本日も! 2017-02-22
2_201702221230560f2.jpg

本日もご来店ご注文誠にありがとうございました!!
昼過ぎより雨が降り始め、現在も降り続いています。
春先ってなんか雨が多い印象なので、春に向けての前振りかなーなーんて前向きに思ってます(笑)

ストック分も、もうまもなく組み上げます。
が、リペアーのご依頼も数件入ってますんで、コチラを優先しつつ作業なので、ストック分はもうしばらくお待ちください。
お預かりのトイズブコレーサー。
初めての挑戦です!!
レースでも使用できるクオリティなので、ガッチリ内装が組まれてます(笑)
色々と試しながら内装が取れれば一気に行けるんですが。。。。

今しばらくお立ち願います。

それでは明日も張り切って営業です。
ご来店ご注文お待ちしております!!


スポンサーサイト
Tool Bag, MEDIUM 2017-02-22
P2142455.jpg
Tool Bag, MEDIUM

別注6号帆布で作ったツールバッグ。LARGEに合わせて生地を指定の幅で織りました。糸を一度湯通ししてから織ることで生地に硬さを出しています。MEDIUMはバッグの底に生地の継ぎ目があります。

こだわったのは「立つツールバッグ」。生地の固さはもちろん、テープも固い物を使いしっかり立つ構造。前面にはラベル、背面には携帯程度が入る外ポケット。内ポケットはありません。あくまで「ツールバッグ」として最低限の機能性。ショートハンドルは完全に手持ちのみなので車移動や衣類の収納かご代わりといった道具としての使用がメイン。ロングハンドルは肩にかけることができるので日々のバッグとしても使いやすい。

P2112259.jpg
ショートハンドル

P2112247.jpg
ロングハンドル

P2112248.jpg

外側にはWORKERSネーム。

P2112250.jpg

P2112251.jpg

P2112252.jpg

脇も今回からリベットではなく、縫いで。

P2112253.jpg

一番難しいのがこの三角部分。ハイポストという背の高い、独特な形をしたミシンで縫います。

P2112254.jpg

P2112255.jpg

外ポケットはゆとりをつけて物が出し入れしやすくなっています。

P2112256.jpg

ザックリと物が入る作りです。

P2112257.jpg

MEDIUMは底に継あり。

今回からリベットを無くし、脇もミシンで縫っています。近所の工場さんがハイポストという専用ミシンを導入してくれました。リベットは無骨な良さがありますが、引っかかるという弱点もあります。そこを克服しつつ、太い綿糸で縫うワイルドな仕様はそのままです。

ワーカーズのバッグと言えばなの代表作ツールバッグがリベット→縫いで登場です。
基本的な寸法は変わりません。
手提げだとショートハンドル、肩掛けトートならロングハンドルとシーンによって使い分けれます。

1_2017022214512330a.jpg

2_2017022214512566e.jpg

手提げスタイルならショートハンドルがベストです。

3_2017022214512689b.jpg

4_20170222145127e97.jpg

トートスタイルならロングで。

シーンによってお選びください!!

Tool Bag, MEDIUM

March GMR 2017-02-22
P2122369_20170222123149bd1.jpg

来月のグッドモーニングランは、3/12(日)開催です。
で、グッドモーニングラン改めワンディランとし、日曜日まるまる休んでツーリングを開催します。
目的地は津和野の稲荷神社。
自分も含めお客さんの中で厄年な方が数名いらっしゃるんで、厄除けついでにブラッと走ります!
集合時間等は現在思案中ですので、また改めてご報告します。

日曜日休んでからのツーリングは、昨年は0回(笑)
満を持しての開催です。

ご参加のほうお待ちしております。

それでは本日も張り切って営業です。
ご来店ご注文お待ちしております!!

もうちょい 2017-02-20
1_2017022020044542e.jpg
70s Vintage Helmets

まだまだリペアーが出来てませんが、ボチボチと仕上げていっています。
あらかた出来上がった時点でウェブストアにも反映しますので、今しばらくお待ちください!!

明日火曜日は定休日となります。
そして休み明けは雨予報と、春の嵐が吹き荒れてます~

それでは休み明けもどうぞよろしくお願い致します!!

1_201702201757442aa.jpg
165cm 60kg S(2)着

Tee:Narrow Border Long
Pants:Baker Pants, Slim Fit, 2-Tone

ザックリとした着心地が特徴なボーダーロングスリーブ。
夏場はショーツにも最適です。

2_20170220175746dc9.jpg

アームホールもユッタリ気味。
カチッとしたスタイルよりも、ゆるい感じのスタイルにハマります。

3_20170220175747ad9.jpg

着丈も長めな設定。
着ると解りますが、シッカリと目が詰まったハリのある生地感です。

4_2017022017574846f.jpg
165cm 60kg S(2)着

JKT:Cowboy Jacket, 13.75 Oz, Left-Hand Weave, Raw Denim
Tee:Narrow Border Long
Pants:Baker Pants, Slim Fit, 2-Tone

春先はジャケットのインナーに

5_201702201757502dd.jpg
165㎝ 60kg S(2)着

Riders:AD-01 SHEEPSKIN CENTER ZIP JACKET -Black-
Tee:Narrow Border Long
Denim:1606SW 10th W Knee Standard Dirt Denim

シャツインでライダース等のインナーにと、非常に着回しがきく一着です。

ご参考下さい!!!

P2112221.jpg
Narrow Border Long

14番空紡糸のヘビー天竺生地を見ていて思いました。「太ボーダーも良いけど、細ボーダーも欲しい!」それを形にした一枚。

首回り、昨年作った太ピッチボーダーはボーダーの無地部分を使い身頃と同じ生地でバインダー(パイピング)で始末しました。細ピッチはそういうわけにはいかないのでフライス(リブ)を別に作って巻いています。フライスを身頃のネイビー・ブラックにするか、ホワイトにするか悩んだのですがさわやかさ重視でホワイトにしています。その分、ちょっと汚れやすいので気に成るときは固形石鹸+重曹でもみ洗いしてから洗濯機へ。

P2112223.jpg
ブラック×ホワイト

P2112230.jpg
ネイビー×ホワイト

P2112222.jpg

見比べると色合いの違いが良く解ります。

P2112224.jpg

P2112231.jpg

首回りをWORKERSにしては珍しくフライス(リブ)で巻いています。基本、私は身頃共生地で巻くのが好きなのですが、今回の細ピッチだと身頃の白部分というわけにはいかない。という事で、身頃の白部分と同じ糸でフライスを作り巻いています。人が着るとわかります、首が横方向に大きすぎない、中のTシャツが見えすぎない。でも、頭は通る。
もう一つパターンで気にしているのが肩線。肩線を少し後ろに回しています。肩線部分はどうしても、厚みがあるので首をフライスで巻いた時に角になります。ここが、完全に人間の肩直上にあると、いかにもツノが立って見えるのでこれを少し後ろにずらしています。

P2112225.jpg

P2112233.jpg

P2112227.jpg

P2112237.jpg

袖口・裾は扁平縫い。表から見ると2本ステッチが走っていて、裏はロック目になっている。この部分、扁平縫いをする前にも一度、「空ロック」という、ただ生地1枚でロックをかけています。生地がほつれにくくなる、もし扁平縫いが飛んだとしても中のロック目が残るので生地がすぐにほつれてこない。伸び止めの役割もある。
見えない部分ですが、空ロックは最近、かけるようにしています。ビンテージはまず、かかっていないので初期WORKERSカットソーはあえてこれをかけなかったのですが、1万円超えるカットソー、やっぱり長く着たいよな・・・と思い直し、ビンテージ原理主義からここは品質原理主義に頭を切り替えています。

P2112228.jpg

P2112236.jpg

P2112241.jpg

P2112229.jpg

P2112238.jpg

細ピッチボーダー、数多くのメーカーが作る激戦区ですのであえてWOREKRSで作るか悩みました。ただ、細かい事を言うとこの14番空紡糸・超度詰めのヘビー天竺で作っているメーカーは中々無いのです。コストの問題なのか、もっとがさっとした生地(良く、生地業界ではバルキーとか言う風合い)が主流。その手の生地であれば既製品もあるのですが、そこはあえて、この糸を使いたかったので毎度の別注で作りました。

昨年は太ボーダー。
今期はピッチを狭めての細ボーダーが登場です。
昨年同様ザックリとしたシルエットが特徴。
アームホールもやや太目で、着丈も長めです。

昨年僕も太ピッチボーダーを通年着回しましたが、シッカリとした生地感に適度なユッタリシルエットで、着回しの幅が広がりました。
今期の細ピッチもシャツのインナーに、ジャケットのインナーにとヘヴィロテでの活躍が期待できます!!

是非この春夏お試しください!!

Narrow Border Long

1_201702201401205ea.jpg
165cm 60kg Sサイズ着

Shirt:Work Shirt, Madras
Pants:Baker Pants, Standard Fit, OD
Hat:Reversible Hat
Boots:Tanker Boots

全体的にユッタリシルエットなスタンダードシルエット。
ベイカーパンツと言えばなのシルエットですね。

4_201702201401249bb.jpg
165cm 60kg Sサイズ着

Tee:Narrow Border Long
Pants:Baker Pants, Slim Fit, 2-Tone

コチラは現代的にアレンジを加えたスリムフィット。
腰回りは同じですが、ワタリから裾にかけグッと絞りが入ってます。

2_20170220140122769.jpg

5_20170220140126419.jpg

写真では太さ加減が伝わりにくいですね(笑)
スリムフィットだと、エンジニアブーツに合わせるにはグッと押し込む必要があります。

3_2017022014012367e.jpg

6_2017022014013859a.jpg

スタンダードシルエットは股上が深い分、ヒップに余裕があります。

画像よりも着用しないと伝わりにくいですね(笑)

春夏の定番スタイル、ベイカーパンツ。
ワークパンツ感覚で合わせられるので、一本あると便利ですよ。

ご参考下さい!!


P2112168.jpg
Baker Pants, Standard Fit, OD

コーディネートの定番、ベーカーパンツ。正式には「Trousers Cotton Sateen」。シルエットは二種類。

スタンダードはビンテージをバラしてトレース。股上だけ少し浅くしたもの。スリムはWorkersOfficerTrousersが大元の型紙ですが、バックにダーツがありません。少し大き目のウェストで、ボタンを締めるとヒップは適度なゆとりがある狙ったシルエットになります。

P2112170.jpg

バックサテンはヨコ糸が太く、筋張った表面が特徴。7-8番クラスの太い糸。MIL-C-10296Jというスペックを元に糸の太さ・打ち込み。さらに、生地を染める前にマーセライズド加工(アルカリによる生地表面をつるっとさせる)を施した通称「先マーセ」。通常は染めてからマーセライズドなのですが、そこはスペックを良く読んでその再現を目指しました。

P2112171.jpg

コチラはスタンダードな1TONE仕様

P2112173.jpg

P2112174.jpg

P2112175.jpg

P2112176.jpg

股上の深さがすり身フィットよりも深く設定されているので、ユッタリとした腰ヒップ周りになります。

P2112177.jpg

P2112178.jpg

ワタリから裾巾も緩やかなテーパー仕様。
太すぎず細すぎずなシルエットが魅力です。

P2112180.jpg

P2112181.jpg

P2112182.jpg

P2112183.jpg

ヒップ周りにゆとりがある分、ゆったりと履けます。

P2112184.jpg

ウェスト調整タブ。

ビンテージで良くある目が詰まって最初はそっけないまでの雰囲気。穿きこむと色が強烈に落ちる風合いを再現できています。さらに今回は、生地を真っ白に晒(さら)したピュアホワイトもラインナップ。ミリタリーでも海軍系では良く見かけるホワイト。これをあえて、ベーカーパンツに使いました。白は汚れますが、汚れては洗い、洗っては汚れを繰り返すことでドレスウェアの白とは違う、ワークウェア・ミリタリーウェアのホワイトに成った頃には手放せない一着になります。

P2112179.jpg

P2112185.jpg

僕も3年ほど着用しましたが、ヴィンテージのベイカーパンツと引けを取らない見事な経年変化が現れました。
全体的に白っぽくなり、横糸が目立つようになり、手放せない一着に育ちました。
また後日ご紹介いたします!!

夏場の定番ベイカーパンツ。
お早めにどーっぞ!!

Baker Pants, Standard Fit, OD

P2112148.jpg
Baker Pants, Slim Fit, 2-Tone

コーディネートの定番、ベーカーパンツ。正式には「Trousers Cotton Sateen」。シルエットは二種類。

スタンダードはビンテージをバラしてトレース。股上だけ少し浅くしたもの。
スリムはWorkersOfficerTrousersが大元の型紙ですが、バックにダーツがありません。少し大き目のウェストで、ボタンを締めるとヒップは適度なゆとりがある狙ったシルエットになります。

P2112149.jpg

バックサテンはヨコ糸が太く、筋張った表面が特徴。7-8番クラスの太い糸。MIL-C-10296Jというスペックを元に糸の太さ・打ち込み。さらに、生地を染める前にマーセライズド加工(アルカリによる生地表面をつるっとさせる)を施した通称「先マーセ」。通常は染めてからマーセライズドなのですが、そこはスペックを良く読んでその再現を目指しました。

P2112150.jpg

2Toneは左前ポケット、バック右ポケットの色味が違います。

P2112151.jpg

P2112152.jpg

P2112153.jpg

トップボタンは手付で、足をつけています。今回から、ボタンホール側、トップ部分の中にある生地を無くして薄くなっているのでかなりボタンはかけやすい。でも、やはり一番力がかかる部分なので手付・根巻にしています。

P2112154.jpg

P2112155.jpg

1_201702201318160c5.jpg

久しぶりに復活、腰裏環縫い。オリジナルも環縫いあり、普通の平ミシンあり。どちらもありですが、やはり私は環縫い始末が好きです。

P2112156.jpg

P2112157.jpg

腰回りは、Standardとほとんど同じで膝・裾を現代的に絞ったSlim Fit。

P2112159.jpg

P2112160.jpg

ベーカーパンツはヒップにダーツがありません。なので、モデルが着ているのを見てもウェストボタンをしめない状態でジャストにすると若干、尻がきつそう。本来は、少し大き目を、ボタン締めてはいた方がより快適にはけます。ただ、生地は伸びるものなので、このあたりは、微妙な問題でもあります。おそらく、このモデル、いつもジーンズで31-32、ベーカーはSをはきます。このベーカーもしばらくはけば、伸びるのでそうするとちょうど良くなるようにも感じます。

P2112161.jpg

P2112162.jpg

バックは2ポケット+フラップ。ポケットを取り付け部分より少し大き目に作っているので手が入れやすい。ゆとりができて、それがポケットに皺として見えます。

P2112163.jpg

そのウェスト調節ボタン。もし、「伸びたな、まだゆるいな」と感じたら、左側のボタンを取ってさらに内側に移動。ちょっと面倒ですが、ベーカーはベルトしないで楽には着たいのでお勧めです。「それもめんどくさい!」という方には、また来月、バックルを使ったFWP Trousersが待っていますのでご期待ください。

P2112158.jpg

P2112164.jpg

春夏の人気ボトムス、ベイカーパンツが入荷しました。
8.5オンスで適度な厚みなバックサテン。
経年変化もヴィンテージライクに仕上がり、ワーカーズさんならではの細やかな作り込みも好評を博してます。

今期はスリムフィットとスタンダードシルエットな2種類。
スリムフィットは現代的にアレンジが加えられ、スニーカースタイルに適したシルエットです。
くるぶしまでロールしてローファースタイルは夏の定番スタイリングですね。

変わり種2トーンでオリジナリティを出している点も見逃せませんね。

サイズのあるうちにお早めにどーっぞ!!

Baker Pants, Slim Fit, 2-Tone

Rainy 2017-02-20
1_20170220130409b39.jpg
70s McHAL Water Decal

今日は朝から大雨ですね~
気温は下がらず、春に向けて確実に進んでますね!!

今回奇跡的に発掘したマックホールのデカール等のオフィシャルアイテム。
手ごろな値段で提供なので、ついでにご購入って方も多いです。
通販だと10,000円以上が送料無料なので、是非送料分足りないって方はお買い求め下さい!!

それでは本日も張り切って営業です。
ご来店ご注文お待ちしております!!