FC2ブログ
70s HELMET HA 2015-06-20
P6199589.jpg
70s HELMET HA

非常に珍しいHA(ARAI)製70年代初頭のフルフェイスが入荷しました。
詳しい資料が乏しいためモデル名などは把握できませんが、内装のレザーと500TX等と同じ光沢のある生地、ダブルストラップなどを見ても、当時のハイエンドモデルだと言うことが推測されます。

P6199590.jpg

当時のHA製は、明らかにBELLを意識した作りが多いです。
こちらのモデルは、BELL STARと酷似。
順に説明しますね。

P6199591.jpg

先ず開放部。
BELLSTARとほぼ同じのアイポート。
シールドの取り付け部が、スナップボタン。リムが合皮と言ったディティールは少し違います。

P6199592.jpg

色もBELL STAR初期のカラーリング、インターナショナルオレンジと相違してます。

P6199593.jpg

P6199596.jpg

リベットは刻印入り。

P6199597.jpg

同年代のBELL STARがあれば比べられますが、今在庫でないのが残念。
ですが、ほぼBELLSTARの7サイズとほぼ同じだと思います。

P6199598.jpg

合皮リムは日本製特有のマテリアル。
今尚、日本製の現行モデルでもストラップにコレと同じ?似た?素材が使われてますね。

P6199599.jpg

たぶんですが、銀BELLを意識したんじゃないかと。
色が飛んでますが、銀ベースにブルー文字のデカール。

P6199600.jpg

内装はオリジナル。少しばかり手を加えた程度で、状態は非常に良いです。
内装自体は、瓜二つとは言えませんが、使っている生地が500TX等と同じスベスベした光沢のある生地を使ってます。
BELL STARの最初期モデル1968年SNELL物も同じく同素材の内装です。

P6199601.jpg

ダブルストラップは、BELL STARにはないマテリアル。
Dカンではなく、バックルタイプのものは、日本製のものに多いです。

P6199603.jpg

スモークシールドは付属で付きますが、非常に暗いです(笑)
シールドに刻印など一切ないので、アフターパーツではなくオリジナルの付属品だと思います。

取り付けはスナップボタンに直接取り付ける原始的な方法。
スナップボタンが通常のものよりもクリアランスが多いので、簡単に上げ下げ出来ます。

各所のディティールを見る限り、当時のハイエンドモデルに属したものだと思います。
シングルストラップモデルもあります。

サイズ表記はありませんが、Mサイズ相当(58㎝)です。

P6199607.jpg

BELL STAR DOTの7 1/4と比べてみました。
シェルの大きさはほぼ同じです。
アイポートは、初期のBELL STAR7サイズと同じくらいです(画像の物はDOT入りの中期モデル)

以前も少し触れましたが、フルフェイスの歴史はソレほど古くなく、BELL STARの68年SNELL物が初のフルフェイスとして登場します。
その後70年代に入り、BELL STAR、STAR120等をBELL社がリリース。
その後MOTOSTAR、そしてMOTO3とモトクロス用としてリリースされます。

60年代、70年代は製造年月日の記入がないので、他のメーカーの詳しい製造年代は把握できませんが、HAがBELL STARモデルとして発売したのは間違いないと思います。

かなりレア度は高いですよ。

是非この機会にお買い求めください!!

70s HELMET HA




スポンサーサイト
RABBIT 2015-06-20
P6209687.jpg

結構久々ですね(笑)
実は昨年末からエンジンの調子が悪く、ようやくエンジンOHで復活したとのことでした!!!

P6209686.jpg

ロックなカラーリングは、前のオーナーから引き継いだもの。

P6209689.jpg

シートカバーも白赤のツートン!!

P6209691.jpg

P6209688.jpg

P6209692.jpg

そういえば今年も半年を既に切ってますね(笑)
早いな―――
今年も昨年以上にSAVEでお願いします!!!

P6209690.jpg

エンジンはOHして少々ボアアップ。
今後旧車特有の「何じゃこりゃ」が発生しないことを祈ります!!!!

1_201506201847081bc.jpg

ヘルメットはアーサーフルマーのオレンジフレークをチョイス。
同じくアーサーフルマーのブルーフレークも気になるそうなので、いずれSシェル買い付けます(笑)

いつもご利用ありがとうございます!!!!!

1_201506201714520d4.jpg

2_2015062017145336f.jpg

お互い出張の際KRAFTYで直接買ったシャンブレーシャツ。
申し合わせは勿論してませんが、お互いブラックのウイングデザインシャツを購入(笑)
そして今日たまたま同じシャンブレーシャツを着てご来店(笑)

ビビったww

お二人ともにバイクもですが、洋服にもしっかりと気を使い楽しまれております~
どちらもバランスが重要ですね!!

ヘルメットもヴィンテージをチョイス。

時にはジェット、時にはフルフェイス、そしてハーフと使い分け楽しんでますね~

お二人様、ご来店ご利用誠にありがとうございます!!!

来月夜走り来れたら来てね!!!

YAMAHA 2015-06-20
P6209672.jpg

今日は雨降予定から一転、全くの快晴(笑)
本日はお日柄もよくYAMAHAな二台がタイミングよく揃いました!!

P6209661.jpg

先にご来店頂いていたSR500

P6209662.jpg

初期ナロータンク装備で、クラシックカスタム。

P6209664.jpg

直立アップハンが今流行ってますね~~

P6209665.jpg

トランペットチョイ上げスタイル!!!

純正ルックを崩さずカスタム。
全国的に純正ルックカスタムが流行ってます。
元々ラインが綺麗なので、ガッツリも良しライトも良し、チョッパー、ボバー、クラシック、ヨーロピアン、カフェと様々なスタイルが確立されている車両ってSRしかないですよね~~
特に純正500は貴重です!!

P6209669.jpg

そして丁度入れ違いでご来店なXS650!!
実は今日が二回目のご来店なんですが、インスタでフォローしあっているんで、身近に感じます(笑)

P6209670.jpg

マットなカラーリングにマットなエキパイ。
ヤレ感も絶妙なボバースタイル!!

P6209678_20150620171133923.jpg

P6209679.jpg

独特な取り回しのエキパイがポイントですね。

P6209673.jpg

P6209676.jpg

全体的にまとまったボバースタイルなので、派手さはありませんが玄人好みな一台です!!

P6209675.jpg

で、そうこうしてるとSR500がUターン(笑)
こちらのお二人もインスタで知り合い、顔なじみ(笑)

P6209680.jpg

服の趣味もお互い似てます(笑)
で、仕事も全国飛びまわってるし、共通点多すぎw

良き時間を過ごせました~~
タイミングが合えば、今度走りたいね~~

そんときは宜しくです!!!!


McHAL MACH2 2015-06-20
P6189515.jpg

McHAL

BELL、BUCOと並びアメリカ3大ヘルメットメーカーと呼ばれるマックホール。
Mchaは、1954年にカルフォルニアで創業され、主に西海岸中心にヘルメット総合メーカーとして確固たる基盤を作る。
60年代に入り、当時のレーサー等にヘルメットを供給したり、ハーレーと提携し、ヘルメットを製造したりし、BELL、BUCOとアメリカ3大メーカーとも言われるくらいまでに急成長。

当時のヘルメットシェアは、殆どがBELLという時代に、一石を投じ数々の名作を世に残すが、BELLには勝てず2輪から4輪に転向後、1970年に姿を消した、幻のメーカーとも言われています。

今では皆さんご存じのマックホール。
自分が店を始めた9年前は、殆どの方が知りませんでした。
ヴィンテージヘルメットに精通している方や、コレクターの方々にしか話が通じませんでした(笑)

時代は流れ、雑誌やネットの影響で、今では皆さんもご存じマックホール。
それでも圧倒的に数が少ないので、市場に出回りづらいですね。

P6189525_20150619195515ce6.jpg
McHAL MACH2

そのマックホールブランド70年代製造のマッハ2。
マックホールブランドという表現は、同じモデルで同時期KAWASAKIのヘルメットもOEMでリリースしていたので、マックホールブランドという表現をしました。

P6189526.jpg

製造年代で言えば、BELLの初期RTと同じくらいですね。
したがってシェルも小振りで目深に被れます。

P6189527.jpg

P6189528.jpg

KAWASAKI仕様には、エンブレムは付きません。
同じ年代のものでも、マックホールブランドとKAWASAKIでは価格も違います。

P6189529.jpg

P6189530.jpg

P6189531.jpg

P6189532.jpg

縦に長くシェイプされているので、被ったときのシルエットは抜群にカッコイイです。

P6189533.jpg

デカールがあるのとないのとでは、随分と価格も変わってきます。

P6189534.jpg

内装は鉢部オリジナル、イヤーパッドは交換しています。

P6189535.jpg

他のメーカーと比べ内装も一工夫されていて、スポンジも劣化しにくい仕様になっています。
リペアーすることも可能です。

唯一無二な存在感は、BELLやBUCOにはないMcHAL。

余談ですが、僕がマックホールの存在を知ったのは1973年公開の”ラストアメリカンヒーロー”という映画です。
札付きの悪がお金を稼ぐため、賞金稼ぎのレースに興じ、その後ストックカーレースに出場するまで上り詰めるというストーリー。
実在する伝説的ストックカー・レーサ、ジュニア・ジョンソンの青春時代を描いた作品です。
ストーリーも見どころですが、何と言っても歴史背景の洋服やヘルメット。
賞金稼ぎで地方レースに出ているときに被っていたのが、McHALのSPEEDWAY。

1 (2)

フェイス部が広い最初期モデルではなく、60年代後期製のモデルです。

そのスピードウェイを被り草レースを勝ち抜き、その後ストックカーレースに出場。
その時被っていたのはBELLのRT。
んーーって感じです(笑)

レンタルでは見たことないですね(笑)

機会があったら是非見てみてください!!