FC2ブログ
GLORIA 2015-06-24
P6219706.jpg
GLORIA

古くよりユーロバイカーよりの間で人気のスタイルを、日本人の顔に合わせ、細かな修正を繰り返し完成したグロリアです。

ハードさと知的な雰囲気を併せ持つクラシックなモデル。

P6219707.jpg
ブラック×スモーク

P6219708.jpg
ブラック×クリアー

P6219709.jpg
TORT×クリアー

P6219715.jpg

P6219719.jpg

P6219724.jpg

P6219711.jpg

P6219717.jpg

P6219722.jpg

P6219714.jpg

P6219718.jpg

P6219723.jpg

優れた掛け心地と、癖がなく合わせやすいフレームの形状は、HILUXBLUEBIRDに続き、スタンダードモデルとして定着する予感。

3_20150622154446084.jpg

5_20150622154449ea5.jpg

非常にかけやすく合わせやすい。
大きめフレームのHILUX、小さめで厚いフレームのBLUEBIRD、その間といった大きさです。

スモークレンズで試しましたが、クリアレンズも普段用として使いたいです。

コレはかなり反響がありそーな、そんな一着。

お早めにどーっぞ!!!

スポンサーサイト



P6199609.jpg

70年代当時は、沢山のヘルメットメーカーが存在してました。
BELL社等、専用の工場で生産していたメーカーはソレほど多くなく、殆どがOEMによる生産でした。
BUCOも60年代まではオリジナルシェルで製造していましたが、60年代後期から70年代はOEMでの生産が主で、メキシコ工場で一部のモデルを製造していました。

ヴィンヘルの最大の特徴。
目深に被れシェルが小さいのが選ばれる最大の基準です。他にもヴィンテージらしい、ヤレたシェルにダブルストラップなどのディティール、現代では表現できないデザインラメ等、ヴィンテージヘルメットを選ぶ基準は多々あります。
が、やはりシェルの大きさは重要。
デザインが良くても、シェルが厚く目深に被れないのであれば台無しです。

そこでB級と言ったら語弊があるかもしれませんが、目深に被れ抜群のシルエットを生むヴィンヘルをご紹介です。

P6189554.jpg
70s HELMET UNKNOWN

正式なメーカー名は知りません。が、PIPのデカールでお馴染のメーカーです。
基本外れがないです(笑)
くらい目深に被れ綺麗なシルエットで被れます。

P6189555.jpg

P6189559.jpg

正面からの図が最も重要。
側面部が見える物は、シェルが大きい可能性大。

P6189560.jpg

Its a PIP
かわいらしいネーミングですが、シルエットは抜群。

P6189561.jpg

内装は5㎜でフィニッシュ。
500TX並みに薄い内装です。

P6199578.jpg
70s HELMET UNKNOWN

こちらも同メーカーPIP製。
シャンパンゴールドがクラシカルで人気が高いですね。

P6199579.jpg

反射板はお決まりです。

P6199581.jpg

GP-2がモデル名です。

P6199585.jpg

目深に被れますが、適度なボリュームがポイント。
500TXの良さは、サイドも頭頂部も薄いので非常に小さく被れます。
が、難点としてジャストサイズで目深に被りすぎると、顔が大きく見え、アンバランスになることもあります。

頭頂部に適度なボリュームがあると、綺麗にまとまり美しいシルエットで被れます。

P6199587.jpg

こちらも内装は5㎜でフィニッシュ。

P6229895.jpg
70s HELMET UNKNOWN

PIP製程目深に被れませんが、こちらも個人的におススメしているNORCON製ラメジェット。
数名の人は「解る!!」と思ってくれてると思います(笑)
昔から大好きで良く買付してますからねw

P6229896.jpg

人気のブラックラメ。
ブラックラメと言っても、粒はシルバーフレーク。
ブラックベースにシルバーフレークをまぶしてあるのをブラックラメと呼んでます。

P6229897.jpg

フレークの量で随分と見た目が変わります。
多ければ多いほど、シルバーラメに見えます。少なければブラックに見えます。

P6229900.jpg

PIPと比べるとサイドのシェイプ幅が大きく、バチッと被れば綺麗にまとまります。

P6229901_201506241425040b2.jpg

内装は5㎜フィニッシュ。

人それぞれ頭の形、顎のライン、丸顔or面長で随分とイメージが変わります。
鉢が極端に張っていて頭頂部に頭が当たらな場合は、削りなどでカバーできますが、被り方も重要だったりします。

ご来店頂ければ、ヴィンヘルの正しい選び方、被り方を伝授します(笑)
チョットしたことですが、結構重要ですよ。

お気軽にお尋ねください!!


P6189517.jpg
ARTHUR FULMER AF40

現在又価格が上昇し始めているアーサーフルマーのラメジェットが入荷しました。
アーサーフルマーは製造年代で、シェルの大きさやシルエットが異なります。

今回入荷したシルバーラメは、前期モデルの粒が大きいモデルです。
イヤーパッドからネックまでチューブでつながっているモデルと違い、イヤーパッドのみ仕様。

細かく分けると、チューブでつながっているモデル、チューブでつながっているがスポンジ仕様のもの。
イヤーパッドのみ。
イヤーパッドレスで、鉢部と一体化されているもの(AF20)

トップパッドも紋章タイプ、ダイヤモンドと製造年月日により随分と仕様が異なります。

P6189518.jpg

アーサーフルマーは非常に難しいメーカーです。
製造年モデルによって、シルエットが異なり、アイポートが広いモデル、縦長モデル、目深に被れるor目深にぶりにくい。
DOT入りor無、細かいラメ粒の大きいラメ等など

一言では言えないぐらいのバリエーションが存在します。

P6189519.jpg

P6189520.jpg

アップで見ると良く解りますが、ラメの粒が大きいモデルです。
ホントギラギラです(笑)

P6189521.jpg

P6189522.jpg

製造年は75年。DOTロゴは入っていません。
70年代の初期は他のメーカーを見ても、ストラップに製造年月日は印字されていません。
が、75年辺りからBELLを始め、アーサーフルマーも印字され始めます(73年製造物もあるので確かではありません)
DOT規格との関係性が考えられますね。

P6189523.jpg

内装リペアー済み。

トップはダイヤモンドパットでした。
アーサーフルマーのアイコンの紋章のモデルもあったり、チューブがイヤーのみモデル、グルッとネックまで回っているモデルと、内装も随分と製造年月日で変わります。

お店をオープンして依頼、銀リムにヤラレずっと買付してます。
初めからアーサーフルマーのことが解らず、ひたすら買い付けし勉強を重ねました(笑)
何度も失敗しましたねw

ソレがあって今では説明できますよ。
詳しい資料に乏しいメーカーなので、ドレほどの種類があってとかは資料がないので定かではありませんが、どの年代物を買いつければシェルが小さく目深に被れるかは理解してます。

ヴィンヘルと一言いっても、目深に被れたり被れなかったりします。
内装削ればイイや!!ではなく、なるべく加工せず、目深に被れる年代を選んでいます。
それでも必要であれば削りを入れますが。

何にせよ、一度被らないと判断が難しいと思います。
来店頂き試してもらうのが一番ですが、通信販売の場合そうはいきませんね。
勿論返品交換、返品返金は到着してから1週間以内であればお受けできます。
一度被ってみたいということであれば、銀行振り込みでお振込頂き、確認後発送。到着後試着頂き、良ければ購入。合わなければ返品返金と言ったこともお受けいたします。
その際の振込手数料と送料は、お客様持ちとさせて頂きますので、ご了承ください。

宜しくお願い致します!!

P6018746.jpg
ARTHUR FULMER AF40 -Falcon-

非常に珍しいファルコンウイングバージョンのAF40が入荷しました。
以前もマルーンカラーで買付しましたが、滅多に出回らないレアモデルです。

P6018748.jpg

特にSシェルは通常の放射線状のファルコンモデルですら、枯渇モデル。
出回ってもLシェルばかりで、帽体はすこぶる大きめです。

P6018749.jpg

ウイング部が反射板にもなり、デザインも兼ねています。

P6018750.jpg

抜群な程度も珍しいです。
アーサーフルマーの塗装は弱いという表現が正しいのかは解りませんが、塗装がふやけてベタベタになっているものや、マットに変色しているものも多々あり、保管状況によって随分と差が出るメーカーでもあります。

P6018751.jpg

製造年月日は73年で、DOT規格はありません。

P6018752.jpg

P6018753.jpg

右下の小さいデカールがサイズ表記です。
ストラップ部インナーにもサイズ表記はありますが、取れていたりすることが多く、ストラップにサイズ印字がない場合(製造年代によって印字されていないものが多い)、見分けが難しいです。

P6018756.jpg

P6018757.jpg

P6018754.jpg

独特な形状はコレクターズアイテムとして流通するのみ。
今まで当店でも数多くのヴィンヘルを扱ってきましたが、マルーンのLシェル一度のみしか扱ったことがありません。
ソレほど数が少ないうえに、ゴールデンサイズのS、Mシェルは皆無です。

P6018755.jpg

P6018758.jpg

コレを逃すと先ず次回入荷は考えられません(笑)
ある意味、McHALよりも探すのが難しいですね~

ARTHUR FULMER AF40 -Falcon-