2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05
週末は 2018-04-20
P4205208.jpg
Addict Clothes

週末発売のアディクトクローズさんのオイルドコットン製のバックパックです。

P4205209.jpg
AD-BG-02 WAXED BACK PACK

武骨なデザインですが機能性が高く、痛みやすい底部分はホースレザーで補強してあり、
口は蠟引きドローコードで開閉可能、尚、普段は背面のジッパーを開けることにより簡単に物を取り出すことができます。

コンセプトは、アディクトレザーやオイルドコットン等に合わせられるバッグパック。
レザーにバックパックって何となくタブーな感じで、合わせてる方もほぼ見たことないですね(笑)
バッグを持たないスタイリングな方が一番多く、次点は斜めかけ等のショルダーって方が多いかなと思います。
が、バックパックの収納力と機動力は格別ですよね(笑)

このオイルドコットンバッグなら、レザーにもオイルドコットンにもバッチリハマります。

P4205210.jpg
AD-CSP-00 ACVM POCKET TEE

今年も新登場なプリントTeeです。
アディクトと言えばなの最もスタンダードなモデルをチョイス。
売り切れごめんとなりますので、お早めに!

1_201804201932165f7.jpg

そして来季のオーダー締め切りが日曜日までとなっております。
来季も新型のレザーがリリースされたりと、相当ワクワクするラインナップとなっております。
当然ながら全てのアイテム、サイズをご用意することは不可能です。
ので、先行予約及び、「コレが気になるから入荷させて」等の声がない限りは、手に入らない恐れも御座いますのでご了承願います。

この週末は、新入荷にタグボートさんの来季サンプルアイテムの内覧会等々、来店するしかない内容となっております。

それでは明日明後日と多くのご来店お待ちしております。

スポンサーサイト
3_201804201742448f5.jpg
165cm 60kg S(14)着

Shirts:Open Collar Shirt
Shorts:Ghruka Shorts
Hat:Dirt Denim Army Hat
Eyewear:Doin` Time

サラッと羽織りやすいオープンカラーシャツは、夏のど定番スタイルですよね。
胸元はボタンで締めることも出来ますが、ラフに明けたスタイルが醍醐味かな。

着丈はやや短めでシャツアウトな短さ。
身幅は余裕もあるので、夏場でもスタイリングし易いです。

4_20180420174245a72.jpg

1_20180420174241902.jpg
165cm 60kg S(14)着

Shirts:Open Collar Shirt
Denim:Lot 801 Straight Jeans
Hat:Daisy Mae Hat

2_20180420174243f0d.jpg

5_20180420174247997.jpg
165cm 60kg S(14)着

Shirts:Open Collar Shirt, Block Print
Shorts:Ghruka Shorts
Hat:Sailor Twill Hat

指し色に、ハズしにと色々な用途で使える柄物シャツ。

6_20180420174248204.jpg

夏本番前に是非お揃いください!!!


Open Collar Shirt 2018-04-20
P4185044.jpg
Open Collar Shirt

新型のオープンカラーシャツ。いや、実はオープンカラー自体、2011春夏で一度作りました。
20代半ば、夏、T シャツの上に古着のマドラスオープンカラーを良く着ました。WORKERSでもそんなオリジナルを元につくったのですが・・・当時は早すぎたのか反応もあまりなく。それ以来封印していたのですが、ここのところやっと、市民権を得たようなので再登板。

再デビューするからには!と新しいアイデア、通常胸につけるポケットを右腰に移動。大きさも縦長で iphone7/7plus(iphone8も)が入るように。フラップもつけて、物が落ちないように。
デザインするとき、どうしても「定番」と言われる仕様にとらわれるし、大事にもします。たとえばボタンダウンなら胸 一つポケットで樽型、素材はオックスが軸だったり。オープンカラーもポケットは左胸にシンプルな樽型一つ、という定番デザインがあるのですが、あえてそれを「逸脱」する。ポケットの個数は変えず、位置・大きさを変えて新たな機能性 を持たせようという考え方です。

無地は綿麻の平織生地。細かい事を言えば、混紡、綿と麻を50/50で混ぜて糸にして、それをタテヨコ両方使った平織生地。3.5 オンス程度、麻独特の硬さもあり、しゃりっとしてさわやか。麻の節がところどころあるのは生地の風合いです。

P4185049.jpg
ネイビー

P4185059.jpg
カーキ

ネイビーとカーキは、3.5オンス・コットン50%リネン50%・平織生地

P4185071.jpg
Open Collar Shirt, Block Print

柄生地インド製ブロックプリント。
3オンス・コットン100%インド製ブロックプリント

P4185050.jpg

P4185060.jpg

P4185072.jpg

襟は当時より少し、襟先を長く。襟腰も少しだけ高くして収まりよく変更しています。

P4185051.jpg

P4185062.jpg

肩・袖ぐりは巻き。 折伏せた方が綺麗には出来るのですが、あえて少しパッカリングも出したかったので巻にしました。
無地の綿麻は糸のフシがあります。

P4185053.jpg


P4185055.jpg

P4185065.jpg

P4185077.jpg

安直ですが、今回のシャツのアイデアがポケット位置。オープンカラーというと、樽型でたばこが入るかな?ぐらいのポケットが胸に一つついているのが定番。
今回も、そんな定番仕様で行こうかと思ったのですが
「ポケットの個数は変えず、大きさや位置で新しい機能性を考える」のが最近の私のやり方。
そこで位置を右腰に。大きさをiphoneが入る程度に変更しました。iphone8/8plusが入るのは確認済です。

P4185064.jpg

P4185076.jpg

P4185056.jpg

P4185066.jpg

P4185078.jpg

P4185057.jpg

バックには左右にタック入り。これで、ゆったりとしたシルエットになり、服とTシャツの間を風が通る隙間ができ夏場に涼しく着ることが出来ます。

シンプルなワントーンと柄物2種ご用意いたしました。
インド製ブロックプリントは元々、デッドストック生地を見つけたのですが、あまりに好評で生地が足らない。そこでインドに問い合わせてもらったところ版は残っている!作るとなると、それなりに量が必要なのですが、せっかく気に入ってもらえた生地なので再生産をお願いして製作。
オープンカラーシャツだからこそ映える色味ですね。

今年の夏は猛暑と予想されています。
ショートスリーブシャツの人気が高まりそうな気配です。

夏本番前に是非押さえておいてください!!!

Open Collar Shirt

Open Collar Shirt, Block Print

1_201804201628325b3.jpg
165cm 60kg S(14)着

Shirts:Lt Work Shirt, Lt Gingham Chambray
Denim:Lot 801 Straight Jeans

着丈は短すぎず長すぎずな丁度良い長さです。
カチッと合わせるならシャツインでも良いですね。

2_20180420162834030.jpg

夏場に羽織りやすい、ややユッタリ目な身幅。
タイト過ぎると汗でピタっとなりやすいので、ややユッタリサイズが丁度良いですね。

3_20180420162835e89.jpg
165cm 60kg S(14)着

Shirts:Lt Work Shirt, Lt Gingham Chambray
Shorts:Ghruka Shorts
Hat:Pineapple Straw Hat

夏の日焼けを考えると、ロングスリーブは必須ですね。
生地が薄手なので、夏場にも羽織り易いのも特徴。

4_20180420162836ae8.jpg

ご参考下さい!!!

P4185030.jpg
Lt Work Shirt, Lt Gingham Chambray

夏用、ライトな生地をメインに作ったワークシャツ。 仕様もライト、ポケットが一つ。ワークシャツというと、通常ポケットは二つですが、これをあえて一つに。少しドレスウェ アのシャツっぽさが出ます。チンストも無し、台襟+ 羽襟。ライトにしながらもアメリカンビンテージを強くモチーフ にして少しデフォルメ(強調)した部分がボタン。14 ミリという大きさが中々日本に規格として無い。インチだと9/16 = 14.28 ミリでよくあるので、アメリカでは定番的なサイズなのだと思います。無いなら作ろう、作るならこだわって! ということで、淡水貝ボタンで厚口。白い、でも高瀬貝とは違うもっとギラっとした光沢があるのが淡水貝ボタンです。

P4185033.jpg

素材は、ブルー・ギンガムが3 オンスのライトシャンブレー。定番の5 オンスシャンブレーより糸が細く軽い。生地が薄い分、羽襟・カフス・前立て・台襟には薄い芯を入れて、強度、腰を持たせるようにしています。

P4185034.jpg

典型的な50年代ビンテージよりは短い羽襟。でも、あまりに小襟にしすぎるのも子供っぽいのでバランスを考えてアレンジしています。

P4185035.jpg

台襟にチンストラップはなし。ただ、台襟自体あまり高くはしていません。小ぶりな襟に合わせて高さを調節しています。

P4185036.jpg

肩・袖ぐりのトリプルステッチは1/4インチ幅。ワークシャツとしては少し広め。素材の厚みは3/16でもいけないことはなかったのですが少しだけ、デザイン的にこのステッチを効かせたかったので、3/16インチではなく1/4インチにしています。

P4185037.jpg

P4185038.jpg

ペン差しのついた胸ポケット。あえて片ポケにして、ワークシャツなのにどこかドレスシャツ的でもある、バランスを目指しています。

P4185039.jpg

7_20180420161410e52.jpg

フロント、淡水貝ボタン。あえて14ミリの厚口で作る、WORKERS自慢のボタンです。日本ではミリ規格が多いので、13ミリの上はたいてい15ミリになります。ただ、アメリカはインチなので、ミリでいえば14ミリ、インチでいうと9/16がよくあるようです。ビンテージでもミリでいう14ミリのボタンをよく見るのです。

で、無いなら作るのですがせっかく作るので厚口で、豪華な物にしています。

P4185040.jpg

脇はマチ始末。

P4185041.jpg

P4185042.jpg

袖口は通称「イッテコイ」始末。切り込みを入れて、そこをパイピング状に「行って」「帰る(コイ)」して倒す。なので通称「イッテコイ」

P4185043.jpg

背ヨークはReliance的な湾曲したデザイン。

春先から夏場にかけてヘヴィロテで着れる薄手のロングスリーブシャツ。
ブルーギンガムは夏場に映えるカラーリングですね!

ワークシャツベースですが、あえてのワンポケにすることで、ドレスシャツっぽい印象で合わせられますね。

シャツインでカチッと、シャツアウトでラフにと色々とコーディネートで楽しめます。
久々入荷のギンガムチェックシャツ。
お早めにどーっぞ!!!

Lt Work Shirt, Lt Gingham Chambray

夏日 2018-04-20
P4124978_201804201349108e8.jpg

今日も朝から天気が良いので、新入荷アイテムの物撮りをしてました!!
まだ4月中旬ですが、既に日中は夏日でカットソーで十分な暑さ。
今年も猛暑な感じですかね(笑)

それでは本日も張り切って営業です!!
ご来店ご注文お待ちしております!!

Up Date !! 2018-04-19
取り急ぎウェブストアにアップ完了しましたので、お知らせです!!!

7_20180419155005e0f.jpg
Lt Work Shirt, Lt Gingham Chambray

夏用、ライトな生地をメインに作ったワークシャツ。 仕様もライト、ポケットが一つ。ワークシャツというと、通常ポケットは二つですが、これをあえて一つに。少しドレスウェ アのシャツっぽさが出ます。

薄手のギンガムチェックシャツ。
ワークシャツベースなので、ラフなスタイリングにも一役買う一着ですね!!

8_20180419155007dde.jpg
Open Collar Shirt

新型のオープンカラーシャツ。いや、実はオープンカラー自体、2011春夏で一度作りました。
20代半ば、夏、T シャツの上に古着のマドラスオープンカラーを良く着ました。WORKERSでもそんなオリジナルを元につくったのですが・・・当時は早すぎたのか反応もあまりなく。それ以来封印していたのですが、ここのところやっと、市民権を得たようなので再登板。

意外や意外の2011年以来の新登場なオープンカラーシャツ。
ポケット位置を右裾付近に移動させる新アイディアと、定番のスタイルをリミックスした夏御用達の一着に仕上がっています!!

9_20180419155008a51.jpg
Open Collar Shirt, Block Print

コチラは上記のオープンカラーシャツベースに、柄生地インド製ブロックプリントで仕上げた渋い一着。
元々、デッドストック生地を見つけたのですが、あまりに好評で生地が足らない。そこでインドに問い合わせてもらったところ版は残っている!作るとなると、それなりに量が必要なのですが、せっかく気に入ってもらえた生地なので再生産をお願いしました。

夏場だからこそ遊べる柄物シャツ。
シンプルなショーツスタイルに是非ご活用ください!!

6_201804191550049f9.jpg
1-Tack Trousers, 6 oz Denim

昨年大好評だったFWP Trousers を更に快適に過ごせるよう改良。
1-Tack Trousers、ヒップ周りのゆとりはタックを取って横方向を出す。膝もある程度出す。そこから裾に向かって、強烈にテーパードをかけて裾周りがもたつくのを抑える。丈もくるぶしギリギリの丈にして、折らずに穿ける。私のように足が短い人は折るにしても一折、 それも裾巾がかなり狭いので折って、脇をちょっと縫いとめるとダブル風でまた落ち着きが良い。人間、くるぶしは細いので相当寸法を絞っても窮屈になりません。

デニムは少しだけ厚い6 オンス、デニムとして感じられるギリギリの薄さ。

個人的にも昨年はお世話になったFWP Trousers。
履くと解りますが、ショーツ以上に使い勝手が良く、ほぼ毎日履きこむました(笑)

春先夏場と、ヘヴィーローテ必死なアイテムばかりのリリースとなります!!
お早めに是非どーっぞ!!!

P4195102.jpg

先日東京に行った際、展示会に参加できなかったタグボートさん。
気を使って頂き、サンプルをお借りすることが出来ました~

期日は今週末の日曜日までとなりますぅ

一部だけザッとご紹介でっす!!

P4195106.jpg
RN Duffle Coat

WW2時代のイギリス海軍のダッフルコートをデザインソースにヴィンテージライクに仕上げた一着。

生地はへヴィーメルトンで、真冬仕様。
コーディネートの一端に活躍できる一着ですね!!!

P4195108.jpg
Mountian Annarack

前回も大好評だったアノラックの第二弾が登場。
生地は60/40クロスに変更し、機能性もグンと上がってます。
アウトドアテイストな2トーン配色も初の試み。

P4195107.jpg
RV Boa Vest

コチラも以前リリースしたリバーシブルベストをベースに、高品質ボアとへヴィーヘリンボーン両A面にベストに仕上げました。
アウトドアテイストなボア仕様と、ミリタリーテイストなヘリンボーン仕様と、2種共々スタイリングを楽しめます!!!

P4195098.jpg
Mechanic Overall

ARMYメカニックオーバーオールをコンセプトに製作。
生地や付属類は全てミリタリーアイテムで使用しているものを使用する徹底ぶり。
オーバーオールらしいドップリとしたシルエットは、オーバーパンツとしても機能しそーですね!!!

P4195105.jpg
Rancher Cord Pants

張りがあり経年変化も抜群なコーデュロイパンツです。
発色もさながら、やや太目のシルエットは、ヴィンテージライクなスタイリングにバッチリハマります!!!

P4195104.jpg

P4195100.jpg
Lettered Knit Cap

レタードのボンボンニッチキャップ。
渋めの配色なので、子供っぽくなりすぎないのが特徴です。
キャップや小物類も定評のあるタグボートさんならではの逸品ですね!!!

P4195099.jpg
Stag Folding Nives

ブランド設立5周年という節目を迎える今年。
一生使い続けるアイテムを、自身の趣味と照らし合わせ企画から一年の時を経てようやく完成。
どんなナイフを作りたかったかは最初から決まっていたそうです。

国内外から多くの支持を集める、カスタムナイフ職人の伊原賢治氏の手でカスタメイドという形で限定リリース。
コノ手の世界は全く無知なのですが、恐ろしいほどにスムーズな動きに感動(笑)
アウトドアシーンやフィッシング等、様々なフィールドでお使い頂けます。

まだまだご紹介しきれませんので、ご来店頂ければお見せすることも可能ですし、サイズがあえば試着も可能です。

それでは日曜日までお借りしていますので、どーっぞご来店ください!!

GM 2018-04-19
P4195097.jpg

タグボートさんより、来季の秋冬サンプルが本日届きました!!!!
後ほど又軽くご紹介いたしますぅ~~

今週末の日曜日までお預かりしておりますので、現物を見て確認されたい方是非ご来店ください!!!

それでは本日も張り切って営業です。
ご来店ご注文お待ちしております!!

In Stock !! 2018-04-18
P4185096.jpg
Deerskin Gloves

長らく完売していたアンクラウドさんのディアスキングローブが少量再入荷しました。
メーカーでもほぼほぼ欠品しているので、若干数しか用意できませんでした。
よって早い者勝ちな感じです(笑)

夏場はコレ嵌め出して、こればかり入荷させてます~
ソレくらい使い勝手が良いですし、価格も安いのでおススメです!!!!

お早めに是非どーっぞ!!!

Deerskin Gloves