Up date !!! 2017-06-08
2_20170608193402f1e.jpg
Vintage helmets

まだもう少しありますが、あらかたウェブストアにアップしました~
ここのところのヴィンヘル高騰もあり、ドカッと大量入荷ってほどありませんが、厳選した良い買付が出来ました。
即戦力なハーフにジェットと、夏場のラメジェット、UKヘルメット等々、スタンダードなラインナップとなります。

勿論全て一点ものです。
宜しくお願い致しまーーーっす!!!

スポンサーサイト
1_20170606195255a13.jpg
ヴィンテージヘルメット

取り急ぎブコハーフのみウェブストアに反映です~
今日も一日リペアーラッシュで、ブログも滞ってました。。
作業自体は10年以上やっているんで、やり出したら一気にはかどりますが、始めるまでの段取りが意外と多くて、準備段階を経て縫製作業に入ります。
勿論預かり分のリペアー優先なので、その分時間がかかったりします。

それでも今日だいぶはかどったので、明日から一気に縫製作業、取り付け作業、写真は後日かな?
っという具合です。

又明日もリペアー作業しながらご来店お待ちしております!!!!!

Welcome Japan !!! 2017-06-03
P6036951.jpg

大変お待たせしました!!
ヴィンヘルが本日到着しました~
ソレほどガッツリな数ではありませんが、人気どころを取り揃えました。
週明けから徐々にリペアーに励み、来週中にはウェブストアにもアップ出来るかなって感じです!!

P6036952.jpg

折からのヴィンヘル高騰で、買い付けが厳しくなってきました。

あるうちに是非どーっぞ!!

それでは本日も張り切って営業です。
ご来店ご注文お待ちしております!!

銀BELL 2017-03-06
P3013246.jpg
BELL 500TX -62 SNELL-

1954年に最初期モデルが登場。
1957年より500TXの名称としてリリースされたBELL初のオープンフェイスヘルメット”500TX”
その後RTに受け継がれるまで製造されました。

今回入荷したのは60年代初頭製造、62SNELLのいわゆる銀BELLとなります。

P3013247.jpg

P3013248.jpg

スナップボタンは後付けとなります。

P3013249.jpg

68SNELL物は、後頭部に500TXのデカールが張られていますが、62物はデカールがありません。

P3013250.jpg

P3013251.jpg

P3013252.jpg

P3013253.jpg

希少なダブルストラップモデル。
ダブルストラップは68年物には存在せず、62年以前の500TXのみ存在します。
同じ銀BELLでもシングルとダブルがあり、62年SNELLで銀ベルと通常のデカールも存在します。
同時期に作られたと考えるよりも、前期が銀BELL、後期製造物が通常のデカールと考えた方が納得がいきますね。
シングルとダブルのストラップに関しては、同時期に発売されていたのか、コチラにも前期と後期があるのかは定かではありません。
が、ソレ以前の水貼りモデルは、ほぼダブルストラップ仕様ですので、ダブルが前期製造、シングルが後期製造と考えても良いかなと思います。

P3013254.jpg

日焼けなどでBELLロゴが色飛びしているものも多い中、非常に綺麗に残っています。

P3013256.jpg

イヤーパッドも劣化してません。

P3013257.jpg

内装はオリジナル生地をベースに10㎜で仕上げています。

P3013258.jpg

ストラップもクラックがなく、すこぶる程度良好です!

P3013259.jpg

P3013260.jpg

ココまで程度の良い銀BELLダブルストラップは滅多に拝めませんね。
コレクションレベルだと思います。

サイズはゴールデンサイズの7 1/8のMシェル。
当然ながら価格は。。。ってな価格ですが、オープンフェイスヘルメットの中でも最も美しいシルエットな500TX。

是非ご検討ください。

BELL 500TX -62 SNELL-


P2242786.jpg

グリフィン、マクソン、グラントと店頭に揃ったので大きさの比較を兼ね撮影。
グリフィンは大人用サイズシェル、マクソンとグラントはワンサイズシェルです。
グリフィンだけユース(子供)用が存在し、マクソンよりも一回り小さいシェルとなります~
グラント、マクソンに関しては、コノサイズ以外見たことないので存在するかどうかは解りません。

P2242788.jpg

シェルの大きさで言うと

グリフィン>マクソン>グラント と言った順。

2_20170306154230857.jpg
Griffin MX Helmet

比較的、シェルが大きめなので身体が大きい方にはコチラですね~

3_201703061542312b0.jpg

P2222698.jpg
MAXON MX HELMET

大柄な方だとシェルと身体のバランスが取りづらいサイズ感です。
170㎝程度の方ならバランス良く被れると思います。

P2222701.jpg

P2222689.jpg
GRANT MX HELMET

グラントはリムの色味が特徴ですね。
レッドにホワイトリム、そしてブラックにイエローリムと2色存在します(他のカラーでリム色違いは見たことないです)

P2222691.jpg

マクソンよりも若干顎部が飛び出てます。
で、継ぎ目がむき出しなので説明しますと、本来ジェットヘルメットを加工して製造されたのではないかなと。
リベット2点止めで止まってます。
本来ならテープで隠されてます。
ATV用(三輪バギー)、なのでバイクと比べ安全基準が低いため、このような素材だったり製造工程だったりします。
バイク用だと安全基準に引っかかることでしょう。

P2242770.jpg
GRANT MX HELMET

こちらもグラント製MXヘルメットです。
ホワイトリムなので、ベースはブラック、レッドでリペイントされてます。

P2242772.jpg

あまり上手ではない塗装はご愛嬌。

圧倒的にコノ時代のMXヘルメットは、赤や黄が多いです~
ホンダ、ヤマハ、スズキと言った日本メーカーに乗る方が多かったからだと推測されます。
逆に多く存在しそうな、黒や白はBELL MOTO3もですが、玉数少なめです。
青もありますが、コチラも玉数がないですね。

被り易くするため、ある程度鉢部を広げてます。
軽さとシェルの小ささが魅力なATVヘルメットの御三家(当店基準)

高速走行にはフルフェイス必須ですよ!

ご検討ください♪