180f5.jpg
70s McHAL Checker Logo Decal -M Size-

60~70年代に製造されたマックホール製アドバタイジングアイテムが入荷しました。
当時のオフィシャル物で、N.O.Sアイテムとなります。

60年代後期から70年代にかけ、マックホールの代表的なチェッカーフラッグロゴです。
大概の方はコチラのロゴのイメージが強いと思います~
僕も最も好きなロゴですね。

決して程度が良いわけではありません。
長年の保管状況を踏まえ、アールがかっていたり粘着が少なくなっていたりと、使用するには一工夫が必要です。
ピシッとするなら当て布してアイロンがけをすればある程度平になります(時間が経つと戻りますから要注意)
粘着に関しては貼る土台にもよりますが、裏に両面テープが無難ですね。

ヘルメットに貼るには大きいので、サイドカバー等に貼りつけるのが正解だと思います。

4_20170219190520277.jpg
70s McHAL Water Decal

60~70年代のマスコットキャラクター(名称不明)が描かれた水貼りデカールとなります。
小さなデカールとなりますので、ヘルメット等のアクセントに丁度良い大きさです。

名称不明のマックホール坊やがデザインされた水貼りデカールです。
コチラも60年代後期から70年代にかけて良く見られるキャラクターです。
デカール以外にも、ヘルメットバッグやランドリーバッグなどにも描かれている人気キャラクターですね。

コチラは劣化はありませんが、水貼り特有の貼る難しさがありますので、一度ネットなどで復習したのちご使用ください。
こちらは非常に小さいので、ヘルメット向きです!!

1_201702191905163d8.jpg
70s McHAL Advertising Metal

60年代に水貼りデカールとして多用されていたアーマーヘッドデザインです。

1.5㎜の穴開け加工を施しキーホルダーとして使えるよう改良しました。
Oリング等に引っかけてお使いください。

このリアルなアーマーヘッドデザインはマックホール初期のデザインです。
50年代から60年代にかけ水貼りデカールとしてヘルメット等に付けられてました。

コチラは当時どのように使っていたのかが不明ですが、先端に1.5㎜の穴を開けキーホルダーとして使えるように加工しました。

2_201702191905180bf.jpg

細いOリングに取り付け出来ます。

穴の開いていない物も発売します。
どちらかお選びください!!

N.O.Sではありますが、今から40年以上前の物なので、変色変形等御座います。
勿論程度の良いものを選別して販売しますが、ご理解の上ご注文ください。

宜しくお願い致します!!

46FL 2017-02-19
P2192619.jpg

久々にご来店頂きましたナッコーさんです~
問答無用の武骨さです。

P2192621.jpg

恐れ入ります!!!

P2192622.jpg

P2192623.jpg

P2192624.jpg

P2192625.jpg

P2192626.jpg

P2192630.jpg

P2192627.jpg

P2192629.jpg

P2192631.jpg

P2192632.jpg

P2192633.jpg

P2192634.jpg

P2192635.jpg

何から何まで芸術ですね~
ですが、それ以上にいつも絶好中なんですよね~
バチッと整備してヴィンテージライフを楽しまれてます♪

いつもご利用誠にありがとうございます。
ヘルメット出来上がりましたらご連絡致します!!

Fine Days 2017-02-19
1_2017021912124764c.jpg
1604 Dirt Denim Waist Overalls

朝晩の冷え込みは相変わらずですが、今日も日中は絶好のバイク日和♪
ツーリングって方も多いですよね~
勿論本日も張り切って営業中です!!

ツーリング帰りに、春もの物色しに是非是非ご来店くださーい!!

本日もどうぞよろしくお願い致します!!

本日も! 2017-02-18
P2182579.jpg

本日もご来店ご注文誠にありがとうございました!!
小春日和の中、ほんっと今日はバイク日和でしたね~
春ものの動きも活発化してきてますんで、ストックがあるうちにお早めにどーっぞ!!

P2182578.jpg

久しぶりにご来店♪
今日は以前購入頂いたアディクトさんのウォレットの修理相談にご来店。
FLAVORさんをご紹介していたので、宜しくね(笑)

で今日車検納車で現れるかなーっと思ってましたが現れず。
例の彼が重たい身体をようやく上げ、バイクライフ復活したとのことでした(笑)
明日ツーリング帰りにでも立ち寄ることでしょう。
ってか、来い(笑)

それでは明日も張り切って営業です。
ご来店ご注文お待ちしております!!

小春日和 2017-02-18
1_201702181203457ac.jpg

今日はほんっと暖かい一日ですね!!
気温もぐんぐん上がり3月下旬並みな穏やかなお天気でっす!!
今日あたり日中はライダース一着で十分ですね~

今日は外に出る方が多いんだろうな♪
本日も張り切って営業中。
ご来店ご注文お待ちしておりまっす!!


明日発売! 2017-02-17
本日もご来店ご注文誠にありがとうございました!!
今日一日ヘルメットリペアーに集中していたので、ブログアップが少なかったです。
ワーカーズさん2月納品分のアイテム説明に関しては時間を見てアップしまっす!!

明日はアディクトさんライダースジャケット2型の発売日となります。

1_2017021718350165c.jpg
AD-03 KIP LEATHER BRITISH ASYMMETRY JACKET -Vintage Yellow-

今期のスペシャルカラーはヴィンテージイエロー。
マスタードカラーは以前にも発売されましたが、ヴィンテージイエローは初のリリース。
春先にイイ色味ですね~

2_20170217183503172.jpg
AD-01 SHEEPSKIN CENTER ZIP JACKET -Black-

シープスキンの定番AD01も新入荷となります。
定番かつスタイリングを選びませんので、ファーストチョイスされる方が多いモデルです。

週末はお天気も良さそうですので、是非是非ご来店ください!!
宜しくお願い致します♪


P2152467.jpg
70s SHOEI S-12

日本が誇るヘルメットメーカーSHOEI製70年代フルフェイスです。
BELL STARを意識したフォルムにアイポート。
俗に言う族ヘルですね。
アメリカでは割とN.O.Sで出回ったりしているので、BELL STARと比べ手に入りやすいモデルでもあります。
コチラもN.O.Sだったので、内外装の程度は良かったですが、スポンジはカラカラ。
フルリペアーとなりました。

P2152468.jpg

コノ手の時代のフルフェイスは、チークパッドが小さく要をなさないことが多いので、ガッチリと被れるよう厚手の物で仕上げています。

P2152469.jpg

鉢部は10㎜で

P2152471.jpg

チークパッドはやや硬めの厚手のウレタンで仕上げます。
ココが薄手だったり、柔らかすぎるウレタンだとホールド感が損なわれますので、要チェックポイントの一つです。

P2152470.jpg

BELL STARにも言えますが、オリジナルはネック部は一段高いウレタンで仕上げられています。
なので、忠実に厚手のウレタンでネック部を作り、鉢部は10㎜仕上げとなります。

以前もご利用頂いたお客さまで、今回二回目のリピーター様です。
遠いところご利用頂き誠にありがとうございました!!

バッチリと仕上げましたので、次回も是非ご利用ください。

GM 2017-02-17
1_20170217123205208.jpg

朝からパラパラっと降っていた雨ですが、現在小康状態。
コレから良くなるみたいですね~
気温も昨日よりもグッと上がり、初春のような一日です。

今回ヴィンヘルと共に発掘した当時物のMcHALのノベルティアイテム。
デカールも奇跡の発掘で、見つけた時はテンションあがりました(笑)
画像の真鍮製のノベルティアイテムは、このままでは用途が限られるため、小さな穴を上部に開けキーホルダーとして販売しようかと検討中です。
BELL等と同様に、ノベルティアイテムや用品等を展開していたマックホール社。
ですが、ヘルメットと同様に圧倒的に数が少なく手に入れるのが困難。
お店を初めて10年余りですが、一山見つけたのはお初。

2_20170217124247281.jpg

デカールに関しては、N.O.Sではありますが保存状態が良くないため、販売できるデカールは数十枚と言ったところです。
随分と曲がりが出ているので、アイロンで引き延ばしプレスしてある程度平になるよう作業中です。
粘着も落ちているので、貼るとしたら両面テープやノリ等で工夫して使う必要もあります。

いずれにしても商品化できるよう勧めて行きます~

それでは本日も張り切って営業です。
ご来店ご注文お待ちしております!!

本日も! 2017-02-16
P2152474.jpg
AD-01 KIP LEATHER CENTER ZIP JACKET -Black-

本日もご来店ご注文誠にありがとうございました!!
今朝今日は暖かいと言いましたが、ソレほどでもなかったですね(笑)
まーまー暖かい感じでした~
明日は何だか雨模様な日中ですね。

週末土曜日はAD01シープスキンが入荷予定です(画像はキップレザーとなります)
要チェックですね!!

それでは明日も張り切って営業です。
ご来店ご注文お待ちしております!!

1_2017021617080263a.jpg
165cm 60kg S(14.5)着

Shirt:Work Shirt, Madras
Pants:Baker Pants, Standard Fit, OD
Hat:Reversible Hat
Boots:Tanker Boots

夏場まで活躍できる薄手のマドラスチェックシャツ。
コーディネートに色味を乗せたいときに非常に便利な一着。
ジャケットのインナーとしても重宝します。

2_201702161708041e0.jpg

着丈はインアウトどちらでも対応可。

3_201702161708047b2.jpg
165cm 60kg S(14.5)着

Shirt:Work Shirt, Madras
Denim:Lot 801 Straight Jeans

3オンス程度の薄手の生地なので、夏場の暑い時期でも活躍出来ます。
特に日焼け防止のロングスリーブシャツは、夏場必須アイテム。
生地の厚みがあると着にくいですが、3オンス程度なら厚い時期でも羽織り易いですよ。

4_2017021617080620d.jpg

毎年この時期恒例のシャツですが、毎年欠かさず完売御礼な人気シリーズ。

お早めにどーっぞ!!

P2142450.jpg
Work Shirt, Madras

今年のワークシャツはLeeタイプのドングリ型ポケット。フラップ+ペン刺し付。これをあえて1ポケットに。さらに、チンストラップも無しで「ワークシャツだけど、どこかドレスシャツ的でもある」雰囲気を目指しました。

P2112198.jpg
レッド

P2112208.jpg
グリーン

縫製は目の細かいチェーンステッチ主体でビンテージらしさを表現。ボタンは高瀬貝ボタン。細かい事を言うと14ミリ強。インチで言うと9/16。日本でボタンを探すとミリ単位がほとんどで13ミリ/15ミリがほとんどのラインナップ。そこをあえて14ミリ強、9/16インチとインチ単位にこだわって使ったネコ目の貝ボタンです。

P2112199.jpg

P2112209.jpg

台襟の無い首回り。羽襟もビンテージよりは短く、少しだけ現代的に。

P2112200.jpg

肩・袖ぐりのチェーンステッチ巻き縫い。今回は、ステッチ運針は細かく、ビンテージらしい細い糸で縫っています。

P2112211.jpg

P2112202.jpg

P2112212.jpg

胸ポケットはワークシャツらしからぬ、左に1ポケット。通常、ワークシャツはよほど古い物で無い限りは左右2ポケットが定番のデザイン。そこをあえて、左一つにして、少しだけワークウェアらしさからドレスウェアのシャツよりに。でも、フラップ+ペン刺し。カン止め補強とワークウェアらしさも残す。

P2112203.jpg

フロントは高瀬貝のネコ目ボタン。ほんの少し大きくて、厚手の物を使っています。

P2112214.jpg

脇のマチ始末。

P2112205.jpg

P2112216.jpg

袖口開きは通称「イッテコイ」。切り込みを入れてそこをパイピング状に共生地で巻く。それをさらに倒してステッチを入れています。少し長めの開き、これが袖のまくりやすさのポイントです。春夏向けに作ったシャツなので袖をまくることも多いので。

P2112207.jpg

P2112217.jpg

P2112218.jpg

バックヨークはカーブさせて。このあたりは、LeeタイプではなくBIGYANKでおなじみRelianceタイプ。機能だけ考えるとまっすぐでも良いのですが、私の作る服は全体的に丸みを帯びているのでそうなると、ヨークもこちらの方が好きなのです。
BIGYANKの特許では、腕を前に出して力がかかった時にヨークのカーブがその力を受け止める!みたいなちょっと無理やりじゃない?という内容もありました。でも、実際に着ているとこのカーブのおかげで肩甲骨の丸みはうまく収まっているようにも感じます。ダーツも無いので「感じる」というレベルではあるのですが。

マドラスは今年もインド産。3 オンス程度でこちらはやや薄め。糸染めの染料はある程度堅牢度が良い物を使っています。 が、その色見本を以前、草木染めで作った色から取っています。そのため、全体にぼやっとした色合い。ごく小さなピンホール、 糸のムラ、急激に糸が太くなる等々、現代の感覚では問題に感じる部分も多々あります。もちろん、裁断の時に発見でき る傷は出来る限り取り除きますが、それでも洗ってみて初めて分かる傷や小さなピンホールがあります。WOREKRS では 縫製後シャツは一度洗います。マドラスのピンホールに関しては、水に溶けない糸専用の固着剤で補修するので、洗濯で どんどん広がってしまう・・・という事は無いのでご安心ください。

今年も登場インド製マドラスチェック柄。
3オンス程度の薄手の生地ですので、夏場の暑い時期まで活躍出来ます~
毎年欠かさずこの時期の定番ですが、春前には売り切れる人気のロングスリーブシャツです。

今期は、明るめなレッドマドラスと、グリーンマドラス。
春の色使いに是非どーっぞ!!

Work Shirt, Madras



3_201702161543191b0.jpg
165cm 60kg S(14.5)着

Shirt:Work Shirt, Supima Chambray
Denim:Lot 801 Straight Jeans
Boots:Arrow Engineer Boots

ワーカーズデニムと。
シャツアウトで丁度良いサイジングです。
程良くユッタリとした身幅です。

4_20170216154320ad2.jpg

1_20170216154316332.jpg
165cm 60kg S(14.5)着

Shirt:Work Shirt, Supima Chambray
Denim:1604 Dirt Denim Waist Overalls
Boots:Arrow Engineer Boots

太目のオーバーオールズと。
安定した組み合わせです。

2_2017021615431821f.jpg

5_201702161543225ec.jpg
165cm 60kg S(14.5)着

Shirt:Work Shirt, Supima Chambray
Pants:Workers Officer Trousers, 2-Tac, USMC Chino
Boots:Tanker Boots

6_2017021615432712b.jpg

説明不要な定番シャツ。シャンブレーシャツよりも綺麗めに合わせられるので、色々なシーンで活躍出来そうです。

ご参考下さい。

P2142445.jpg
Work Shirt, Supima Chambray

今年のワークシャツはLeeタイプのドングリ型ポケット。フラップ+ペン刺し付。これをあえて1ポケットに。さらに、チンストラップも無しで「ワークシャツだけど、どこかドレスシャツ的でもある」雰囲気を目指しました。

P2112188.jpg

縫製は目の細かいチェーンステッチ主体でビンテージらしさを表現。ボタンは高瀬貝ボタン。細かい事を言うと14ミリ強。インチで言うと9/16。日本でボタンを探すとミリ単位がほとんどで13ミリ/15ミリがほとんどのラインナップ。そこをあえて14ミリ強、9/16インチとインチ単位にこだわって使ったネコ目の貝ボタンです。

P2112189.jpg

台襟の無い首回り。羽襟もビンテージよりは短く、少しだけ現代的に。

P2112190.jpg

肩・袖ぐりのチェーンステッチ巻き縫い。今回は、ステッチ運針は細かく、ビンテージらしい細い糸で縫っています。

P2112191.jpg

P2112192.jpg

胸ポケットはワークシャツらしからぬ、左に1ポケット。通常、ワークシャツはよほど古い物で無い限りは左右2ポケットが定番のデザイン。そこをあえて、左一つにして、少しだけワークウェアらしさからドレスウェアのシャツよりに。でも、フラップ+ペン刺し。カン止め補強とワークウェアらしさも残す。

P2112193.jpg

フロントは高瀬貝のネコ目ボタン。ほんの少し大きくて、厚手の物を使っています。

P2112194.jpg

脇のマチ始末。

P2112195.jpg

P2112196.jpg

袖口開きは通称「イッテコイ」。切り込みを入れてそこをパイピング状に共生地で巻く。それをさらに倒してステッチを入れています。少し長めの開き、これが袖のまくりやすさのポイントです。春夏向けに作ったシャツなので袖をまくることも多いので。

P2112197.jpg

4.0 オンス、Supim Chambray は超長綿のスーピマコットン糸・30 番。定番シャンブレーより少し糸が細く、生地も薄い。繊維が長いので、コットンでありながら手触りがつるつるとしていて、若干玉虫色がかって見 えるのが特徴。糸の太さ、コットンの銘柄が違うだけで同じシャンブレーでも風合いがまったく違います。

春先のワークシャツ。
機能性が重視なワークシャツですが、ワンポケな変わり種。
ドレスシャツっぽさも取り入れたワンポケに、フラップ+ペン刺し。カン止め補強とワークウェアらしさも残しています。
縫製はワークシャツのソレ。
着丈はインアウトどちらでも対応できる設定です。

春先から夏場にかけて羽織り易いよう、通常のシャンブレーよりも糸が細く生地も薄手をチョイス。
ットンでありながら手触りがつるつるとしていて、若干玉虫色がかって見 えるのが特徴。糸の太さ、コットンの銘柄が違うだけで同じシャンブレーでも風合いがまったく違います。

一般的なシャンブレーワークシャツとは一線を画した、変わり種ワークシャツとなります!!

Work Shirt, Supima Chambray

春一番 2017-02-16
1_20170216123202f35.jpg
2604 Dirt Denim Coverall

今日は春一番のようなポカポカ日和ですね~
朝は冷え込みましたが、日中は15℃くらいまで上がるそうです。
このまま春に向かって欲しいと願うばかりですね~

画像は向かって左がファーストモデルのダートデニムカバーオール。
右が今期復活を遂げたダートデニムカバーオール。
同じ36インチですが、着丈の長さは一目瞭然。
カバーオールらしい着丈なファーストモデルよりも、今回復活したモデルのほうがデニムジャケット感覚で羽織れるので、着回しはし易いですね!!
着丈以外も現代的にアレンジが加えられてます。
春先のジャケットイチオシな一着でっす!!

それでは本日も張り切って営業です。
ご来店ご注文お待ちしております!!


Welcome Japan 2017-02-15
P2152459.jpg

ご報告遅くなりました!!
本日夕方にヴィンヘルが届きました~
今回はガッツリ入荷ほどではありませんが、実りある買い付けが出来ました。
ホワイトシェル中心な買付です。

P2152472.jpg

早速天気が良いので、内装をバラシ清掃作業。
その後リペアー作業へと移ります。

春先にバイクに乗り換える人、新たに乗り始める人、冬場にカスタムをや修理を施し乗り始める人が多いので、この時期はホワイトシェルのジェットを求めてのご来店が多いです~
お預かりリペアーが若干立て込んでいますので、時間を見つけつつ並行して作業致します!!

週末に少しだけでも店頭に並べたいと思いますので、宜しくお願い致します!!!


3_20170215190556313.jpg
165cm 60kg 36インチ着

JKT:Cowboy Jacket, 13.75 Oz, Left-Hand Weave
Shirt:Work Shirt, Madras
Pants:Baker Pants, Standard Fit, OD
Boots:Tanker Boots

今月入荷分でコーディネート。
程良いユトリがあるサイジングで、着丈も短すぎず長すぎずな、コーディネートし易いサイズ感。
シャツは薄手のインドマドラスをチョイス。
厚手のシャツに合わせるならサイズアップでも違和感なく収まります。

4_20170215190558071.jpg

黒のブーツ合わせですが、ブーツを明るい茶系、キャップ及びワッチキャップで色味を加えても良いですね。

1_201702151905548f9.jpg
165cm 60kg 36インチ着

JKT:Cowboy Jacket, 13.75 Oz, Left-Hand Weave
Tee:Narrow Border Long
Pants:Baker Pants, Slim Fit, 2-Tone

ナローボーダーをインナーにチョイス。
インナーにポイントを付けるだけで明るくなりますね。
スリムフィットのベイカーとも相性良さげ。
足元はスニーカーで。

2_20170215190555e3d.jpg

今回はベイカーパンツ合わせでしたが、何でもござれなデニムジャケット。
春先に一着あると凄く便利ですよ~

是非ご検討ください!!

P2112128.jpg
Cowboy Jacket, 13.75 Oz, Left-Hand Weave, Raw Denim

WORKERSの綿・糸からオリジナルのデニム生地。もともと右綾を最初に作りましたが、それをスペックはそのままで左綾にしたらどんな色落ちになるのか?という実験の意味もあるデニムジャケット。WORKERSを好きな方には釈迦に説法ですが、ジーンズの元祖サンフランシスコのLS社が使ったデニムは右綾。ジェームスディーンが愛したでおなじみ、カンザス州サリナのH.D.L社は左綾デニムといった不文律があります。

P2112129.jpg

形はカンザス州のL社でおなじみ、カウボーイジャケット型。この新型に合わせてラベル・ボタンも作りました。革ラベルは防縮の入った牛革。ボタンは二本爪のドーナツにこれもそれ風にWORKERSの刻印を入れて。唯一WORKERSらしいのはフラップ裏で抜染生地を使っています。パターン自体、着丈少し長め、袖の肘から先は細くしてすっきりとという、現代的な印象のアレンジ。ただ、襟型だけはあまり小さくせず、オリジナルに近い物を。

P2112130.jpg

今までWORKERSで作ってきたデニムジャケットはあえて襟を小さくしたりバランスを現代的に補正してきました。
今回のCowboy Jacketは着丈や袖は相変わらず、現代的に修正していますが、こと襟に関しては古い物に近い。大き目の型紙をひきました。

P2112131.jpg

やはりCowboyタイプとなると、こんな革ラベルやタグが必要です。バックスキン面は使わず、あえて牛革の表面を。

P2112132.jpg

P2112133.jpg

P2112134.jpg

ボタンももちろん、それらしい物を。二本爪タイプのドーナツボタン。

P2112135.jpg

P2112136.jpg

P2112137.jpg

樽型のポケット。これもファースト・セカンドタイプとは違う特徴。フラップ裏は厚み軽減のため別布に。WORKERSらしい抜染生地を使っています。

P2112138.jpg

P2112142.jpg

今回、Cowboyタイプ用に作った生地は左綾。WORKERS定番の生地と糸・染め・織機は同じで綾方向を変えています。一目でわかるようにミミは白耳に。

P2112139.jpg

P2112140.jpg

P2112143.jpg

P2112144.jpg

P2112145.jpg

P2112146.jpg

背面には縦方向にヒダが取ってあります。若干ですが、アクションプリーツ的な働きがあります。

一般的に、右綾に比べて左綾の方がタテ落ちが長くでる等と言われます。ただ、それらはあくまで印象であり、全く同じ糸・染め・織機で「この1ロットは右綾」「続けてこのロットは左綾」と、綾の方向だけ変えたらより、右綾・左綾の違いがはっきり分かる!といかにもオタクっぽいというか、理科の実験っぽい試みです。

現代的なシルエットに、オリジナルを再現しつつワーカーズらしさをスパイスした新作デニムジャケット。
春先に羽織るジャケットの代名詞ですね。
今期は説明文の通り、LEE社でお馴染のカウボーイデニム。
米綿は以前もご紹介した通り、米綿のメッカ、カンザス州はメンフィスまで摘み取りに渡米。
その米綿を日本に輸入し、世界のデニムの聖地岡山県にて仕上げています。
古のリーバイスもりーも当然と言えば当然の米綿で編まれています(現在は存じ上げませんが)

デニムにチノにベイカーに、ワークにカジュアルにとスタイルを選ばないデニムジャケットは、春先のタウンユースの鉄板ジャケット。
色落ちともども是非ご堪能ください!!

Cowboy Jacket, 13.75 Oz, Left-Hand Weave, Raw Denim



Repair 2017-02-15
P2132421.jpg

ジェットヘルメットのリペアーご依頼です。

P2082109.jpg

元々ご自身で削り加工を施し、随分と内装を広げられていました。

P2082110.jpg

発泡スチロールに穴が開くほど、限界ギリギリですね。
流石に当方で削りを入れる場合、ココまでの削りは厳しいです。

P2132422.jpg

フルリペアーのご依頼ですので、見た目も重視して被り易くしてみました。

P2132424.jpg

トップはダイヤステッチで厚手のウレタンを使用。
発布スチロール部を生地で隠すようにしたので、見た目も随分と良くなったと思います。

P2132423.jpg

10㎜厚で仕上げました。

P2132425.jpg

コレでバッチリ被れますね♪

遠方よりご依頼誠にありがとうございました!!!


P2132441.jpg
Cowboy Jacket, 13.75 Oz, Left-Hand Weave, Raw Denim

WORKERSの綿・糸からオリジナルのデニム生地。もともと右綾を最初に作りましたが、それをスペックはそのままで左綾にしたらどんな色落ちになるのか?という実験の意味もあるデニムジャケット。WORKERSを好きな方には釈迦に説法ですが、ジーンズの元祖サンフランシスコのLS社が使ったデニムは右綾。ジェームスディーンが愛したでおなじみ、カンザス州サリナのH.D.L社は左綾デニムといった不文律があります。

昨年は右綾のLevis社仕様。今季は左綾のLEE社を意識したデニムジャケットです。
パッチも正にな拘り具合です!!!

P2132437.jpg
Work Shirt, Madras

P2132438.jpg
Work Shirt, Supima Chambray

今年のワークシャツはLeeタイプのドングリ型ポケット。フラップ+ペン刺し付。これをあえて1ポケットに。さらに、チンストラップも無しで「ワークシャツだけど、どこかドレスシャツ的でもある」雰囲気を目指しました。

毎年お馴染のインドマドラスに、4.0 オンス、Supim Chambray は超長綿のスーピマコットン糸・30 番をチョイス。
春先の鉄板シリーズです!!

P2132439.jpg
Narrow Border Long

14番空紡糸のヘビー天竺生地を見ていて思いました。「太ボーダーも良いけど、細ボーダーも欲しい!」それを形にした一枚。

昨年は太ボーダーピッチ。今季は細ボーダーピッチで再登場。
ザックリ羽織るシルエットは、夏場まで活躍できるカットソーです。

P2102124.jpg
Baker Pants, Standard Fit, OD
Baker Pants, Slim Fit, 2-Tone

コーディネートの定番、ベーカーパンツ。正式には「Trousers Cotton Sateen」。シルエットは二種類。
スタンダードはビンテージをバラしてトレース。股上だけ少し浅くしたもの。スリムはWorkersOfficerTrousersが大元の型紙ですが、バックにダーツがありません。少し大き目のウェストで、ボタンを締めるとヒップは適度なゆとりがある狙ったシルエットになります。

コチラも春先のド定番ベイカーパンツ。
ユッタリなスタンダードフィットと、2トーンスリムフィット2種類ご用意いたしました♪
スタイリングによってお選びください。

P2102123.jpg
Tool Bag, MEDIUM

別注6号帆布で作ったツールバッグ。LARGEに合わせて生地を指定の幅で織りました。糸を一度湯通ししてから織ることで生地に硬さを出しています。MEDIUMはバッグの底に生地の継ぎ目があります。

コチラも定番のツールバッグですが、今期よりリベットが廃止され、ミシンで縫製されたモデルとなります。
基本的なスペックは今までと変わらず、タフで使い勝手の良いバッグとなります!!

取り急ぎダイジェストでご案内です!!
又追ってブログアップ致します♪