1_20170626191136797.jpg
165cm 60kg 32インチ着

Tee:Racing DIV Tee -Natural-
Denim:1607 NARROW DIRT DENIM
Cap:2 Tone Trucker Cap

新たなTシャツを手に入れると、インディゴブルーが恋しくなりデニムも新調したくなるものです。
今回はナローデニムをチョイス。
ジャストサイズの30インチではなく、腰回りに適度なゆとりを持たせたいためサイズアップの32インチをチョイスしました。

2_2017062619113848f.jpg

ワタリ、膝巾共にユトリが出来て、夏場の暑いシーズンも問題なく履きこなせますね。
裾巾は0.5㎝程広がりますので、ブーツもスッポリと収まります。
30インチジャストだと、ギュッと押しこむ必要があります。

3_20170626191138f04.jpg

ヒップも程良いユトリが生まれるので、履いていて楽ですね~
スタンダードシルエットだと、サイズアップした際はルーズな印象になりますが、ナローデニムの場合はソレほどルーズな印象もなく、すんなりと合わせられます。

4_201706261918520e7.jpg

コチラは約6年ほど着用した上記と同じ32インチのナローデニムです。
インディゴブルーが全く感じられないくらい色落ちしました(笑)

5_20170626191854e8b.jpg

ジャストサイズでのヒゲの付き方、サイズアップでのヒゲの付き方等々、デニムは一種の年輪に近いものがありますね。
特にトロフィーが誇るダートデニムは、他ブランドと違って独特な色落ちが楽しめます。

是非サイズストックがあるうちに、一本育ててみてください!!!


スポンサーサイト
長らく完売していたダートデニムの再販分をウェブストアに反映しました。
定期的に再販されますが、ほどなくして完売するトロフィーを代表するダートデニム。
スタイルによって、スタンダードシルエット、ナローシルエットと選ぶことが出来、スタイリングに合わせてコーディネートされる方も多いです。

P6197536.jpg
1605 STANDARD DIRT DENIM

必要から生まれたワーカーの道具としてのジーンズが、意志表現をする衣類として広く認知され市民権を得た1950年代初頭。そんなエポックメイキングな時代背景からインスピレーションを得て製作された1本。ハウスナンバーをロットナンバーとして記し、設立時より生産し続けている不朽の名作。

3_20170619190945e8c.jpg

腿周りに適度なゆとりを残し裾にかけて自然にテーパードさせたジャストフィットシルエットになります。

先ずは何はともあれ、オールマイティな着こなしが可能なスタンダードモデル。
トロフィー立ち上げから作り続けているマストデニムです。

ブーツは勿論、スニーカースタイルもバッチリハマります。

P6197538.jpg
1607 NARROW DIRT DENIM

モータリゼーションの加速した1960年代。オーバルのダートトラックをドリフトで駆け抜けるレーサー、自らガレージで仕上げたバイクでレースに昂じるモーターヘッズ。オイルと土にまみれたアメリカの自由な雰囲気をイメージソースに生み出された代表的な1本。

4_20170619190946e57.jpg

Lot.1607と銘打ったこのモデルは、腰回りがタイトな都会的ナローシルエット。

スタンダードが発売され数年後に生まれたナローシルエット。
股上を浅く、膝から裾にかけストレートに伸びたパイプドステムは、エンジニアブーツは勿論、スニーカーを合わせてみるのも選択肢の一つです。

ジャストサイズでナローシルエットを楽しむもよし、サイズアップで腰履きスタイルも良しな、都会的なシルエットです。

P6197537.jpg
1606SW W KNEE STD DIRT DENIM

EARY60sモーターリゼーションの進化と共にワークスタイルも用途に合わせ進化しました。
膝をつく事の多いファクトリーワーカーやメカニック等、時代の発展の陰には鉄や汗にまみれたWORKING CLASS HEROが存在しました。
そんなイメージを元に誕生したヘヴィーデューティーワークスタイルデニム。


ゆったりめのシルエットにダブニー、各所にトリプルステッチを使用したワークテイストな一本。
ナローシルエットのダブルニーはモトクロスパンツのような雰囲気に対し、コチラはタフなワークパンツに仕上っています。

トロフィーを代表するダブル二―の元祖1606モデルです。
古今東西各メーカーがこぞってダブル二―モデルをリリースしていますが、最も最初に開発したのがトロフィークロージングです。
他メーカーにはまねできない、ダートデニムとの相性が抜群なのは言うまでもありません。

1_201706191923207fb.jpg

P6197539.jpg

1608 W KNEE NARROW DIRT DENIM

股上を若干浅くしたタイトな腰回り、腿から膝にかけての絞った細身シルエットはバイクに跨った時を考え生み出されました。
膝から裾にかけストレートに伸びたパイプドステムはエンジニアブーツと抜群の相性を見せます。

2_20170619190944588.jpg

都会的なナローシルエットの1608モデルもナローデニムが出るタイミングで生まれた名作。
スニーカーとの相性は抜群です。
ブーツインで履くならナローシルエットがベストです。

スタイルに合わせて選ばれる方が多いですね。
僕もスタンダード、ナローとスタイルによって選んでいます。

是非一度お試しください!!!!
間違いなくマストデニムになるはずです!!



P2112284.jpg
1604 Dirt Denim Waist Overalls

1940年代後期、空前の戦後景気に沸くアメリカ。
拍車のかかった消費社会で労働者の道具としてのワークウエアの質も向上しました。
ワークウエアとしてのノスタルジックな雰囲気と現代の衣料の原型を併せ持つ1本です。

P2112287.jpg

シルエット
オーバーオールズとは本来パンツの上から履く物に由来。
このモデルもその名の通り、太めのゆったりとしたシルエットとホールド感のある腰回りが特徴。
ヘビーな生地の質感がワークウエアとしての無骨な雰囲気を引き立ててくれます。

P2112288.jpg

カーブポケット

P2112289.jpg

P2112290.jpg

P2112291.jpg

P2112292.jpg

トロフィー歴代ロットナンバーの中でも、股上も深くユッタリとした履き心地です。

P2112293.jpg

ワタリも余裕があります。

P2112294.jpg

P2112295.jpg

何と言っても質実剛健なトリプルステッチで構成。
歴代デニムの中でも最も無骨な印象です。

P2112285.jpg

バックショットが顔なデニムでもあります。

P2112299.jpg

通称LEEポケットと呼ばれるドングリポケット。
やや外向きに配置されている点も、特徴の一つです。

P2112300.jpg

カンヌキも無骨なステッチ始末

P2112301.jpg

デニムシリーズ唯一なシンチバックを搭載。

P2112302.jpg

P2112297.jpg

P2112304.jpg

自分も含め復活を望んでいた方も多いのではないでしょうか?
ダートデニム史上最も無骨で男くさい一本です。
ユッタリとしたシルエットにトリプルステッチ、バックショットにはシンチバックと個人的に好きな要素だらけで、今後のヘヴィロテ決定な一本です。
スニーカースタイルではなく、ブーツスタイルに限られます。

相当カッコイイので、是非足を通してみてください!!
保証しますよ(笑)

1604 Dirt Denim Waist Overalls

1_201702131344431ee.jpg
165cm 60kg 36インチ着

JKT:2604 Dirt Denim Coverall
Denim:1604 Dirt Denim Waist Overalls
Boots:Arrow Engineer Boots

1604 Dirt Denim Waist Overallsとのセットアップは、間違いのない選択ですね~
トリプルステッチ同士の無骨な組み合わせは鉄板スタイル。

2_20170213134444ab3.jpg

着丈も相当短くなったので、背の低い僕でも合わせ易いです。

3_20170213134445ba4.jpg

4_20170213134446ded.jpg
165cm 60kg 36インチ着

JKT:2604 Dirt Denim Coverall
Pants:Baker Pants, Standard Fit, OD
Boots:Tanker Boots

ベイカーパンツとの合わせも鉄板なスタイル。
細身のパンツよりも、ユッタリめのワークパンツのほうが、らしく仕上がります。

5_20170213134448409.jpg

色落ちさせるには一苦労なカバーオールですが、ガンガン着倒して色落ちも楽しみたい一着ですね!!

お早めにどーっぞ!!

P2112264.jpg
2604 Dirt Denim Coverall

Trophy Clothingの看板マテリアルとなっている、Dirt Denimで製作したデニムカバーオール。

パターンやディテールを再度修正し、シルエットや着た時の雰囲気などより拘って製作しています。
1606SWと同様のトリプルステッチでの縫製、大きめのサイズに設定した腰ポケット、刻印ネオバ釦を使用した40年代スタイルです。

内ポケットにはチェッカープリントの生地を使用し、胸にはBox Logoネームを配置するなど細かい部分も配慮しています。
Dirt Denimとのセットアップは勿論ですが、40 CIVILIAN PANTSと合わせても良いかと思います。

P2112265.jpg

パターン、ディティールを見直し再登場なダートデニムを使用した無骨なカバーオール。
前作との違いは、大幅に見直された着丈。
短くなった分、着回しがしやすくなりました!!

P2112266.jpg

P2112267.jpg

P2112268.jpg

各部トリプルステッチでタフな印象へ

P2112269.jpg

P2112270.jpg

P2112272.jpg

懐中時計ポケット。
ボックスロゴネームもポイントですね。

P2112273.jpg

フラップポケット

P2112274.jpg

オリジナルの刻印ブラスボタンを使用しています。

オレンジステッチとの色味も非常に抜群です。

P2112275.jpg

着丈は6㎝程度短くなりました。

P2112276.jpg

P2112277.jpg

P2112278.jpg

P2112352.jpg

内ポケットにはオリジナルのチェッカー生地を配し、トロフィーのバックボーンの1つでもあるモーターサイクルの香りを漂わせています。

P2112279.jpg

数多くのリピーターを生んだ名作2604が遂に待望の復活となりました。
カバーオールらしさをシッカリと残しつつ、タウンユースで合わせ易いよう着丈やディティールを見直し、トロフィーの代表的なダートデニムで纏った無骨な一着。
ダートデニム同士のセットアップは勿論、チノカーキやベイカーパンツ、ナチュラリーダック等々、ワークスタイルと言えばなのオールマイティな合わせ方が出来ます。

とりあえず一着押さえとくべし!!!

サイズがあるうちにお早めにどーっぞ!!

2604 Dirt Denim Coverall