FC2ブログ
Ace Moon Muff 2014-12-18
PC187477.jpg
Ace Moon Muff

イギリスの老舗ファブリックメーカー"Moon"社の上質ウールを使用したマフラーです。

1837年創業のMoon社は、現在でも全ての生産工程を一貫して自社内で行い、伝統と進歩の組み合わせ最高品質の生地を生み出しています。

ざっくりとした素材感、派手さを抑えたダークトーン配色が魅力的なチェックとハウンドトゥースをチョイスしました。

PC187478.jpg
ブラウンチェック

PC187479.jpg

PC187480.jpg
オリーブハウンドトゥース

PC187481.jpg

PC187483.jpg

色々な巻き方がありますが、一番オーソドックスな巻き方は
たて横に半分に折り、首に巻き付けるのが最も簡単ですね~

PC187489.jpg

PC177405.jpg

参考下さい!!

実はトロフィー初のマフラーです。
今期は小物が充実し、ネクタイなどもリリース。
来週には、ベルトやウォレットのリリースも控えています~~

実用性も兼ね、ファッションのアクセントにもなる小物の使い方は、冬のトータルコーディネートのだいご味でもあります。
パッと明るめなカラーを持ってきたり、地味になりがちな冬物アウターの上からチェック柄など、うまく取り入れて冬ファッションを楽しんでください!!

自分も欲しいぞ(笑)

スポンサーサイト



1_20141218143927fdc.jpg
165cm 60kg 36インチ着

JKT:Nevada Coat -Camel-
Denim:1605 STANDARD DIRT DENIM
Hat:Felt Hat
Eyewear:LANCER

デニムにエンジニアにハードな組み合わせ。
程良い厚手のウール地なので、インナーはソレほど着込まなくても平気です。
細身のライダースをインナーに持ってくればバッチリですが、ややタイトめな作りですので、着膨れしない程度に合わせることが重要ですね。
形状記憶の出来るロードランナーさんの新作フェルトハットは、ライディング時はバックに押しこめる便利なハット。
普段着のコートとしても使えるリブなしなので、ライディングの時はガントレットグローブは必須。

2_201412181439295c2.jpg

改めて試着してみると、その着心地とスタイリングし易さ、そしてワードローブにはなかったデザインが魅力的。
ネイティブな雰囲気のマスタード配色は最も僕好み。

インナーにライダース、そしてカチあげたチョッパーにまたがる絵を想像しながらのスタイリング(笑)

ありと思います!!

Nevada Coat 2014-12-18
PC187442.jpg
Nevada Coat

ハーフ丈のコートはCAR GUYに愛されたカーコート、米国沿岸警備隊の官給品でもあるコーストガードコート等、その防寒性・実用性の高いスタイルから様々なタイプが存在します。

オールレザーに比べ洗練された印象を持つ上質のウールコートは、冬のワードローブに加えたい一枚といえるでしょう。

PC187448.jpg

マッキーノコートと言えば、ショールカラー。
肌寒い季節は襟を立てボタンを止めれば、首元からの風の侵入を防ぐことが出来ます。

PC187449.jpg

柔らかいミックスウール地は、肌さわりも抜群です。

PC187450.jpg

身頃と袖のボーダー位置を決め、裁断、縫製を行いました。

柄位置の指定は生地容量も掛かりますが、ボーダーが最も効果的なデザインになるよう配置しました。

PC187451.jpg

古くは40年代から続くマッキ―ノコート、ジープコートなどと呼ばれるUS ARMY御用達のジャケットベースにトロフィーらしさを落とし込んだ一着。

PC187452.jpg

PC187453.jpg

PC187454.jpg

ウエストベルトは着脱可能なので、お好みでご使用下さい。

PC187455.jpg

PC187458.jpg

PC187459.jpg

PC187460.jpg

インナーリブは設けられていないので、袖口を絞りガントレットグローブなどで袖口を覆いお使いください。

PC187461.jpg

ダブルブレス仕様なので、お好みに合わせスタイリング下さい。

PC187462.jpg

PC187463.jpg

裏地も肌さわりの良いミックスウール。

PC187469.jpg

PC187470.jpg

上品なマッキーノコートをベースに、ネイティブなボーダーニット柄で仕立てた一着は、今までトロフィーにはなかったアプローチですね。
下はデニムにインナーにライダースを合わせ、ハードなスタイリング。
下にチノやウールパンツ、インナーにシャツを合わせ、綺麗めなスタイリング。

ハット、キャスケットなどクラシカルな装いにバッチり決まります。

軍物一辺倒な冬のライデンングシーンではありますが、こういったアイテムを取り入れることにより、オシャレ度はグンと上がります。

是非お試しください!!

1_20141218141114d3f.jpg
165cm 60kg Mサイズ着

JKT:Skull Car Coat -Black-
Shirt:Engineer Shirt, Wabash Stripe
Denim:1605 STANDARD DIRT DENIM
Cap:Paper Boy Cap
Eyewear:MARK2

自分と同じくらいの身長体重であればSサイズでも構いませんが、ワンサイズ大きめのMサイズをゆったりと着ています。
ソレほど肩幅も気になりません。
袖はリブで長さ調整出来るので特に気にせず、身幅もシャツ+薄手のベストやニットを羽織れるくらいです。

2_20141218141115695.jpg

着丈はベストな長さ!!
シャツが出るか出ないかぐらいが丁度良いですね~
黒地に白の刺繍なので、背中で目立てます!!

パンツは特に気にせず、色々と合わせてみてください!!
ローテクなスニーカーやVANSなどとも相性は良いですよ。

お試しください!!!

Skull Car Coat 2014-12-18
PC187432.jpg
Skull Car Coat

2011年に誕生した、今季より取り扱いをスタートするPAWN。
アメリカ西海岸カルチャーに精通したデザイナーが立ち上げたブランドです。

PC187433.jpg

スカル柄は同ブランドが最も得意なモチーフ。
リアリティのあるスカルを背面に刺繍ワッペンでセット。
アーチ状にブランドネームを刺繍で配しています。

PC187418.jpg

ウール50%/ポリエステル50%の適度な厚みのメルトン生地。

PC187420.jpg

リブネック

PC187421.jpg

PC187422.jpg

左胸にはPNフェルトワッペンが付きます。

PC187423.jpg

PC187424.jpg

PC187425.jpg

PC187426.jpg

アームホールはタイトな作り。

PC187427.jpg

厚手の2重リブ。

PC187428.jpg

カーコート特有の適度な着丈がスタイリングし易いです。

PC187429.jpg

PC187430.jpg

中綿入り。

ゆったりとしたシルエットが基本なカーコートですが、身幅もアームホールも狭めたタイトなシルエットが特徴です。
ザックリオーバーサイズで着ても良し、ジャストサイズでも良しな一着です。

主張のあるバックデザインは、今までうちのテイストになかったご機嫌な一着!!

メーカーストックもコレでラスト。
お早めにどーっぞ!!