FC2ブログ
交通規制 2014-12-03
1_2014120316070238e.jpg

明日4(木)天皇陛下が乗られた車両が通過致しますので、吉島通りが11時ごろから12時過ぎまで交通規制がかかります。

その時間帯にご来店予定の方々。
時間帯をずらしご来店ください。

宜しくお願い致します。






スポンサーサイト



MOTOSTAR 2014-12-03
PC026584.jpg
BELL MOTOSTAR

BELL初のモトクロス用フルフェイスとして75年に発売されたモトスター。
79年まで製造されました。
MOTO3と違い圧倒的に玉数が少なく、市場では未だ根強い人気を誇ります。

PC026586.jpg

PC026587.jpg

PC026588.jpg

PC026589.jpg

PC026594.jpg

画像を見てわかる通り、小傷も少なくミントコンディションです!!
通常モトクロスヘルメットは、手荒に扱うのが基本なので、状態の良いものが出ることが少なく、程度の良いものは非常に珍しいです。

PC026591.jpg

盛り上がったノーズがメチャクチャカッコイイです!!

PC026592.jpg

PC026595.jpg

内装もバッチリリペアー済み。
10mmのスポンジでフィニッシュ!!!内装加工が必要ないくらい目深に被れます。

MOTOSTARの人気を不動にしたのは、皆さんご存じの"MADMAX”ですね。
マッドマックの劇中に出てくる、Z1000に乗った悪役トゥーカッターがモトスターとゴーグルと言う組み合わせで被り、一躍時のアイテムと化しました。
今でも根強い人気ですが(笑)

僕はON ANY SUNDAYですが!!

何はともあれ、オフロードヘルメットと言う定義のない時代(オープンフェイスやBELL STAR,STAR120をオフロード用として使っていた)にリリースされ、その後MOTO2、MOTO3と流れを作ったMOTOSTARは、やはり人気が高いです。

Protector 2014-12-03
PC016530.jpg

先ほどのブログにお伝えしましたが、プロテクターには初期モデル、中期、後期モデルと存在します。
どこまでが初期で中期で後期では、人それぞれあると思いますが、僕なりの分け方を紹介しておきます。

1_20141203124632fd4.jpg
以前入荷した初期ガーディアン。
50年代製造物は、いわゆる”イエローラベル”と言うデカールが貼られています。

128_4fffd52f2d4c4.jpg

内装からして全く違います。

PC016463.jpg

こちらは中期モデル。

PC016469.jpg

イエローから濃紺デカールへと変わります。
濃紺デカールは、60年代後期モデルにも使われていたりします。

PC016470.jpg

中期モデルの内装

この時代からバンドが取り付けられ、頭位に合わせサイズ調整が出来る内装へと変わりました。

PC016504.jpg

こちらは後期モデル

PC016483.jpg

デカールに関してはグレイカラー、濃紺と存在します。
デカールはまだまだ勉強中ですので、解りかねます。

PC016499.jpg

後期モデルの内装

中期の、むき出しの発泡スチロールから、後期は薄いプラスチックのカバーが取り付けられます。

PC016537.jpg

PC016538.jpg

中期モデルのイヤー部。

PC016534.jpg

PC016535.jpg

後期モデルのイヤー部。

後期モデルよりスナップボタンが追加されます。
こちらは、別売りのイヤーマフを取り付けるためのスナップボタンです。
イヤーマフはごくたまに見かけますが、結構なレアパーツでもあります。

ココからが本台。中期と後期の最大の相違点は、帽体の大きさです。

PC016520.jpg

写真では微妙ですね(笑)

PC016522.jpg

実際に被ると良く解るんですが・・・・

PC016525.jpg

上から見ると一目瞭然!!

PC016529.jpg

一回り帽体が小さいのが解りますね。

中期モデルまでは、3サイズ展開でした。
後期モデルはワンサイズ展開・・だと思います(笑)
詳しい資料を紐解いたわけではないのですが、先ず間違いないと思います。

小さい帽体はバンタムと言うモデルに移行され、プロテクター及びそのほかのハーフヘルメットはワンサイズ展開なはずです(笑)

後期からラメプロテクターが発売されたり、卵の殻のようなシェルがあったり、リムも色々な種類があったりと、まだまだ解明できていない点は多々ありますが、今後も引き続き調査します!!


BUCO Protector 2014-12-03
PC016542.jpg

ブコハーフの中でも最も人気の高いプロテクターが入荷しました。
プロテクターとガーディアンは、50年代から60年代後期にかけて作られた名作ですね。

他のディフェンダーやトラベラー、バンタムなどは60年代後期製です。
スパルタンは60年代初期まで。

初期物はいわゆるイエローラベルと言う滅多にお目にかかれないコレクターズヘルメット。
今回は中期、後期製が入荷となりました。

PC016463.jpg
BUCO PROTECTOR
こちらは中期モデル

PC016475.jpg
BUCO PROTECTOR
こちらも中期モデル

PC036619.jpg
BUCO PROTECTOR
こちらは後期モデル

PC016504.jpg
BUCO PROTECTOR POLICE
こちらも後期モデル

前期、中期、後期では同じモデルでも違いがあります。
基本的なラインは同じです。耳部が出ている辺りもディティールは基本同じ。

横の画像だけで判断出来る方は、よっぽどの通ですね(笑)

既に即売ですが、後期モデルはストックあります。
お早めにどーっぞ!!


ON BOOKS !! 2014-12-03
PC026598.jpg

今号も当店で取り扱っているブランドさんが多数出てます!!!

PC026599.jpg

先ずはアップスウィープ。

PC026600.jpg

巻頭特集はBLUCOさん!!
即売したデッキベストとN-1を着てから、鹿児島から東京までナックルチョッパーで自走と言う過酷な特集ですね(笑)
途中広島にも立ち寄ったみたいですね!!

PC026601.jpg

トロフィーさんも今期のコレクションが特集されてます!!

PB276256.jpg

ホットバイクは、ホットロッド直前特集。
著名なチョッパービルダーさんたちが紹介されてますー

PB276257.jpg

そんな中、僕にとっての著名なビルダー

PB276259.jpg

金丸さんです(笑)
カスタムビルダーではなく、日本を代表するヴィンテージラングラーのエンスージアスト!!!!
今回はあのベイツに別注をかけるといった、荒業が特集されてます(笑)
ふつー無理ですよねw

しかし掲載されているスペシャルワン。やばいですねーー
当時物から型を起こし完全復刻しつつ日本人に合わせリサイズ。

そして気合いの元旦営業!!(笑)
いやー僕も年末年始東京にいるんで、時間を頂けたら行こっかな(笑)

そんな金丸さんは、僕が東京に住んでいるときに色々とお世話になった方です。
特に昭和プロレス話は、尽きることがないと思いますw

今月号のライトニングにも掲載されているとのことなので、又紹介しますねー