FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01
4_201810301317289f1.jpg
165cm 60kg 36インチ着

JKT:N-1 TR.MFG -Black-
Denim:1605 STANDARD DIRT DENIM
Cap:Low Gauge Knit Cap
Eyewear:Trophy Optical “Jazzmaster”
Boots:AD-S-01B ENGINEER BOOTS -Black-

衣替えのシーズン。
トロフィー冬のへヴィーアウターを語る上で欠かせないのがロングランなN-1ジャケットですね。
このジャケットがあれば極寒な冬でも十分越せるくらいの耐久性と保温性を誇る代表的な一着。

インナーにはへヴィーネルを合わせていますが、身幅等余裕があり窮屈感はありません。

5_2018103013173010e.jpg

アームホールは適度に絞られています。

6_20181030131731815.jpg

着丈はベルトが隠れる程度。
ライディングポジションにもよりますが、背中は出ない程度の長さ設定です。

1_201810301317248ae.jpg
165cm 60kg 36インチ着

JKT:N-1 TR.MFG -Khaki-
Denim:1604 Dirt Denim Waist Overalls
Boots:Arrow Engineer Boots

シックなブラックも良いですが、ミリタリーカーキも定番人気。
遮風性と撥水性に優れたグログランピケをアウターシェルに。
光沢具合がコットングログランよりもあり、カーキが際立って見えますね。

2_20181030131725e4f.jpg

インナーのアルパカウールが寒さ知らずで多くの重ね着を必要としません。

3_20181030131727754.jpg

ステンシル等のカスタムは施されていないので、ご自身でカスタムされても良いですね!!

7_201810301317334ed.jpg

Pants:Workers Officer Trousers Vintage Type 2 USMC Khaki
Cap:Trapper Cap

個人的にも随分と久しぶりにコチラのブラックを新調!!
今までファーストモデルのトロフィーN-1を着用していましたが、当時はまだアルパカファーではなかったので、アルカパの保温性に感動しております(笑)

8_201810301317346be.jpg

Pants:Baker Pants, Standard Fit Sage Green
Cap:Low Gauge Knit Cap

カーキもいつか手に入れたいです(笑)

ガシガシ使って味を出すならカーキは良い雰囲気になると思います~
ブラックは今日から着続け経年変化も又ご紹介したいなーっと思ってます!!

今日はN-1日和♪
どーっぞストックのあるうちにお買い求めください!!

スポンサーサイト
N-1 TR.MFG 2018-10-29
PA288601.jpg
N-1 TR.MFG -Black-

PA288624.jpg
N-1 TR.MFG -Khaki-

民間向けに製造、販売されたコマーシャルバージョンをコンセプトに製作。

遮風性と撥水性に優れたグログランピケはヴィンテージで希少とされるアウターシェルに採用。
保温性の高いシンサレートをミドルレイヤーとして挟み、柔らかいベビーアルパカを裏地として全面に使用。

TROPHYのN-1の特徴でもあるポケット口のレザートリムは30年代のカーコートやランチコートにも見られ
るデザインで、軍に納品しているミルスペックジャケットとは異なる個性です。

PA288602.jpg

PA288625.jpg

昨年に引き続き今年も登場なトロフィーが誇る冬の代名詞ジャケット、N-1が入荷です!!
古くからバイカーのウインターギアとして幅広い世代から指示を受けているN-1ジャケット。
民間向けに製造、販売されたコマーシャルバージョンをコンセプトに製作しています。

PA288603.jpg

首元までシッカリと防寒。

PA288627.jpg

裏地には柔らかいベビーアルパカを全面に使用しております。

ベビーアルパカは非常に貴重で、1回の採取量も限られており、通常のアルパカと比べてみても、はるかに丈夫で保温性に優れています。

PA288605.jpg

太目なチンスト。

PA288629.jpg

PA288607.jpg

畝がハッキリとしたグログランピケをアウトシェルに採用することで、遮風性と撥水性に優れております。

中綿にシンサレートを使用する事で、更に保温性を高めております。

PA288631.jpg

ボタンホールもキツキツな設定ですので、最初よく馴染ませて使用ください。

PA288609.jpg

PA288633.jpg

ポケット口には、ヴィンテージで30年代によく見られるカーコートやランチコートのレザートリムを採用しました。
経年変化も抜群なトロフィーオリジナルディティールです。

PA288611.jpg

PA288635.jpg

インナーリブで風を通しません。

PA288613.jpg

脇下のベンチレーションは、蒸れやすい冬のアイテムには欠かせないディテールとなっております。

更に袖口は隠しリブを採用し、ドローコードは先端を金具留めする等、細部まで拘ったクオリティーは一切妥協の無いジャケットです。

PA288636.jpg

PA288615.jpg

スムーズな動きなTALONジップ。

PA288616.jpg

PA288617.jpg

PA288641.jpg

PA288642.jpg

袖口までギッシリと詰まったアルカパウール!!
これで寒いとは言わせません!!!!

PA288620.jpg

PA288644.jpg

ステンシル等もなくシンプルなボディ。
ご自身でステンシルやワッペンなどでカスタムしてもカッコイイですよね~

遮風性と撥水性に優れたグログランピケはヴィンテージで希少とされるアウターシェルに採用。
光沢具合が又良い雰囲気な一着です。
オリジナルはザックリとしたサイズ感ですが、日本人サイズに合わせややタイト気味なサイズ感になります。
アームホールも適度に余裕はありますが、やや細身と考えて下さい。

言わずと知れたトロフィー最初期からリリースされ幾度かリニューアルして完成形となったN-1ジャケット。
ただ毎年必ずリリースされているわけではなく、去年3年ぶりくらいに復活し、今年も再登場。
したがって来シーズンリリースされる保証はありません。

去年も早々に完売し、フォローも不可なパターンでした~
今年も既に在庫薄ですので、どーっぞお早めにお申し付けください!!

コレ着て寒いなんて言わせません(笑)

N-1 TR.MFG -Black-

N-1 TR.MFG -Khaki-

1_20181005135757e2c.jpg
165cm 60kg 30インチ着

Tee:Racing DIV OD L/S Tee
Denim:1607 NARROW DIRT DENIM
Cap:Chief Tracker Cap

久々にナローデニムを新調。
股上の浅いナローは、スタンダードの同サイズと履き比べてもウェスト部分のサイズ感が異なります。
馴染ませるまで我慢なジャストサイズ、チョットユッタリにならワンサイズアップでも良いと思います。

2_20181005135759771.jpg

シャフトの太いエンジニアブーツ等は裾巾が合わない場合もあります。
手で押し込めばある程度行けますが、昨日入荷したAD-S-02 STEERHIDE LACE-UP BOOTSと合わせると理想的ですね。

3_201810051358001d5.jpg

ヒップ部に余裕があまりないので、ココをユッタリと履くならサイズアップ、もしくは馴染むまで履きこむのがベスト。

4_20181005135802af6.jpg

JKT:Racing DIV Coach Jacket -Black-

6_20181005135805806.jpg

JKT:AD-WX-04 OILED CLUBMAN JACKET

ご参考下さい。

P1292975.jpg
Dirt Denim Army Hat

定番の Dirt Denim を使用したアーミーハット。

今季は帽体の膨らみを抑える為にパネル数を6パネルへと変更し、今季は菊穴を追加しております。

ブリム部分の裏面にヘ リンボンを配置し、ブリムを上げて被った時アクセントになります。

使い込んだ時の色落ちも楽しいアイテムです。

P1292983.jpg
インディゴ

P1292977.jpg
ブラック

P1292984.jpg

P1292978.jpg

P1292988.jpg

P1292982.jpg

Dirt Denim Engineer Capと同様に、インディはホワイトステッチ。ブラックはブラックステッチとなります。

P1292985.jpg

P1292980.jpg

今季は帽体の膨らみを抑える為にパネル数を6パネルへと変更。

P1292987.jpg

P1292981.jpg

今季は菊穴を追加しています。

P1292991.jpg

ブリム部分の裏面にヘ リンボンを配置し、ブリムを上げて被った時アクセントになります。

P1292992.jpg

ダートデニムを使用したアーミーハットは初期のころ(10年くらい前)にリリースされ、一度改良後再販された記憶はありますが、久方ぶりのリリースですね。
今期は裏地にヘリンボーンを配置しているので、ブリムアップスタイルもバッチリ決まります。

デニムパンツでお馴染のダートデニムベースは、経年変化が非常に楽しみな一着です。

コチラも競争率が高い人気アイテム。
お早めに是非どーっぞ!!!

Dirt Denim Army Hat



P1292955.jpg
Dirt Denim Engineer Cap

定番の Dirt Denim を使用したエンジニアキャップ。

40sのワークキャップをモデルに、被った時のシルエットなどに拘っています。
サイズ調整のベルトを排除し、サイドに菊穴を 配置してあります。

今季はタック部分を縫い合わせ、クラウン部分を高くしていますので潰して被るのがオススメです。

P1292957.jpg
インディゴ

P1292963.jpg
ブラック

P1292958.jpg

P1292964.jpg

短めなツバはフリップアップが調子よいですね。

P1292961.jpg

P1292968.jpg

インディゴはホワイトステッチ。ブラックはブラックステッチとなります。

P1292960.jpg

P1292965.jpg

40sをイメージに、調整ベルトを排除しサイドには菊穴を配置してあります。

P1292959.jpg

P1292967.jpg

P1292969.jpg

P1292970.jpg

今までリリースしてきたワークキャップやレイルローダーキャップとは又一味違ったエンジニアキャップ。
40sワークキャップをベースとしたシルエットとなります。
シルエットもさながら、特筆すべくはダートデニムを使用している点ですね。
コレまでダートデニムを使用したワークキャップはリリースがなく、待望といった感じです。

ミニマムなサイズに合わせた小振りなシェルに、深すぎない被り心地。
ツバ芯がないので、無造作にポケットに忍ばせることもでき、キャップ必須なバイクユーザー目線での物作りとなっております。

ワンウォッシュ済みなので縮みはありません。
個体差はありますので、あしからずご了承願います。

速売れ必至。お早めにどーっぞ!!

Dirt Denim Engineer Cap