2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
Overall 2017-08-21
P8178778.jpg
Overall CL Denim

P8178810.jpg
Overall , Double Dot

1ポケット+背面は「ローバックタイプ」などと呼ばれる、テープを使ったスタイルのオーバーオール。
正直、かなり古い部類なので実物を見る機会は中々なく、私も数回、コレクターの方に見せてもらったぐらいです。

P8178779.jpg

素材は、経糸(タテ糸)にコットン、緯糸(ヨコ糸)にリネンを使ったデニム。全体的に、インディゴ染めしたタテが多く表面に出ていてヨコ糸が見えづらい。ベタっとして、全体にかなり濃く見えるデニム。

綿100とは違う、リネン独特のハリがあり、それが私は「ぷりぷり」と表現するのですが、置いているとベタっとたためず、少し、浮いてくるような感じ。

P8178811.jpg

WORKERSと切っても切れない素材、それが「抜染」です。インディゴ染めした生地、ローラー状の版を使い抜染材をプリント。これを蒸して、洗って、色が抜けた部分に柄が出てくる。
ワーカーズファンにはお馴染の素材です。

胸当ては小さすぎず、大きすぎず。すごく古いオーバーオールで極端に小さい物もありますが、そこはバランスを見てアレンジしています。
ポケットはHEADLIGHTのアドを参考に、ウォッチ+ペン刺し。
ウォッチがあるのでチェーンを通すホールをつけようかとも思ったのですが、穴無しでボタンやシャツのボタンホールに入れているパターンもあるので無しにしました。

12_201708211718001ef.jpg

11_20170821171759946.jpg

P8178780.jpg

P8178812.jpg

P8178781.jpg

P8178814.jpg

肩ベルトはボタンにひっかけます。着脱ぎの時は片方だけ取るのがお勧め。両方取ると、どっちがどっちだかわからなくなりがちです。
ベルトを長く調節して、落とし気味で着るもよし。逆に短くして胸当て(ビブ)を上げるもよし。

P8178783.jpg

ポケットはHEADLIGHTのアドを参考に、ウォッチ+ペン刺し。

P8178816.jpg

P8178785.jpg

P8178787.jpg

脇ポケット。カンヌキは打たないで、すべてステッチを何回も入れて補強しています。想定がカン止めの無い工場で作っていたら・・・のためです。

P8178820.jpg

P8178789.jpg

P8178821.jpg

P8178790.jpg

P8178823.jpg

P8178795.jpg

P8178829.jpg

P8178798.jpg

やはりクラシックなオーバーオールと言えばのローバックスタイル。実際は、昔からローバックもあればハイバックもあったようですが、ここにロゴ入りの厚手テープが私は好きです。
このロゴ、昔作った時は資金が無くて自分で一つづつハンコを押しました。「次作れるときは、たとえ数が出なくてもプリントでもっと完成度を上げるぞ!」と思ってから幾年月。やっと、プリントで作る事が出来ました。
その間に探し当てた、極厚のテープも良い役割をしています。シルクスクリーンですが、テープ表面のデコボコでかすれ実に良い風合いです。

P8178799.jpg

ラベルはシンプルなデザインの布ラベル。インディゴの色が移っています。

P8178801.jpg

バックポケット、初期ヘッドライトでおなじみの形とVステッチ。

P8178834.jpg

こちらも補強はカンヌキの代わりにステッチ止め。

P8178803.jpg

右脇にはツールポケット。正直、機能性はあまりあるような無いような小さい物。
これが、もっと年代が新しくなると二重ポケットになったり、物が落ちないようなうまい構造に成ったりといろいろあるのです。

P8178794.jpg

P8178805.jpg

P8178825.jpg

P8178839.jpg

見ごたえ十分なオーバーオール、久方ぶりの登場ですね。
オーバーオールのリリースは、5年以上前なはず。

40年代のオーバーオールは簡素でありながら、徹底気にデティールがカッコ良く、オーバーオールの代表格。
今時期はヘンリーネックをインナーに忍ばせ、秋口はネルシャツを、そしてその上からカバーオールという、普遍なスタイルですね。
胸あての高さを調整するだけで、スタイリングも変わります。

背部はローバックスタイル。
メーカーロゴが入るのが定番で、ワーカーズらしいシンプルなロゴがオン。

コットンとリネンを使ったCL DENIMにお馴染ダブルドットの抜染柄。
どちらも経年変化が非常に期待できる一本となります。

お早めに是非どーっぞ!!!


スポンサーサイト
Lot 200 2017-08-21
P8168720.jpg
Lot 200, CL Denim, White Stitch

P8168703.jpg
Lot 200, Double Dot

こちらも古くからのWORKERSファンにはおなじみ、ヘッドライトのアド(広告)写真から作ったカバーオール(レイルロードジャケット)。

今回はより、ジャケットに近い形にアレンジしています。襟を少し小さめに、ラペルとのバランスがよく、いかにもクラシックなSackCoatのように。ポケットは左胸にウォッチ+ペンのコンビネーション。右胸は表にポケット無し。内ポケットに。腰は大型のポケットを左右、脇よりにつけています。
ボタンは糸付けの金属に。柄が入り、さらにそこに黒系のメッキがべったりではなく落ち気味のものを。

P8168723.jpg

素材はコットン100よりベタっとした風合いでクラシカルに感じるコットンリネンデニム。タテ糸がコットン、ヨコ糸がリネン。ステッチ色は悩みに悩んで2バージョン作りました。ホワイトはいかにもワークウェアらしいステッチワーク。

P8168704.jpg

素材はOverallと同じく、10オンス程のインディゴ抜染生地。新たに柄を起こしたダブルドット。

10_201708211506533ce.jpg

古くからのWORKERSファンにはおなじみ、ヘッドライトのアド(広告)写真から作ったカバーオール(レイルロードジャケット)。
今回はより、ジャケットに近い形にアレンジしています。襟を少し小さめに、ラペルとのバランスがよく、いかにもクラシックなSackCoatのように。

P8168724.jpg

P8168705.jpg

小ぶりな羽襟。第一ボタンを開けるとテーラードカラー「風」になります。
あくまで、第一ボタンまで締められる型紙なので、風です。

P8168725.jpg

襟が小さいため、立ち襟スタイルでもシックリとハマります。

P8168727.jpg

P8168707.jpg

上まで止めて、クラシックなワーカースタイルも勿論カッコ良く決まります。

P8168728.jpg

袖ぐりは折伏せ。このあたりもRailroad JacketというよりはSack Coatな仕様。

P8168709.jpg

P8168730.jpg

左胸はウォッチ+ペンのコンビネーションポケット。

P8168711.jpg

ボタンは金属ボタンの落ち加減があるメッキ。

P8168732.jpg

9_20170821151405ea6.jpg

脇よりについたポケット、前振りのある袖。背中心から前にかけて下がりのついたけまわし(裾周り)。そこから丸みを持って上がっていく前端。
やはり、カバーオール(Railroad Jacket)というよりは、Sack Coatを感じるシルエットなのです。

P8168713.jpg

P8168734.jpg

P8168716.jpg

袖口は裏見返し仕様。ボタンが二つあるので袖口調整が出来ます。
この見返し形状も、ちょっと折るのに無理がある形。ただ、クラシックな服はどこかデザイン優先で作りやすさとか、綺麗に出来る事無視な部分があります。
その仕様を真似て、極端にカーブのきつい見返し形状にしています。

P8168737.jpg

P8168718.jpg

ズドンと羽織るカバーオールと違い、ワーカーズ流サックコートポジションのLot200が久方ぶりに登場。
堅過ぎず柔らかすぎずな、適度なライトオンスの生地は、今時期チョット肌寒い夜や朝方の通勤に、秋口はヘビロテで着回し出来ます。
シルエットがサックコートなので、細みのデニムやチノ等との相性がすこぶる良く、インナーに白シャツ+ネクタイスタイルも。
当然ながらワークパンツやWorkers Officer Trousers Vintage Type 2 USMC Khaki1604 Dirt Denim Waist Overallsと合わせても、男前に仕上がります。

久々ど真ん中ストレートなアイテムですね♪

お早めに是非どーっぞ!!!

セミの鳴き声は日増しに聞こえなくなり、朝晩も過ごしやすくなりました。
が、日中は残暑というレベルではなく、まさしく夏本番といった気温が連日続きます。
秋の気配を感じつつ、夏本番という今時っぽい気候ですな(笑)

さぁワーカーズさん8月納品分が出揃いましたのでダイジェストでご紹介です。
後日個別に又ブログしますね♪

1_2017081613094090a.jpg
Lot 200, CL Denim, White Stitch
Lot 200, Double Dot

ワーカーズさんの作るカバーオールは、ザックリとしたワークウェアなシルエットではなく、サックコートに近い美しいシルエットが特徴。
腕に沿って緩やかなカーブをするアームラインは、綺麗に着こなせます!!!
ゴツすぎないオンスなので、年中羽織り易いのも特徴ですね。

2_20170816131237244.jpg
Overall CL Denim
Overall , Double Dot

久々に来ましたな~~っと展示会で一目ぼれ(笑)
オーバーオールの中でも最も好きなローバックタイプ。
オーバーオールは40sの形に限ります!!!

P8188977.jpg
Baker Pants, Standard Fit Black
Baker Pants, Slim Fit Black

ワーカーズのボトムス類の中でもチノに続く定番人気のベイカーパンツ。
定番オリーブもですが、バックサテンの新色ブラックは、スタンダードフィットとスリム両方新入荷。
無骨に合わせるならスタンダードフィット、都会的にスニーカースタイルならスリムフィットと、スタイルに合わせてお選びください。

P8188978.jpg
Baker Pants, Standard Fit, OD

完売御礼だったオリーブも少しばかり追加です。
今時期、コレからの秋口、ヘビロテな一本ですね。

P8188984.jpg
Cruiser Vest Cotton Ripstop, Black

コチラも定番シリーズ。
2017SS ではお休みしたCruiser Vest、厚いご要望からまたもや登場。
ビンテージのクルーザーベストを街着として着やすくアレンジした一枚。

多機能なベストは、バック要らずな収納力。
ワーカーズを代表するベストになりましたね!!
リップストップブラックは初登場です!!!

P8188979.jpg
6 oz Long-T Henry

WORKERS 夏の定番の6オンス天竺。あの生地、少し厚手で冬にインナーとして着れば暖かい。
ヘンリーネックはより クラシカルな雰囲気を出したかったので袖口は「ヨコ編み」いわゆるセーターなどの編み機で作った柄の入ったものを。

一着あれば便利この上ないヘンリーネックのロングカットソー。
6オンスなので秋口は一枚、冬場はインナーとして重宝する一着です。

来週にでも個別説明致しますので、今しばらくお待ちください!!

1_20170816191809033.jpg
Lot 200, CL Denim, White Stitch
Lot 200, Double Dot

今日撮影出来たカバーオールのみ先行アップデートしました!
明日天気が良ければ、残りのアイテムをアップデート予定。
しかし、久方ぶりのド本命ワークイットなアイテムばかり♪
まだまだ残暑が長引きそうですが、秋口に向けてのカバーオール、年中無休なオーバーオール、その他もろもろと心踊るアイテムばかりとなります!!!

なので、期待してお待ちください(笑)

近日公開 2017-08-16
1_2017081613094090a.jpg
Lot 200, CL Denim, White Stitch
Lot 200, Double Dot

ワーカーズさんより8月納品分が届きました!!
チョットバタバタでまだ物撮りが出来ていませんが、明日中にでもウェブストアに反映できるよう頑張ります(笑)
今月はワーク色の強いカバーオールに

2_20170816131237244.jpg
Overall CL Denim
Overall , Double Dot

オーバーオールといったワークイットなラインナップとなります♪

カバーオールは3年ぶり程度。
オーバーオールは5年以上ぶりですかね(笑)

当店のお客さまであればドストライクなアイテムばかりとなりますので、ご期待ください!!!